1. MIMI STAGEトップ
  2. ヘルスケア
  3. 赤ちゃんがインフルエンザに!?予防と対策

ヘルスケア

赤ちゃんがインフルエンザに!?予防と対策

毎年、11月下旬から12月上旬に流行するインフルエンザ。今年は例年よりも早く流行しだしているなんてニュースを聞くと、赤ちゃんがいるご家庭は心配で気が気でないかもしれません。そこで今回は、赤ちゃんはインフルエンザにかかるのか、どのように予防したらいいか、という点についてお話します。また、もしも赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまった場合の過ごし方についても解説しますので、参考にしてみてください。

インフルエンザを予防する為に心がけたいこと

インフルエンザにかかると高熱や吐き気におそわれてとても辛いですよね。ここではそんなインフルエンザを予防する方法を紹介していきます。

●赤ちゃんはインフルエンザにかかりにくいって本当?

そもそも生後6ヶ月までは赤ちゃんは病気にかかりにくいといわれています。それは、赤ちゃんが受動免疫(母子免疫)を胎盤と初乳を介してお母さんから受け取っているからです。赤ちゃんもインフルエンザにかかることはありますが、この受動免疫を持っていることで重症化することは少ないといわれています。ですが、インフルエンザにかかると肺炎や気管支炎などの合併症を引き起こすこともあるので、予防を心がけておくことは大切です。

●不要不急の外出を控える

インフルエンザにかかった人がくしゃみやせきをするとウイルスを含んだ分泌物が飛び散り、それが鼻や口から入ってしまうとインフルエンザにかかってしまいます。なので、インフルエンザが流行っているときに外出すると、赤ちゃんにも感染してしまうリスクが高くなるのです

インフルエンザが流行っている季節には、とりわけ不要不急の外出を控えるとよいでしょう。外出しなければならない場合は、赤ちゃん用マスクをつけて出かけるようにしてください。インフルエンザの予防は、昔からいわれている「うがい・手洗い」です。外出先から帰ってきたら赤ちゃんの手の甲、手のひら、指と指の間、手首をきちんと洗ってあげましょう。

うがいができれば、のどに付着したウイルスを追い出すことができますが、上手にうがいがまだできないのであれば、お茶などを飲むだけでも予防になります。

インフルエンザのワクチン接種は何歳から?

生後6ヶ月以上からワクチン接種を受けることができますが、まずはかかりつけ医と相談するようにしてください。また、親や兄弟がワクチンを接種しておくと、赤ちゃんの感染のリスクを下げることもできます。特にご兄弟が保育園や幼稚園、学校に通っている場合は、ご兄弟にもワクチン接種をしておいたほうがよいでしょう。

もしインフルエンザにかかってしまったら?

では、きちんと予防をしていたのに、インフルエンザにかかってしまった場合はどうすればよいのでしょうか。慌てずに行動ができるように、確認しておきましょう。

●すぐに病院を受診しよう!

高い熱と咳があったり、苦しそうに泣いていたり、意識が少しおかしかったり、という様子が見られたら、すぐに病院を受診するようにしてください

もしも発熱や咳があるものの食欲があったり、比較的元気があったりするのであれば、すぐに病院に連れて行かずに家で少し様子を見てもいいでしょう。

●母乳やミルク,離乳食など、摂取できそうなものを無理なくあげよう

発熱していると、いつもより多くの水分が体の外に出てしまうので、母乳やミルクをあげて水分を補給することが必要になります。また、離乳食を食べられそうであれば食べさせることで体力が落ちるのを防ぐことができます。

●2次感染を防ごう

赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまった場合、気を付けていてもお母さんやお父さんは育児をしているため感染してしまうということがあります。2次感染を防ぐために効果的なのは、インフルエンザにかかってしまった赤ちゃんが食事したり寝たりする場所を他のご家族と分けることも有効といわれています。こうすることで、ウイルスと接触する機会を物理的に減らすことができます。

こまめに手洗い・うがいをするとともに、赤ちゃんのインフルエンザがおさまるまでは、家の中でマスクを付けたりすることも予防に役立ちます。

 

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんがインフルエンザに!?予防と対策

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 妊娠中 離乳食 生後1カ月 乳児期 おでかけ マタニティ 対策 選び方 子ども 授乳中 イヤイヤ期 新生児 アレルギー 妊婦 お昼寝 エアコン 保湿 トイレトレーニング 妊婦帯 絵本 お食い初め お宮参り メニュー 肌着 妊娠中の腰痛 食材 予防策 サンダル 下痢 おむつかぶれ うつぶせ寝 乳腺炎 夏服コーデ おっぱい 水着 しこり 乳がん 違い 沐浴 旅行 ベビーバス 尿漏れ 歯磨き 原因 防寒 工夫 安全対策 ガーゼ 子育て マタニティウェア ベビー用品 いつから 着回し 冷え対策 アウター 骨盤ベルトの基礎知識 おすすめ 肌荒れ スキンケア ニキビ 便秘 叱り方 洋服 ベビーウェア グッズ 3歳〜 イベント お七夜 誕生日 初節句 予防 おなか 乳幼児 おしゃれ 風邪 幼児期 マザーバッグ 予防注射 離乳食NG食材 嫌がる 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの効果 子どもの日焼け対策 子どもの日焼け止めクリーム 保育園 日焼け対策用の帽子 一升餅 発熱 日本風 祝い方 ハーフバースデー 抱っこ紐 授乳 授乳ケープ 液体ミルク 身長 体重 b型ベビーカー アウトドア 日除け 暑さ対策 帽子 赤ちゃん用スプーン お食事エプロン 虫刺され 離乳食セット マグカップ フォローアップミルク インフルエンザ 妊娠線 メリット・デメリット ベビー布団 妊娠線予防クリーム 戌の日 おむつ ベビーチェア お昼寝マット 安産祈願 ベビーベット プレイマット 内祝い 母乳パッド スリーパー 病気 マナー ベビーマッサージ 種類 体温計 温泉 チャイルドシート カフェイン コーヒー 後期 リュック マザーズバッグ 取り分け 子連れ ソフロロジー 豆腐 家族写真 海外旅行 持ち物 花見 アイテム 入園前 夜間断乳 受診タイミング 夜泣き 改善 マタニティブルー 時間 花粉症 産後うつ 呼吸法 梅雨 年齢別 日焼け止め 日焼け ファーストシューズ サイズ確認 乾燥 鼻吸い器 夏風邪 鼻水 ブランケット カーディガン あせも 生活音 アパート 騒音対策 予防対策 適切温度 こどもの日 コーディネイト 結婚式

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!