1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 赤ちゃんの鼻吸い器はいつから使う?種類や使う際の注意点を解説

子育て

赤ちゃんの鼻吸い器はいつから使う?種類や使う際の注意点を解説

赤ちゃんは鼻が詰まっていても、自分で鼻をかめません。鼻が詰まっていると息苦しさが続き、放っておくと中耳炎などのリスクも高まります。ですが、そのために毎回病院に行くのは大変です。そこでおすすめなのが、赤ちゃん用の鼻吸い器です。今回は、鼻吸い器を使い始める時期や種類、使う際の注意点を紹介します。

鼻吸い器はいつから使えるの?

鼻吸い器は、生後すぐから使用できます。ただし、製品によって使用できる月齢・年齢は異なるので、購入前にパッケージ等で製品情報を確認しておくことが大切です。

赤ちゃんが鼻をかめるようになるのは、2~3歳くらいです。自分で鼻をかめるようになるまで、鼻吸い器を使って鼻の不快感を取り除いてあげましょう。

鼻吸い器の主な種類

鼻吸い器のタイプは、大きく分けて4種類あります。それぞれのメリットとデメリットについてみていきましょう。

電動据え置き型

電動で吸い取るタイプの鼻吸い器です。
[メリット]
様々なタイプの中でも特に吸引力があり、鼻水が多くてもしっかり吸引できます。吸引力が調節できるものもあるので、その場合は鼻水の量や粘度に合わせて調節しましょう。

[デメリット]
重くてかさばるものが多く、持ち運びしにくいです。また、電源を使用するため、コンセントがないと使えません。そのほかに、機械音が気になる場合があり、就寝時などの使用には不向きです。

上記メリット・デメリットから、日中家で使う場合や、鼻水の量が多い場合、粘度の高い鼻水の場合におすすめです。

電動ハンディ型

電動で吸い取るタイプの鼻吸い器です。電動据え置き型とは違い、小型サイズです。
[メリット]
コードレスで場所を選ばず、すぐ使えます。片手におさまるサイズもあり、持ち運びに便利です。電動据え置き型の次に吸引力があるタイプで、手動式よりしっかり吸引できます。

[デメリット]
充電が必要なため、外出先で電池切れになる可能性があります。外出先で使う場合は、しっかりと充電をしておきましょう。

上記メリット・デメリットから、吸う力も保ちつつ、屋外で使いたい場合や手軽に使いたい場合におすすめです。

スポイト型

スポイトの吸い込み口を赤ちゃんの鼻の穴に当てて、片手でポンプを握って吸い出す方式の鼻吸い器です。
[メリット]
軽量でコンパクトなスポイト型は、ポンプ式でシンプルな設計なので、いつでもどこでも簡単に使えます。さらに、手動で鼻水を吸い上げるため、機械音が気になりません。就寝時でも安心して使えるでしょう。

[デメリット]
吸引力が弱く、ネバネバした鼻水や量が多いときは吸いにくいかもしれません。

上記メリット・デメリットから、屋外で使う場合や夜中に使う場合、手軽に鼻水吸引を行いたい場合におすすめです。

口吸い型

ノズルがふたつあり、一方を赤ちゃんの鼻につけ、もう一方をパパ・ママが口に咥えて吸い出す口吸い型の鼻吸い器です。
[メリット]
コストを抑えられることと、赤ちゃんの様子を確認しながら、吸引力を細かく調節できることがメリットです。また、スポイト式同様、電源を必要とせず、気軽に持ち運べる点もメリットといえるでしょう。

[デメリット]
吸引力が弱いです。また、手動で行うため、慣れないと力加減がわかりにくいかもしれません。そのほかに、ママ・パパが口で吸うため、直接鼻水が口に入るわけではなくても、呼気から感染するリスクがあるため、使用後はうがいをするなど気をつける必要があります。

上記メリット・デメリットから、屋外で使う場合や夜中に使う場合におすすめです。また、全タイプの中でも安価なため、急ぎで必要になった場合は比較的手軽に手に入りやすいでしょう。

鼻吸い器を使うときの注意点

鼻吸い器を使うときは、強く吸い過ぎないように注意しましょう。吸引力が高すぎると、赤ちゃんの鼻の粘膜を傷つけるおそれがあります。鼻血がでてしまうこともあり、赤ちゃんが鼻水吸引を嫌がる原因にもなりかねません。

スムーズに鼻吸い器を使用するには、お風呂上がりがおすすめです。鼻水は、温度や湿度が高いと出やすくなるため、鼻水を吸いやすいタイミングで使うようにしましょう。

また、鼻吸い器を安全に使うために、赤ちゃんの頭をしっかり固定することも大切です。鼻吸い器を使用中に赤ちゃんが動いてしまうと、吸い上げにくくなり、鼻を傷つけやすくなってしまいます。赤ちゃんを横抱きして、片方の手で頭を固定しながら、もう片方の手で鼻吸い器を使用しましょう。また、赤ちゃんを床にあおむけに寝かせ、ママ・パパの太ももで優しく赤ちゃんの頭を挟み込んで固定をし、上から覗き込むようにして吸うのもよいでしょう。

使用後の鼻吸い器には、ウイルスや細菌がたくさん付着しています。そのため、使った後は、しっかり洗浄して消毒しておくことが大切です。鼻吸い器の種類によって、お手入れの仕方が異なるため、説明書を見ながら適切な方法で消毒しましょう。

まとめ

鼻吸い器は、生後すぐから使える便利な育児アイテムのひとつです。鼻がかめない赤ちゃんのために用意しておくと安心です。
鼻吸い器にはさまざまな種類があるので、メリットとデメリットを確認し、使う場所や使いやすさなどを踏まえて適したタイプの鼻吸い器を選びましょう。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんの鼻吸い器はいつから使う?種類や使う際の注意点を解説

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 赤ちゃん 妊娠中 離乳食 マタニティ 生後1カ月 乳児期 妊娠 おでかけ 出産 3歳〜 妊婦 選び方 子育て 子ども 保育園 生後3カ月 病気 対策 授乳中 食材 夜泣き お宮参り お昼寝 トイレトレーニング 新生児 イヤイヤ期 保湿 エアコン マザーズバッグ 入園 体温計 絵本 妊婦帯 あせも 誕生日 お食い初め 歯磨き メニュー グッズ アレルギー 肌着 水着 妊娠中の腰痛 冷え対策 アウター ガーゼ 着回し 尿漏れ 原因 ベビー用品 いつから 下痢 サンダル おむつかぶれ 沐浴 マタニティウェア 防寒 ベビーバス 受診タイミング 旅行 マタニティブルー 時間 花見 持ち物 予防策 リュック 花粉症 産後うつ 一升餅 工夫 発熱 夜間断乳 改善 アイテム 入園前 おなか うつぶせ寝 予防 便秘 骨盤ベルトの効果 骨盤ベルトの基礎知識 子どもの日焼け対策 骨盤ベルトの注意点 叱り方 ニキビ お七夜 イベント 初節句 ベビーウェア スキンケア 肌荒れ 洋服 子どもの日焼け止めクリーム 日焼け対策用の帽子 しこり おっぱい 乳がん 乳腺炎 夏服コーデ 違い 安全対策 おすすめ おしゃれ 嫌がる 乳幼児 風邪 マザーバッグ 予防注射 幼児期 後期 取り分け 由来 お祝い 七五三 動物園 予防接種 おむつ 爪切り 寝返り ケーキ ハンドリガード 産後 ヘルスケア 幼児食 ベビーチェア ベビーベット プレイマット 種類 チャイルドシート 温泉 ベビー布団 メリット・デメリット お昼寝マット 安産祈願 戌の日 妊娠線 妊娠線予防クリーム マタニティパジャマ 頭の形 生後6カ月 生後2カ月 ベビーカー 卒乳 めやに つかまり立ち 暖房 妊娠初期 幼稚園 妊婦健診 飲み物 症状 ぬいぐるみ ベビーサイン ハイハイ 歩行器 寝相 乳児検診 母乳 安定期 ガルガル期 おむつアート よだれかけ スタイ テレビ おやつ ベビーマッサージ マナー 日焼け ブランケット カーディガン こどもの日 適切温度 日焼け止め 年齢別 鼻吸い器 夏風邪 鼻水 ファーストシューズ サイズ確認 コーディネイト 結婚式 ソフロロジー 豆腐 家族写真 子連れ 海外旅行 呼吸法 梅雨 予防対策 生活音 騒音対策 アパート 乾燥 コーヒー 身長 体重 授乳 日本風 抱っこ紐 液体ミルク 授乳ケープ 内祝い 母乳パッド スリーパー フォローアップミルク インフルエンザ 祝い方 ハーフバースデー 赤ちゃん用スプーン 日除け 暑さ対策 カフェイン 帽子 お食事エプロン マグカップ b型ベビーカー アウトドア 離乳食セット 虫刺され

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!