• 西松屋公式アカウント
  • LINE
  • インスタグラム
  1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 1歳未満
  4. もしものときの防災グッズ!赤ちゃんのいる家庭が準備するものとは?

1歳未満

もしものときの防災グッズ!赤ちゃんのいる家庭が準備するものとは?

赤ちゃんのいる家庭で災害に遭ってしまった場合、赤ちゃん用の防災グッズが必要です。そこで今回は、もしものときに備えて準備すべき防災グッズについて解説しますので、参考にしてみてください。

まずは防災グッズの優先順位を考える

ご家庭ごとにどのような防災グッズが必要か、また、必要な防災グッズの優先順位は異なります。赤ちゃんの月齢や様子、自宅や周辺の状況、避難所までの距離などを把握したうえで、防災グッズの優先順位を決めるようにしましょう。

避難が必要になった際に、すぐに持ち出せる防災バックを用意しておくと安心です。防災バックには命を守るために必要な非常グッズを最優先に入れて、その次に生活必需品を揃えるようにしましょう。災害時には薬やアレルギー対応食品が手に入りにくいため、赤ちゃんに持病やアレルギーがある場合は、優先して準備しておくことが大切です。

防災グッズを準備する際に、何を用意すれば良いのか悩む方も多いと思います。そのようなときはママやパパが急にいなくなった状況を想定してみるのもおすすめです。例えば今、ママやパパが急に1週間入院することになったら、家族のために何をどのくらい用意しておくべきかを考えてみると必要なものがみえてきます。

赤ちゃん用の防災グッズリスト

ミルク、水

被災時には、赤ちゃんの食事を用意することが難しくなります。赤ちゃんのミルクなどの配給は、大人用の食事に比べて時間がかかる場合が多いため、個人でしっかり備えておくと安心です。ミルクの準備には、お湯がなくても授乳できる液体ミルクや、使い捨て哺乳ボトルが便利です。液体ミルクであれば粉ミルクのように粉をお湯で溶かす手間が省けるため、とても重宝します。使い捨て哺乳ボトルであれば消毒不要で、すぐに使用できて衛生的です。

また、赤ちゃん用の飲用水は軟水の長期保存水を用意しておきましょう。カルシウムやマグネシウムの含有量の多い硬水は、十分に身体機能が発達していない赤ちゃんの消化器官に負荷をかけてしまいます。下痢などの症状が出るおそれがあるため、赤ちゃん用の飲用水は軟水を選ぶようにしてください。

離乳食

離乳食が必要な赤ちゃんがいる場合は、最低でも3日分以上、できれば一週間程度の用意が望ましいです。大人用の非常食と違って乳幼児用の食料は被災時に手に入りづらいため、ストックは多めに確保しておきましょう。離乳食は赤ちゃんの月齢とともに変化していきます。加えて、賞味期限切れの可能性もあるため、日常生活の中で消費と購入を繰り返して、賞味期限対策や成長に合わせての見直しができるローリングストックがおすすめです。

オムツ、おしり拭き、ゴミ袋

被災時は衛生用品の物資が届くまでに比較的時間がかかるため、オムツやおしり拭きは一週間程度の準備があると安心です。おしり拭きはおむつ交換時だけではなく、赤ちゃんの体を拭く際にも使えます。もちろん大人の手や体を拭くなどの用途でも使用できるため、多めに備えておくと何かと重宝します。

タオル、ガーゼ、着替え類

タオルはオムツ交換時のマットの代用や布団やおくるみとしても使えるため、用意しておくと幅広く活躍してくれます。また、災害はいつどんなときに起こるかわかりません。赤ちゃんの着替えは月齢や季節に合わせて小まめに見直しておくことをおすすめします。

防災グッズを用意する際に、長期的な避難に備えた備蓄を別に用意しておくと良いでしょう。災害発生時、まずは1次避難用の防災バックを持って、避難する流れになります。その後、帰宅が許されずに避難が長期化する場合は、一時帰宅した際に2次避難用の防災バックを持ち出します。1次避難用の防災バッグに入りきらなかったものは別のバッグに入れたり、備蓄の延長でストックしたりすると良いです。

その他の注意点

赤ちゃんとの避難時には、人混みや道が悪くなることもあるため、ベビーカーよりも抱っこ紐の方が安全です。エレベーターが止まれば階段で下りることになりますし、ガレキがあったり障害物があったりと、日ごろのようにスムーズに移動ができない場合が多いです。

抱っこ紐を使用すれば赤ちゃんと密着できて、ママ・パパの両手が空くためスムーズに避難できます。また、避難をする際には足元の安全確保のために、できるだけ赤ちゃんには靴を履かせるようにしましょう。靴を履かせる時間がない場合は、靴をリュックに放り込んで、避難を最優先にしてください。

慣れない場所への避難は赤ちゃんにとっても大きな不安やストレスがかかります。少しでも安心できるようにいつもと同じおやつやお気に入りのおもちゃを持っていってあげるようにしましょう。食べ慣れない非常食やクラッカーより、いつものおやつがあると赤ちゃんにとって安心材料になります。普段から少し多めに赤ちゃんのお気に入りのおやつをストックしておくことをおすすめします。

まとめ

防災グッズを用意する際のポイントは、優先順位を考えて命を守るためのものや生活必需品から備えるようにすることです。非常時は乳幼児のミルクや離乳食などの調達が難しくなるので、日頃から準備しておくことが重要です。必要な防災グッズを用意するとともに、被災時の赤ちゃんの精神的ストレスを少しでも緩和してあげられるようにお気に入りのおやつやおもちゃも用意して災害時に備えましょう。

お近くの店舗はこちら

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

キーワード検索

気になるキーワード

1歳未満 赤ちゃん 妊娠中 1~3歳 離乳食 4歳以上 マタニティ 妊娠 子ども 妊婦 生後1カ月 おでかけ 選び方 出産 乳児期 保育園 子育て 産後 授乳中 1~3歳以上 幼稚園 服装 夜泣き 新生児 食材 対策 暑さ対策 出産準備 イヤイヤ期 ベビーウェア 産休 育休 予防接種 適切温度 お祝い エアコン ベビーカー おむつ 妊娠初期 あせも 症状 飲み物 ケーキ 生後3カ月 母乳 チャイルドシート 誕生日 お宮参り お食い初め 初節句 グッズ メニュー 家族写真 お七夜 お昼寝 花粉症 抱っこ 改善 持ち物 お肌 スキンケア 絵本 虫よけ 視力 うんち 体温 妊娠中の腰痛 お風呂 嫌がる 髪の毛 予防 骨盤ベルトの注意点 マスク 便秘 野菜 保存 しぐさ 骨盤ベルトの基礎知識 こども 骨盤ベルトの効果 栄養素 双子 感染症 マザーバッグ 予防注射 幼児期 おすすめ 安全対策 室温 おっぱい 水着 反抗期 風邪 鼻づまり アレルギー おしゃれ 抜け毛 双胎妊娠 うなぎ 乳幼児 1歳~1歳半 陣痛バッグ 0歳 防災グッズ トマト おまる 骨盤矯正 クーイング 補助便座 正中線 インプランテーションディップ 車酔い 歯科検診 風邪薬 チョコレート グミ おねしょ 哺乳瓶 粉ミルク ストレッチ 数字 音楽 肌荒れ 胎教 子離れ ニキビ 叱り方 口臭 お座り 洋服 帝王切開 臨月 イベント 検査薬 病院 肌着 名前 ほっぺ しこり 乳がん くしゃみ メリット・デメリット ベビー布団 ベビーベット ベビーマッサージ 温泉 プレイマット ヨーグルト 妊婦帯 戌の日 安産祈願 練習 妊娠線予防クリーム 水通し 妊娠線 習い事 マナー 内祝い ハーフバースデー 祝い方 アウトドア マグカップ 離乳食セット 虫刺され 日本風 抱っこ紐 スリーパー 母乳パッド 病気 インフルエンザ 授乳 液体ミルク フォローアップミルク 赤ちゃん.歯固め お昼寝マット おむつアート ベビーサイン よだれかけ スタイ ガルガル期 テレビ おやつ ぬいぐるみ 卒乳 入園 入園式 妊婦健診 暖房 生後2カ月 生後6カ月 つかまり立ち 安定期 ハイハイ 動物園 七五三 パジャマ 幼児食 生活リズム ベビーチェア 就寝 由来 ベビーシャワー 乳児検診 寝相 歩行器 頭の形 マタニティパジャマ 産後クライシス 爪切り ハンドリガード お食事エプロン 赤ちゃん用スプーン 寝かしつけ 人見知り 冷え対策 マイナンバー 着回し アウター ガーゼ 面接 工夫 一升餅 防寒 原因 歯磨き おしゃぶり 尿漏れ 外食 いつから 離乳食食器 下痢 サンダル うつぶせ寝 乳腺炎 違い 夏服コーデ 粘土 おむつかぶれ ベビー用品 マタニティウェア たんこぶ ベビーバス 遊ぶ 沐浴 飛行機 発熱 受診タイミング 日焼け 日焼け止め ブランケット カーディガン 結婚式 コーディネイト こどもの日 年齢別 ファーストシューズ 帽子 日除け カフェイン コーヒー サイズ確認 鼻水 保湿 予防対策 生活音 マタニティブルー 花見 産後うつ アイテム トイレトレーニング 夜間断乳 入園前 後期 取り分け 梅雨 騒音対策 アパート 呼吸法 ソフロロジー 子連れ 海外旅行 豆腐

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!