1. MIMI STAGEトップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の肌荒れ対策&スキンケアのコツ

妊娠・出産

妊娠中の肌荒れ対策&スキンケアのコツ

鏡を見る女性

妊娠初期の肌荒れに悩む女性は少なくありません。
そこで今回は、妊娠初期に肌が荒れやすくなる原因や肌荒れを改善する方法についてご紹介します。

妊娠中に起こりやすい肌荒れ症状は?

吹き出物を気にする女性
妊娠初期の肌荒れ症状として多いのは、ニキビや吹き出物・肌のごわつき・くすみ・毛穴の黒ずみや開きなど、生理前の肌の不調と似たような症状が出やすくなります。ほかにも、肌が急に敏感になって今まで使っていた化粧品がピリピリするという方や、肌の乾燥がひどくなったという方やシミが増えたという方も。
症状の出方には個人差がありますが、妊娠初期に肌の不調を感じる女性はとても多いようです。

妊娠中に肌荒れがひどくなる理由は?

妊娠すると、女性の体のホルモンバランスは大きく変わります。これが、妊娠初期に肌が荒れやすくなる大きな原因です。また、つわりの影響で食事の栄養バランスが偏ったり便秘をしやすくなったりすることも、肌荒れを助長させる要因となります。

肌荒れの原因① 妊娠初期のホルモンバランスの変化

妊娠初期にはプロゲステロンというホルモンの分泌が活発になります。
このプロゲステロンには、皮脂の分泌を促す作用があります。過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、ニキビや吹き出物といったトラブルになることも。
また、ホルモンバランスが変化することで、お肌のターンオーバーサイクルも乱れがちに。そのため、古い角質がお肌に溜まりやすくなり、お肌がくすんだり、ごわついたり、カサカサしたりしやすくなります。

肌荒れの原因② 栄養不足、栄養の偏り

妊娠初期はつわり症状がひどくなりやすいため、食事がうまくとれなくなる方もいます。人によっては、ごはんを炊くにおいを嗅ぐだけで気分が悪くなったり、お水も十分に飲めなくなったりすることも。そういった場合、栄養不足や水分不足が原因で肌荒れが起こりやすくなります。

肌荒れの原因③ 便秘

妊娠中のホルモンバランスの変化やつわりが原因の栄養不足・水分不足は、便秘を引き起こすことがあります。その結果、本来であれば排出されるべき老廃物が体内に溜まり、それが肌荒れを起こす原因になってしまいます。

妊娠中の肌荒れ対策

洗顔する女性
妊娠中のデリケートな肌には、妊娠前のスキンケア方法やスキンケア用品が合わないこともあります。妊娠してから肌荒れが気になるようになったら、一度ケア方法を見直してみましょう。

肌にやさしいスキンケア用品に切り替える

妊娠中に使うスキンケア用品には、無香料・無着色・アルコールフリーといった低刺激なものが適しています。馬油などの自然由来の成分を使ったものもおすすめです。

いつもより洗顔を丁寧に行う

妊娠中はホルモンバランスの影響で皮脂の分泌が盛んになります。洗顔をいつもより丁寧に行い、余分な皮脂や汚れを肌に残さないようにしましょう。ただし、妊娠中のお肌はデリケートです。洗顔料は、汚れをしっかりと落としながらもお肌にやさしい成分のものを選ぶと安心です。

体の中から・体の外から、両方から乾燥を防ぐ

妊娠中の体は水分不足になりやすいため、お肌も乾燥しがち。保湿ケアをしっかり行うのはもちろん、こまめに水分補給したりお部屋に加湿器をつけたりして、体の内側と外側から乾燥を防ぎましょう。

ビタミンCを意識してとる

肌荒れの予防・改善は、お肌のコラーゲン生成を促すビタミンCがサポートしてくれます。サプリメントを活用するか、オレンジやグレープフルーツなどのフルーツ、小松菜やブロッコリー・パプリカなどの野菜を意識的に食べましょう。

紫外線対策をする

黄体ホルモン・プロゲステロンが活発になる影響で、妊娠中はシミができやすくなります。シミ予防のために、いつも以上に紫外線対策をしっかり行いましょう。紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を使用していない日焼け止めを選ぶと安心です。

 

鏡を見る女性
SNSでシェアしよう!

妊娠中の肌荒れ対策&スキンケアのコツ

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!