1. MIMI STAGEトップ
  2. 離乳食
  3. 必ず知っておこう!離乳食NG食材まとめ

離乳食

必ず知っておこう!離乳食NG食材まとめ

今回は、離乳食で食べさせてはいけない食材や、始めてあげるときは注意したい食材をご紹介します。

これから離乳食を始めるママ・パパは、一度確認しておきましょう。

 

食中毒の恐れがある食べ物

 

まだ免疫機能が十分に備わっていない赤ちゃんの体は、刺激にとても敏感です。
特に生魚やハチミツといった食中毒を起こす恐れのある食べ物は、避けましょう。

 

生魚

生魚(おさしみなど)には細菌が付着していることがあります。
大人は平気でも、赤ちゃんが食べると食中毒を起こす可能性があります。
生魚は、離乳食を完全に卒業して初めて食べさせてあげましょう。

 

ハチミツ

1歳未満の赤ちゃんにとって、ハチミツは非常に危険な食材です。
1歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べると、ハチミツに含まれるボツリヌス菌による食中毒にかかってしまう恐れがあります。
ハチミツそのもの以外にも、ハチミツを含む飲み物やお菓子・食品もNGです。

 

喉にひっかかりやすい食べ物

噛みにくいもの(お餅・こんにゃく・ゼリー・海苔など)、小さくて丸いもの(ナッツ・豆類・飴・ミニトマトなど)にも注意しましょう。
喉にひっかかって窒息事故を起こす恐れがあるからです。

 

咀嚼がまだちゃんとできない赤ちゃんは、誤飲して窒息事故を起こすことがあります。
離乳食では、赤ちゃんが食べやすい硬さ・大きさのものを選んであげましょう。

 

糖質・脂質・塩分が高いもの

 

チョコレートやアイスクリーム・スナック菓子・ファーストフード・ジュースといった、糖質・脂質・塩分が高い食品は離乳食期の赤ちゃんには食べさせないように。

離乳食期以降も、こういった嗜好品を過度に食べさせるのは健康上あまり良いとは言えません。

 

食品添加物を含む食材

ハムやウィンナー・かまぼこ・ちくわ・ハンペンといった加工食品には、保存料や着色料・香料などの食品添加物がたくさん含まれています。
塩分も多いため、加工食品を食べさせるなら幼児期以降にしましょう。

 

要注意!アレルギーを起こしやすい食べ物

 

アレルギーを起こす可能性のある食材にも注意をしましょう。

赤ちゃんはどんな食材にアレルギー反応を起こすかわかりません。
アレルギーを起こす可能性の高い食材は、赤ちゃんの体調が良いときに食べさせてあげましょう。
その食材が原因で体調が悪くなった場合を考えて、病院の空いている日の午前を選ぶとよいでしょう。

最初は少量から始めて、様子を見ながら食べさせてみてください。

 

アレルギーを起こすかもしれない食材として、特に注意が必要なのは、消費者庁が定める「アレルギー表示義務7品目」に含まれるものです。

以下に7品目と、それらをいつ・どのように赤ちゃんに食べさせてあげれば良いのかをご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

 

アレルギー表示義務7品目(卵・乳・小麦・落花生・エビ・そば・カニ)

赤ちゃんが生後78カ月になってから、しっかり火を通した黄身を食べさせてあげましょう。
全卵を与えるのは、生後9カ月を過ぎてからに。

 

生後78カ月になったら、加熱した牛乳を調理に使う、もしくは少しずつ飲ませてみましょう。
必ず加熱することがポイントです。
アレルギーの心配がなさそうであれば、チーズやヨーグルトもOKです。

 

小麦

小麦は生後78カ月を過ぎてから。
最初は小麦製品(パンやそうめん・うどんなど)を細かく刻んで、スプーン
1杯より少ない量を食べさせてあげましょう。

 

落花生

落花生(ピーナッツ)は、離乳食期には避けてください。
1歳を過ぎてから、よく潰してペースト状にしたものを野菜と和えたりして様子を見ましょう。
粒のまま与えるのは3歳以降に。

 

エビやカニ

エビやカニは、アレルギー反応が出やすい上に消化が良くないので、離乳食期は避けたほうが安心です。
取り入れるのであれば、よく加熱したものを1歳半以降に。

 

そば

そばアレルギーは、呼吸困難や意識障害などの重篤な症状が出る危険性があります。
食べさせるのであれば、離乳食を卒業してからにしましょう。
最初はそば湯を一口だけ飲ませてみるか、よく茹でたそばをほんの一口だけ食べさせてみてください。

 

このほか、以下の「表示推奨20品目」に指定されている以下の食品にも、注意しましょう。
詳しくは消費者庁が「アレルギー表示に関する情報」として公開していますので、ご確認ください。

関連:消費者庁|アレルギー表示に関する情報――アレルギー表示とは[PDF

 

 

今回ご紹介した食材以外にも、お子さまによってはアレルギーを起こすものも存在します。
不安を感じるママ・パパは、ひとりで悩まずにかかりつけの病院の先生に相談することをおすすめします。

SNSでシェアしよう!

必ず知っておこう!離乳食NG食材まとめ

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!