• 西松屋公式アカウント
  • LINE
  • インスタグラム
  1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 1〜3歳
  4. お子さまの成長のお話
  5. コップ飲みはいつから始める?練習方法と注意点、コップの選び方を解説

お子さまの成長のお話

コップ飲みはいつから始める?練習方法と注意点、コップの選び方を解説

赤ちゃんは成長とともに少しずつできることが増えていきます。離乳食を開始する時期になると、「そろそろコップ飲みの練習を始めた方が良いのかな」と考えるママ・パパも多くいらっしゃいます。そこで今回は、コップ飲みの練習を始める時期の目安や練習方法、注意点やコップ選びのコツについて紹介します。

コップ飲みの練習を始める目安

赤ちゃんがコップ飲みの練習を始める時期の目安は、生後5ヶ月~6ヶ月ごろといわれています。

コップ飲みができるようになるには、口に含んだ食べ物や飲み物を「ごっくん」としっかり飲み込む力が必要です。

生後78ヶ月ごろになると、離乳食が12回食になり飲み物を飲み込むことにも慣れてくるため、スムーズに練習を進められます。

赤ちゃんがコップ飲みに慣れてくる時期の目安として、生後11ヶ月~1歳半ごろといわれています。ただし、コップ飲みができる時期は赤ちゃんの発達段階によっても変わるので、あまり心配しすぎる必要はありません。

コップ飲みの練習方法

母乳や哺乳瓶に入れたミルクを飲んでいた赤ちゃんにとって、コップ飲みがうまくできないのはごく自然なことです。

まずは生後5ヶ月ごろからスプーンを使って水やお茶などを飲む練習から始めます。ここでの目標は、口に含んだ飲み物を嫌がらずに飲めるよう慣れてもらうことです。また、スプーン以外にも、スパウトマグを使って練習する方法もあります。スパウトマグとは、幅広の乳首のような飲み口のコップであり、傾けるだけで飲み物が飲めるような構造になっています。

生後8ヶ月頃になり、ある程度飲む感覚を身につけるようになったら、ストロー飲みに移行させましょう。この段階では、「吸ったら飲み物が出てくる」ことを教える必要があります。

吸うコツがつかめてきたら、いよいよコップから直接飲む練習を開始します。ママ・パパが赤ちゃんの口元までコップを運び、スムーズに飲めるようサポートしてあげましょう。

ただし一度にたくさん飲ませようとすると、赤ちゃんがむせやすくなってしまうので、小さじ1杯ほどの少量から始めて、少しずつ量を増やしていくようにしてください。赤ちゃんが飲みにくそうにしているときは、コップを傾ける角度を調整してあげると飲みやすくなります。

生後11ヶ月ごろになると、赤ちゃん自身がコップを持ちたがるようになるので、ひとりでコップを使って飲めるように見守ってあげましょう。

コップ飲みを練習するときのポイント

コップ飲みの練習を無理強いすると、かえって赤ちゃんが嫌がってしまいます。まわりの赤ちゃんと比べて思うようにトレーニングが進まなくても、焦らないことが大切です。赤ちゃんの機嫌が良いタイミングに合わせて、飲み物を用意してあげるなどの工夫が効果的です。

また飲み物をこぼす前提で準備をしておくと、片付けが楽になります。飲み物を少なめにしたり、汚れても良い服装にしたりするなどの対策をして臨みましょう。

またコップ飲みの練習には、常温の水やお茶を選ぶことをおすすめします。熱すぎる、または冷たすぎる飲み物を与えると、赤ちゃんが驚いてしまいます。苦手意識をもってしまわないよう、適温の飲み物を与えることが重要です。

練習におすすめのコップの選び方

コップ飲みのトレーニングをする際に使用するコップ選びのポイントは以下のとおりです。

・軽量タイプのコップ
・浅めのコップ
・中身が見えやすいコップ
・洗いやすく清潔を保てる

重すぎるコップだと赤ちゃんが持ちにくいため、プラスチックなどの軽い素材のものを選ぶのがおすすめです。また深すぎるコップは、飲み物を口に運ぶために傾ける必要があるため、コップ飲みの練習には不向きです。浅めのものであれば、少量の飲み物でもスムーズに飲みやすくなります。

透明な製品を選べば口元の様子や、飲めている量を把握しやすくなります。また赤ちゃんの興味を引くために、好きなキャラクターが描かれたコップを選ぶのもひとつの手です。イラスト入りのものを選ぶときは、コップの中身がある程度見えるものを選びましょう。

ベビー用品は清潔が命ですが、コップにおいても同じことがいえます。複雑な形状のものは洗いにくく、雑菌の繁殖が起こりやすいため、なるべく簡単な造りで洗いやすいものを選ぶことがポイントです。

ベビー用品店ではコップ飲み練習専用の商品も販売しています。コップ選びにお困りの方はそちらの購入もあわせてご検討ください。

まとめ

コップ飲みの練習を始める目安は、生後5ヶ月~6ヶ月ごろといわれています。

まずはスプーン→スパウト→ストロー→コップの順番で飲む行為に慣れさせ、赤ちゃんの成長に応じて徐々にひとりで飲めるようサポートしていきましょう。コップ選びに迷ったら、軽量タイプや浅めのものなど赤ちゃんが飲みやすいものを選んでみてくださいね。

お近くの店舗はこちら

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

キーワード検索

気になるキーワード

1歳未満 赤ちゃん 妊娠中 1~3歳 離乳食 4歳以上 マタニティ 妊娠 子ども 妊婦 生後1カ月 選び方 出産 おでかけ 乳児期 保育園 産後 子育て 1~3歳以上 授乳中 幼稚園 服装 夜泣き 新生児 食材 対策 暑さ対策 出産準備 イヤイヤ期 ベビーウェア あせも 産休 育休 予防接種 エアコン お祝い ベビーカー おむつ 妊娠初期 家族写真 症状 飲み物 ケーキ 生後3カ月 母乳 適切温度 初節句 お宮参り お食い初め グッズ 持ち物 メニュー お七夜 花粉症 誕生日 お昼寝 改善 絵本 お肌 スキンケア 抱っこ 視力 体温 虫よけ 嫌がる 髪の毛 マスク お風呂 うんち しぐさ 妊娠中の腰痛 保存 予防 便秘 感染症 栄養素 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの基礎知識 こども 骨盤ベルトの効果 双子 アレルギー おすすめ マザーバッグ 予防注射 安全対策 水着 野菜 しこり おっぱい 幼児期 反抗期 おしゃれ 鼻づまり 抜け毛 乳幼児 風邪 双胎妊娠 うなぎ おねしょ 室温 0歳 防災グッズ トマト おまる 骨盤矯正 クーイング 補助便座 正中線 インプランテーションディップ 車酔い 歯科検診 風邪薬 チョコレート グミ 1歳~1歳半 哺乳瓶 粉ミルク ストレッチ 数字 子離れ 音楽 肌荒れ ニキビ 陣痛バッグ 叱り方 口臭 胎教 お座り 帝王切開 臨月 イベント 検査薬 病院 洋服 肌着 名前 ほっぺ 乳がん 乳腺炎 メリット・デメリット ヨーグルト くしゃみ ベビー布団 温泉 プレイマット ベビーベット 妊婦帯 水通し 安産祈願 赤ちゃん.歯固め 戌の日 練習 妊娠線 習い事 妊娠線予防クリーム チャイルドシート ベビーマッサージ 祝い方 日本風 ハーフバースデー アウトドア 離乳食セット 虫刺され 抱っこ紐 授乳 母乳パッド 内祝い マナー スリーパー 病気 液体ミルク フォローアップミルク インフルエンザ お昼寝マット 生活リズム おむつアート ベビーサイン よだれかけ スタイ ガルガル期 テレビ おやつ ぬいぐるみ 卒乳 入園 入園式 妊婦健診 暖房 生後2カ月 生後6カ月 つかまり立ち 安定期 ハイハイ 七五三 由来 動物園 パジャマ ベビーチェア 就寝 幼児食 ベビーシャワー 産後クライシス 乳児検診 寝相 歩行器 頭の形 マタニティパジャマ 爪切り ワンオペ育児 ハンドリガード マグカップ お食事エプロン 人見知り ガーゼ 寝かしつけ 冷え対策 アウター マイナンバー 面接 歯磨き 一升餅 発熱 工夫 防寒 おしゃぶり 尿漏れ 原因 着回し 外食 下痢 粘土 離乳食食器 サンダル 違い 夏服コーデ うつぶせ寝 おむつかぶれ 遊ぶ マタニティウェア いつから ベビー用品 たんこぶ 沐浴 飛行機 ベビーバス 受診タイミング トイレトレーニング 日焼け止め 年齢別 日焼け ブランケット コーディネイト こどもの日 カーディガン ファーストシューズ サイズ確認 日除け 赤ちゃん用スプーン 帽子 カフェイン 鼻水 保湿 コーヒー 結婚式 予防対策 花見 後期 マタニティブルー 産後うつ 夜間断乳 入園前 アイテム 取り分け 子連れ 騒音対策 アパート 生活音 梅雨 呼吸法 海外旅行 豆腐 ソフロロジー

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!