西松屋

子供服・ベビー・赤ちゃん用品・マタニティウェアの専門「西松屋

  1. 西松屋TOP|
  2. 会社案内|
  3. 沿革

沿革

昭和31年10月 茂理 満(現名誉会長の母)と現名誉会長 茂理佳弘が宮詣り衣装、出産準備品を扱う「赤ちゃんの西松屋株式会社」を設立し、大手前通り店出店(資本金1,100千円、兵庫県姫路市本町、平成9年11月廃止)
昭和34年3月 「株式会社 西松屋ストアー」に商号変更
昭和40年10月 子供服の販売を事業目的に加え兵庫県姫路市紺屋町にみゆき通り店(平成27年12月廃止)を出店し、併せて本部事務所を移転
昭和46年11月 大阪地区に京橋店出店(平成14年4月退店)
昭和47年4月 本部事務所規模拡大のため、兵庫県姫路市二階町に二階町店を出店(平成6年10月廃止)し、同時に本部事務所を移転
昭和54年8月 「株式会社 西松屋チエーン」に商号変更
昭和54年10月 兵庫県姫路市に駐車場付郊外型店舗北姫路店を出店
昭和60年11月 仕入活動強化のため大阪市北区芝田に大阪事業部事務所を開設
昭和62年3月 大阪事業部の規模拡大に伴い、事業部事務所を大阪市北区より大阪市東淀川区に移転(平成6年4月廃止)
昭和63年4月 神戸市西区北別府に郊外型大型店舗伊川谷店を出店
平成元年12月 商品情報と販売情報を即時に収集するため、POSシステムと汎用コンピュータを導入
平成2年11月 兵庫県神崎郡福崎町に福崎店出店(平成24年12月 新福崎店にリプレース)、初めて郡部立地へ出店
平成3年4月 兵庫県伊丹市に商品管理センター開設(平成6年1月移転)
平成3年6月 業績規模の拡大に伴い、兵庫県姫路市南駅前町に本部事務所を移転
平成5年11月 岡山県倉敷市に平田店、北畝店の2店舗を出店し、中国地区へ販売エリアを拡大
平成6年1月 分散していた本部機能の効率化を図るため、本社新社屋兼商品管理センター(兵庫県姫路市飾東町)を建設し移転(平成14年8月業務の完全外部委託化に伴い商品管理センター廃止)
平成9年5月 「株式会社 西松屋チェーン」に商号変更
平成9年5月 香川県高松市に高松店(現 高松レインボー通店)を出店し、四国地区へ販売エリアを拡大
平成9年5月 埼玉県本庄市に埼玉本庄店を出店し、関東地区へ販売エリアを拡大
平成9年7月 日本証券業協会に株式を店頭登録銘柄として登録
平成10年9月 北九州市に小倉南店、八幡西店(現 八幡上津役店)の2店舗を出店し、九州地区へ販売エリアを拡大
平成11年9月 静岡県富士市に富士店(現 富士伝法店)を出店し、中部地区へ販売エリアを拡大
平成11年11月 東京証券取引所及び大阪証券取引所市場第二部に株式を上場
平成13年2月 東京証券取引所及び大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定
平成13年7月 福島県に郡山店(現 郡山富田店)を出店し、東北地区へ販売エリアを拡大
平成15年4月 札幌市に札幌白石店、札幌東店、札幌屯田店の3店舗を出店し、北海道地区へ販売エリアを拡大
平成16年4月 沖縄市に沖縄美里店、那覇市に那覇新都心店を出店し、沖縄県へ販売エリアを拡大
北海道から沖縄県までの47都道府県、全国にチェーン店網を完成
平成23年9月 神戸市中央区加納町に商品開発本部(現 商品本部)三宮事務所を開設
平成27年4月 大阪市淀川区宮原に商品本部新大阪事務所を開設
平成28年8月 平成28年8月20日現在で店舗数892店舗(北海道地区40店舗、東北地区80店舗、関東地区246店舗、中部地区155店舗、近畿地区159店舗、中国地区60店舗、四国地区30店舗、九州地区110店舗、沖縄地区11店舗)