• 西松屋公式アカウント
  • LINE
  • インスタグラム
  1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 1〜3歳
  4. 保育園と幼稚園、どっちを選ぶ?両者の違いを解説

1〜3歳

保育園と幼稚園、どっちを選ぶ?両者の違いを解説

保育園と幼稚園はどちらも子どもを預ける施設ですが、具体的に何が違うのかわかりにくいですよね。子どもの入園時期が近づく前に、特徴を知っておきたいという方も多いのではないでしょうか。今回は、保育園と幼稚園がどんな施設なのかをそれぞれ解説し、違いについて紹介します。「かかる料金に違いはあるの?」「どんな保育内容なの?」と悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。

保育園とは

保育園は、就労や病気などの理由によって、家庭での保育が難しい子どもを預かる児童福祉施設です。さらに、市町村や都道府県が運営する施設は『公立保育園』、社会福祉法人や学校法人などが運営する施設は『私立保育園』と分類されます。そのほかの特徴は次のとおりです。

・管轄:厚生労働省
・位置付け:児童福祉施設
・基本となる法律:児童福祉法
・対象:0歳から小学校就学前の幼児
・1日の保育時間:基準は8時間(延長保育や短時間の利用もできる)
・年間の保育日数:特に規定なし
・職員の資格:保育士資格保有者
・職員の配置人数:
(0歳児)   保育士1人につき、子ども3人
(1~2歳児) 保育士1人につき、子ども6人
(3歳児)   保育士1人につき、子ども20人
(4~5歳児) 保育士1人につき、子ども30人

なお、保育園には法律で定めた施設の面積、設置している設備の基準を満たしている『認可保育園』と、満たしていない『認可外保育園』にも分けられます。認可外保育園には自治体の定期的な立ち入り調査が行われており、深夜保育や休日保育など、独自の運営を行っているのが特徴です。

幼稚園とは

幼稚園は、幼児の心身発達を促すための教育施設です。幼稚園も市町村が運営する『公立幼稚園』と、主に学校法人が運営している『私立幼稚園』に分けられます。そのほかの特徴は次のとおりです。

・管轄:文部科学省
・位置付け:学校教育施設
・基本となる法律:学校教育法
・対象:3歳から小学校就学前の幼児
・1日の保育時間:基準は4時間
・年間の保育日数:39週以上
・職員の資格:幼稚園教諭免許取得者
・職員の配置人数:1クラスは子ども35人以下

幼稚園の入園対象は3歳からのため、それまでは保育園に通うこともあります。幼稚園の預かり時間は4時間を基準としていますが、共働き家庭が増えている現在、長時間保育のニーズに合わせて預かり保育をしている幼稚園も多くなってきています。

また、幼稚園は比較的学習に関する保育内容が多く、英語や運動、音楽など、力を入れている活動に園の特色や方針が表れているのが大きな特徴です

保育園と幼稚園の違い

管轄する省庁や定められている法律が異なる保育園と幼稚園ですが、実際に通う場合に、どのような違いがあるのでしょうか。

保育内容

もっとも大きな違いは、預ける目的と保育内容です。幼稚園は教育を受けさせる目的で預けますが、保育園は親の事情で保育ができない時間に代わりに保育をしてもらう目的で預ける施設です。

幼稚園では学習を重視したカリキュラムを、保育園では基本的な生活習慣の指導や、コミュニケーションを育む取り組みを行っています。とはいえ近年では、保育園でも読み書きや英語といった教育面でのカリキュラムを組むケースが増えています。

かかる費用

また、保育園と幼稚園では、かかる費用が異なります。保育園は世帯年収が高いと保育料も高くなりますが、幼稚園は世帯年収とは関係なく一律です。ただし、3歳以上の保育料に関しては『幼児教育・保育の無償化』の制度によって料金が発生しません。幼稚園は無償化の上限が月額25,700円に設定されているため、上回る場合に差額分を支払います

<保育料の比較>

 

認可保育園

認可外保育園

幼稚園

0~2

住民税非課税世帯のみ無償

 

住民税非課税世帯は42,000円を上回る場合に差額分を支払う

入園の対象外

3~5

無償

37,000円を上回る場合に差額分を支払う

25,700円を上回る場合に差額分を支払う

ただし、保育園や幼稚園でかかる出費は保育料だけではありません。バスなどの送迎費や食材費、行事費などは保護者負担として別途かかります。幼稚園では、入園金や制服、体操服、通園バッグなど、保育園ではかからない指定用品の購入があるため、比較的費用も高くなることを把握しておきましょう。

入園方法

入園方法も認可保育園、認可外保育園、幼稚園で異なります。

認可保育園

認可外保育園

幼稚園

自治体に申し込む

園に直接申し込む

園に直接申し込む

認可保育園は自治体に申し込み、希望者が園の定員数を上回る場合は選考となります。就労状態や家庭状況が自治体ごとに定められた基準で点数化され、保育の必要性が高い家庭ほど入園しやすい仕組みになっています。

認可外保育園は園に直接申し込み、希望者が多い場合は認可保育園と同じく選考を行います。選考の基準は園ごとに決められているため、認可保育園では入園が難しい家庭でも、認可外保育園では入園できるケースもあるようです。

幼稚園は、園に直接訪れて願書を提出するのが一般的です。試験や面接、願書の提出順、抽選など、園によって選考方法はさまざまなので、事前にリサーチしておきましょう。

まとめ

保育園と幼稚園にはそれぞれの役割があり、保育内容や費用など異なる点があります。種類ごとの特徴をしっかり把握し、自分の家庭環境や子どもの様子にあった施設を選ぶことが大切です。子どもにとって初めての集団生活となる場なので、じっくり考えて選びましょう。

お近くの店舗はこちら

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

キーワード検索

気になるキーワード

1歳未満 赤ちゃん 妊娠中 1~3歳 離乳食 4歳以上 マタニティ 妊娠 子ども 妊婦 生後1カ月 おでかけ 選び方 出産 乳児期 保育園 子育て 産後 授乳中 1~3歳以上 幼稚園 服装 夜泣き 新生児 食材 対策 暑さ対策 出産準備 イヤイヤ期 ベビーウェア 産休 育休 予防接種 適切温度 お祝い エアコン ベビーカー おむつ 妊娠初期 あせも 症状 飲み物 ケーキ 生後3カ月 母乳 チャイルドシート 誕生日 お宮参り お食い初め 初節句 グッズ メニュー 家族写真 お七夜 お昼寝 花粉症 抱っこ 改善 持ち物 お肌 スキンケア 絵本 虫よけ 視力 うんち 体温 妊娠中の腰痛 お風呂 嫌がる 髪の毛 予防 骨盤ベルトの注意点 マスク 便秘 野菜 保存 しぐさ 骨盤ベルトの基礎知識 こども 骨盤ベルトの効果 栄養素 双子 感染症 マザーバッグ 予防注射 幼児期 おすすめ 安全対策 室温 おっぱい 水着 反抗期 風邪 鼻づまり アレルギー おしゃれ 抜け毛 双胎妊娠 うなぎ 乳幼児 1歳~1歳半 陣痛バッグ 0歳 防災グッズ トマト おまる 骨盤矯正 クーイング 補助便座 正中線 インプランテーションディップ 車酔い 歯科検診 風邪薬 チョコレート グミ おねしょ 哺乳瓶 粉ミルク ストレッチ 数字 音楽 肌荒れ 胎教 子離れ ニキビ 叱り方 口臭 お座り 洋服 帝王切開 臨月 イベント 検査薬 病院 肌着 名前 ほっぺ しこり 乳がん くしゃみ メリット・デメリット ベビー布団 ベビーベット ベビーマッサージ 温泉 プレイマット ヨーグルト 妊婦帯 戌の日 安産祈願 練習 妊娠線予防クリーム 水通し 妊娠線 習い事 マナー 内祝い ハーフバースデー 祝い方 アウトドア マグカップ 離乳食セット 虫刺され 日本風 抱っこ紐 スリーパー 母乳パッド 病気 インフルエンザ 授乳 液体ミルク フォローアップミルク 赤ちゃん.歯固め お昼寝マット おむつアート ベビーサイン よだれかけ スタイ ガルガル期 テレビ おやつ ぬいぐるみ 卒乳 入園 入園式 妊婦健診 暖房 生後2カ月 生後6カ月 つかまり立ち 安定期 ハイハイ 動物園 七五三 パジャマ 幼児食 生活リズム ベビーチェア 就寝 由来 ベビーシャワー 乳児検診 寝相 歩行器 頭の形 マタニティパジャマ 産後クライシス 爪切り ハンドリガード お食事エプロン 赤ちゃん用スプーン 寝かしつけ 人見知り 冷え対策 マイナンバー 着回し アウター ガーゼ 面接 工夫 一升餅 防寒 原因 歯磨き おしゃぶり 尿漏れ 外食 いつから 離乳食食器 下痢 サンダル うつぶせ寝 乳腺炎 違い 夏服コーデ 粘土 おむつかぶれ ベビー用品 マタニティウェア たんこぶ ベビーバス 遊ぶ 沐浴 飛行機 発熱 受診タイミング 日焼け 日焼け止め ブランケット カーディガン 結婚式 コーディネイト こどもの日 年齢別 ファーストシューズ 帽子 日除け カフェイン コーヒー サイズ確認 鼻水 保湿 予防対策 生活音 マタニティブルー 花見 産後うつ アイテム トイレトレーニング 夜間断乳 入園前 後期 取り分け 梅雨 騒音対策 アパート 呼吸法 ソフロロジー 子連れ 海外旅行 豆腐

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!