1. MIMI STAGEトップ
  2. ヘルスケア
  3. 赤ちゃんの鼻水は吸引するべき?おすすめの道具も紹介

ヘルスケア

赤ちゃんの鼻水は吸引するべき?おすすめの道具も紹介

赤ちゃんが鼻水を出しているとき、どうしてあげれば良いのだろうと悩むママ・パパもいるのではないでしょうか。今回は、赤ちゃんの鼻水への対処方法について解説します。吸引すべきかどうか、またどんな道具を使うと良いのかと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

赤ちゃんの鼻水は吸引したほうが良い?

鼻水は鼻の粘膜を保護したり、侵入してきたばい菌を体外に流したりするためのものです。また、赤ちゃんの場合、鼻の粘膜が敏感なため、気温の変化で鼻水が出ることもあります。

鼻水は体を守るために出てくるものなので、吸引すれば症状が改善するとは限りません

とはいえ、赤ちゃんの場合、鼻がつまるとミルクや母乳が飲みにくい、苦しくて寝つけないといったトラブルにつながります。そのため、鼻水を吸引することでミルクや母乳が飲みやすくなったり、ぐっすり眠りやすくなったりします。

赤ちゃんの鼻水を吸引する方法

赤ちゃんは鼻が小さく未発達なので、2歳くらいまでは上手に鼻をかむことができません。鼻水が出ても自分では対処できず、苦しい思いをすることがあります。

鼻をかめない赤ちゃんのために、鼻水の吸引を保護者の方がやってあげましょう。市販の鼻水を吸引する道具を使うこともできますし、保護者の方が口で吸引してあげることもできます

赤ちゃんの鼻水を口で吸引するときには、強く吸引しないよう注意しましょう。強く吸引しすぎると、陰圧がかかって耳が痛くなるので、吸引するときは鼻の出口付近に溜まった分だけを取り除く程度にするようおすすめします

道具を使って鼻水を吸引する際は、市販の鼻吸い器を活用しましょう。この際も力加減に注意し、奥のほうまで吸引しないようにすることが大切です。

また、鼻水が乾いて固まっているときは、無理して取り除こうとすると鼻の粘膜を傷つけるおそれがあります。お風呂に入っているときや、お風呂から出てすぐの蒸気でやわらかくなっているタイミングで吸引すると良いでしょう

鼻水を吸引できる道具の種類と選び方

ここでは、市販の鼻吸い器3種類の特徴を紹介します。

電動ハンディタイプ

手動のものと比較すると、吸引力が強いのが特徴です。また、コンパクトなサイズになっており、持ち運んで外出先で使うこともできます。

電動据え置きタイプ

吸引力が強く、機能性が高いのが特徴です。吸引力を細かく調整できるものもあり、赤ちゃんの症状に合わせたケアができます。電池ではなくコンセントで使用するタイプなので、自宅使用に向いています。

口で吸うタイプ

保護者の方が口で吸って吸引力を調整できるのが特徴です。赤ちゃんの様子を見ながら吸引力を細かく調整できるので、鼻吸い器に慣れていない赤ちゃんや鼻吸い器を使うのがはじめての保護者の方にも使いやすいでしょう。また、パーツを細かく分解できるので、使用後のお手入れが簡単なのもメリットです。

鼻吸い器の選び方

鼻吸い器には種類があり、また値段もさまざまなので、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。選ぶ際は、「吸引力」「持ち運びやすさ」「お手入れのしやすさ」の3つを重視するのがポイントです。

吸引力

吸引力が強いものだと、短時間でササッと赤ちゃんの鼻水を吸引できます。

持ち運びやすさ

持ち運びができるタイプだと、外出先で赤ちゃんの鼻水を吸引してあげたいときに便利です。据え置きタイプを自宅用に、電動ハンディタイプを外出用にと複数使い分けるのもよいでしょう。鼻吸い器をひとつだけ購入する場合は、持ち運びできるものをおすすめします。

お手入れのしやすさ

赤ちゃんの鼻を吸引する道具なので、使用後はきちんと洗浄して清潔に保ちましょう。構造が複雑だと洗浄の手間がかかり、お手入れが面倒になります。そのため、シンプルな構造で分解して洗えるものを選ぶのがおすすめです。

また、鼻吸い器によっては、煮沸や電子レンジで簡単にお手入れができます。自分にとって、使い勝手の良いものを選びましょう。

まとめ

赤ちゃんは鼻水が出ても、自分で上手にかむことができないので、鼻で呼吸できずに苦しい思いをすることがあります。赤ちゃんの鼻水が出ているときは、保護者の方が口で吸ってあげたり、鼻水を吸引する市販の道具を使ってあげたりして赤ちゃんをサポートしましょう。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんの鼻水は吸引するべき?おすすめの道具も紹介

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 妊娠中 離乳食 マタニティ 子ども 生後1カ月 妊娠 乳児期 おでかけ 妊婦 出産 選び方 3歳〜 授乳中 保育園 子育て 生後3カ月 病気 食材 対策 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 イヤイヤ期 お宮参り 新生児 鼻吸い器 インフルエンザ エアコン あせも 体温計 妊娠初期 妊婦帯 服装 マザーズバッグ 入園 予防接種 保湿 妊娠中の腰痛 肌着 誕生日 グッズ メニュー 持ち物 お食い初め アレルギー 絵本 歯磨き 花粉症 水着 安全対策 おすすめ おっぱい しこり 乳腺炎 マザーバッグ 乳がん おしゃれ 予防注射 日焼け対策用の帽子 子どもの日焼け止めクリーム 子どもの日焼け対策 嫌がる 違い 幼児期 風邪 乳幼児 おむつかぶれ 夏服コーデ アウター 着回し 冷え対策 ガーゼ 骨盤ベルトの注意点 原因 尿漏れ いつから マタニティウェア 予防策 うつぶせ寝 サンダル 下痢 ベビー用品 ベビーバス 沐浴 おねしょ 骨盤ベルトの基礎知識 インプランテーションディップ 1歳~1歳半 正中線 つわり 防災グッズ 哺乳瓶 粉ミルク 風邪薬 歯科検診 グミ チョコレート 車酔い 0歳 トマト ニキビ スキンケア 叱り方 便秘 骨盤ベルトの効果 おなか 予防 肌荒れ 洋服 補助便座 おまる クーイング イベント ベビーウェア 初節句 お七夜 防寒 旅行 幼児食 ベビーチェア お昼寝マット 戌の日 安産祈願 動物園 七五三 産後 ヘルスケア 爪切り おむつ お祝い 由来 妊娠線予防クリーム 妊娠線 内祝い マナー 母乳パッド スリーパー 授乳ケープ フォローアップミルク ベビーマッサージ チャイルドシート ベビー布団 メリット・デメリット ベビーベット プレイマット 温泉 種類 ハンドリガード ケーキ 生後2カ月 ベビーカー めやに ぬいぐるみ 卒乳 生後6カ月 つかまり立ち 幼稚園 入園式 妊婦健診 症状 暖房 飲み物 ベビーサイン おむつアート 母乳 寝相 乳児検診 頭の形 寝返り マタニティパジャマ 歩行器 ハイハイ スタイ よだれかけ おやつ テレビ 安定期 ガルガル期 液体ミルク 身長 呼吸法 ソフロロジー 豆腐 海外旅行 家族写真 梅雨 騒音対策 結婚式 コーディネイト 予防対策 アパート 生活音 子連れ 取り分け 夜間断乳 入園前 受診タイミング 発熱 工夫 一升餅 アイテム 改善 リュック 後期 花見 マタニティブルー 産後うつ 時間 こどもの日 適切温度 虫刺され 離乳食セット お食事エプロン マグカップ アウトドア b型ベビーカー 授乳 体重 抱っこ紐 日本風 ハーフバースデー 祝い方 赤ちゃん用スプーン 日除け 年齢別 ファーストシューズ 日焼け止め 日焼け カーディガン ブランケット サイズ確認 鼻水 帽子 暑さ対策 カフェイン コーヒー 夏風邪 乾燥

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!