1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 赤ちゃんに歩行器は必要?メリット・デメリットをご紹介

子育て

赤ちゃんに歩行器は必要?メリット・デメリットをご紹介

赤ちゃんのひとり歩きのお助けアイテム歩行器。ハイハイは上手にできるけど、まだ歩けないというタイミングで使われるものですが、購入を迷っているママ・パパもいるのではないでしょうか。今回は歩行器の目的、またメリットとデメリットについて解説しますので、参考にしてみてください。

赤ちゃんの歩行器!具体的にどんなアイテム?いつから使える?

歩行器は、まだ自分では歩くことができない赤ちゃんの歩行を助けるアイテムです。一般的な歩行器は、ドーナツ型のテーブルの真ん中にシートがあり、赤ちゃんの足を入れるための穴がふたつ空いています。土台部分に車輪が付いていて自由自在に動けるので、赤ちゃんは転倒することなく簡単に移動できるのが特徴です。

大抵の歩行器には、対象月齢が7ヶ月以降と記載されています。赤ちゃんがお座りをできるようになるのは、一般的に生後6~7ヶ月くらいからですが、最初のうちはママ・パパが支えてあげないと倒れてしまうこともあるでしょう。周りからの支えなしでお座りできるようになるのは8~9ヶ月くらいが目安です。

そのため、赤ちゃんがお座りするようになって、安定してきたタイミングで歩行器を使うことをおすすめします。まだ腰がすわっていないのに歩行器を使い始めてしまうと、足腰の筋肉の発達を妨げてしまうことがあるので注意してください。

歩行器のメリット・デメリット

では、歩行器のメリットとデメリットを紹介しましょう。

メリット

歩行器に乗せると赤ちゃんの目線が高くなるので、いつもと違う景色を楽しむことができます。また、行動範囲が広がるので、赤ちゃんの好奇心に刺激を与えられるでしょう

赤ちゃんは歩行器に乗っている間は、機嫌良くいてくれることが多くなります。ママとパパの手が離せないときも歩行器に乗せてあげると、しばらくひとりで遊んでくれるでしょう。さらに、歩行器を使うと歩く練習になるのもメリットです。

デメリット

赤ちゃんの歩行を助ける歩行器ですが、デメリットもあります。まず挙げられるのが、赤ちゃんの発達を妨げる可能性があるということ。歩行器は赤ちゃんが楽に歩けるアイテムなので、長時間乗せるのが習慣になると、下半身の筋肉を鍛える機会が減ってしまうのです

また、ちょっとした段差や傾斜によって赤ちゃんが歩行器ごと転倒したり、転落したりする事故のリスクもあるので、歩行器に乗せたら安心というわけではありません。赤ちゃんを歩行器に乗せる場合は、ママ・パパの目の届く範囲で遊んでもらうようにしましょう

歩行器は便利なアイテムですが、このようなデメリットもあるため、使用時間を決めて無理なく体験させてあげるようにしてください。

歩行器の選び方

いろんなメーカーからさまざまな歩行器が販売されているので、「どれを選ぶと良いのだろう?」と迷ってしまうママ・パパもいるでしょう。

歩行器を選ぶ際は、次のふたつのポイントを押さえておくと失敗を避けられます。

安全機能をチェック

赤ちゃんが安全に歩行器を使えるように、安全機能をチェックしましょう。歩行器ごと転倒するのを防止するために、転倒防止機能が付いているものを選ぶといいでしょう。

また、高さ調節機能付きの歩行器を選ぶことをおすすめします。赤ちゃんによって体の大きさも異なりますし、成長段階によってぴったりの高さは変化するからです。ちょうど良い高さに調節して使えば、体に負担をかけることなく遊ばせてあげることができるでしょう。

生活仕様に合ったものを

安全性の高い素敵な歩行器を買ったものの、部屋の広さに対して歩行器が大きすぎてほとんど移動ができない場合もあります。歩行器を選ぶ際には、部屋の広さに合ったサイズのものを選ぶことも大切です。

シンプルに赤ちゃんの歩行を助けるためだけの歩行器もあれば、乗った赤ちゃんが楽しめるような機能が付いているものもあります。そのため、3,000円程度で買えるものもあれば10,000円以上出さないと買えないものもあるなど価格もさまざまです。

赤ちゃんが歩行器を使用する期間は比較的短期間なので、どれくらいの予算にするかもあらかじめ決めておくと良いでしょう

キャラクター柄のものやおもちゃが付いているものなどたくさんの種類があるので、赤ちゃんにあったものを選んであげてくださいね。

この記事に関連する商品

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんに歩行器は必要?メリット・デメリットをご紹介

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 離乳食 妊娠中 生後1カ月 おでかけ 乳児期 マタニティ 選び方 対策 お昼寝 授乳中 トイレトレーニング 子ども イヤイヤ期 子育て 新生児 アレルギー 夜泣き マザーズバッグ 妊婦 保湿 エアコン 絵本 妊婦帯 生後3カ月 お宮参り メニュー 3歳〜 妊娠中の腰痛 お食い初め 食材 誕生日 肌着 いつから マタニティウェア 着回し アウター 冷え対策 ベビー用品 下痢 ベビーバス 夏服コーデ 違い うつぶせ寝 予防策 沐浴 おむつかぶれ サンダル 尿漏れ ガーゼ アイテム 入園前 改善 産後うつ 乳腺炎 花粉症 夜間断乳 受診タイミング 原因 歯磨き 防寒 旅行 発熱 一升餅 工夫 子どもの日焼け対策 乳がん 便秘 叱り方 予防 おなか 骨盤ベルトの基礎知識 骨盤ベルトの効果 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 骨盤ベルトの注意点 子どもの日焼け止めクリーム おすすめ マザーバッグ 安全対策 水着 しこり おっぱい 予防注射 幼児期 保育園 日焼け対策用の帽子 嫌がる 離乳食NG食材 風邪 乳幼児 おしゃれ 時間 マタニティブルー プレイマット 種類 体温計 温泉 ベビーベット ベビー布団 戌の日 妊娠線予防クリーム 妊娠線 メリット・デメリット チャイルドシート ベビーマッサージ 授乳ケープ 液体ミルク 身長 体重 フォローアップミルク インフルエンザ マナー 内祝い 母乳パッド 病気 スリーパー 安産祈願 お昼寝マット 乳児検診 頭の形 マタニティパジャマ 寝返り 母乳 寝相 テレビ ガルガル期 安定期 歩行器 ハイハイ ケーキ ハンドリガード 予防接種 動物園 幼児食 ベビーチェア 七五三 お祝い ヘルスケア 産後 爪切り 由来 おむつ 授乳 抱っこ紐 予防対策 あせも 生活音 アパート 結婚式 カーディガン 適切温度 こどもの日 コーディネイト 騒音対策 梅雨 後期 リュック 持ち物 花見 取り分け 子連れ 呼吸法 ソフロロジー 豆腐 海外旅行 家族写真 ブランケット 日焼け 離乳食セット マグカップ お食事エプロン 赤ちゃん用スプーン 虫刺され 日本風 祝い方 ハーフバースデー アウトドア b型ベビーカー 日除け 暑さ対策 サイズ確認 ファーストシューズ 年齢別 日焼け止め 鼻水 夏風邪 帽子 カフェイン コーヒー 鼻吸い器 乾燥

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!