1. MIMI STAGEトップ
  2. イベント
  3. 一升餅祝いってなに?お祝い方法と必要なもののまとめ

イベント

一升餅祝いってなに?お祝い方法と必要なもののまとめ

一升餅

赤ちゃんの生後1歳の誕生日。喜びとともに「もう一年経ったのか……」と感慨深い気持ちになるものですね。
そんな特別な誕生日には、日本の伝統的な行事「一升餅祝い」を行いましょう。

今回は、一升餅祝いの由来や具体的なやり方、必要なものなどをまとめました。これからお子様が1歳を迎える親御さんは、ぜひ参考にしてくださいね。

 

赤ちゃんの初めての誕生日。一升餅でお祝いしよう!

ビニルに包まれた一升餅

一升餅祝いとは?

一升餅は、一升分(約1.8kg)のお米でつくったお餅。このお餅を赤ちゃんに背負わせ、1歳のお誕生日をお祝いします。この行事は日本各地で古くから行われていて、昔は親戚一同が集まって行事を開催することも多かったそうです。

一升餅祝いの由来とは?

一升餅祝いの「一升」には、「一生」の意味がかかっています。
そこから、「一生食べ物に困らないように」「一生健康でいられるように」「一生幸せでいられるように」といった願いを込めてお祝いをするようになったといわれています。

また、かつては「赤ちゃんが1歳の誕生日前後から歩き出すと家を離れてしまう」と考えられていたため、重たい一升餅を背負わせることで赤ちゃんが歩き出すのを止める意味合いもあったそうです。

なぜ1歳の誕生日に行うの?

実は、現在のように毎年誕生日を祝う文化が始まったのは、昭和25年以降のこと。それ以前は、すべての人が一斉に元旦に1歳年をとると考えられていました。

しかし、その時代にも1歳の誕生日だけは特別でした。昔は今より医療が整備されていなかったこともあり、赤ちゃんが1歳を迎えるのは大変なことだったそう。そのため、生後1年が経過した日だけは、特別な行事として一升餅を用いて盛大にお祝いがされていたのです。

 

一升餅祝いの仕方

風呂敷にくるまれた一升餅

一升餅祝いの仕方は地域によって多少異なりますが、お餅を風呂敷にくるんで赤ちゃんの背中に背負わせるのが一般的な方法です。

一升のお餅は重たいですから、当然赤ちゃんは転んだり泣いたりしてしまいます。しかし、このお祝いでは転んだり泣いたりするのも「縁起がよいこと」と考えられています。反対に、ご機嫌よく立ち上がったりハイハイしたりしても、それはそれで「元気な証」。いずれの場合でも良い解釈で捉えることができます。

なお、最近では、風呂敷の代わりとして赤ちゃんが背負いやすく見た目も可愛いリュックタイプも販売されています。リュックタイプの方が重さを感じにくく、背負わせやすいため人気です。

 

これさえあれば大丈夫!一升餅祝いに必要なものまとめ

子を抱く母親

一升餅祝いでは、次のものを用意しましょう。

一升餅
1.8kgのお餅。おうちでもち米をついて用意する、または「一升餅」として販売されているものを使います。

お餅を入れる風呂敷やリュック
一升餅を入れるための風呂敷やリュックも用意しましょう。縁起のいい柄・色がおすすめです。

お祝いの食事
一升餅祝いでは、集まった人でごちそうを食べるのが一般的です。お赤飯や鯛など、縁起のいい料理を準備します。食事の内容に特に決まりはありませんので、集まった人がみなで楽しく食事できるメニューを用意しましょう。

ビデオカメラやカメラ
せっかくのお祝いですから、記録としてビデオやカメラで撮影しましょう。スマホのカメラでももちろんOKです。

 

一升餅祝いの注意点

一升餅祝いは、赤ちゃんの安全を第一に考えて行うことが大事です。風呂敷を使ってお餅を背負わせる場合は、重みが赤ちゃんの首にかからないように注意を。体が小さい赤ちゃんには、お餅の重さを軽くしてもOKです。また、赤ちゃんが転んで怪我をしないよう、常に大人が見守ってください。

 

 

一升餅
SNSでシェアしよう!

一升餅祝いってなに?お祝い方法と必要なもののまとめ

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!