1. MIMI STAGEトップ
  2. ヘルスケア
  3. 2歳未満の子どもにマスクは危険!感染症が気になる時期の対処法は?

ヘルスケア

2歳未満の子どもにマスクは危険!感染症が気になる時期の対処法は?

2歳未満の子どもにマスクは危険!

感染症が蔓延している時期でも、2歳未満の子どもにマスクをするのは危険です。なるべく使用は控えましょう。

2歳未満の子どもへのマスク使用を控えることは、公益社団法人 日本小児科医会の指針として公表されています。マスクは飛沫感染を防ぐのに有効な衛生用品として、これまでは小さなお子さんにも外出時の着用を推奨してきましたが、むしろリスクが大きいということがわかってきました。

2歳未満の子どもにマスクをおすすめできないのは、子どもの呼吸器の空気の通り道が、非常に狭いからです。マスクをすることで呼吸がしにくくなると、身体に充分な酸素を取り込むことができません。また呼吸がしにくくなることで、心臓への負担が増大することも指摘されています。

マスクがあることで嘔吐物が詰まってしまったり、マスクそのものを原因とした、窒息のリスクも否定できません熱中症の原因にもなるため、子どもにマスクを使うのは控えましょう。

マスクは顔の大半を隠してしまい、顔色や口唇色、表情がわかりにくいのも問題です。身近にいる大人が子どもの変化に気がつきにくく、体調異変時の対処が遅れるリスクがあります。身体の機能が発達した3歳以上のお子さんにマスクを着用させる場合は、そういった体調の変化がないか常に気を配っておくことが大切です。

マスクが子どもの発達に影響を与えるリスク

マスクが子どもの発達に悪影響を与える可能性も指摘されています。

子どもは1歳くらいまでの間に、まわりの大人の顔をみることで喜怒哀楽の感情を読み取り、相手の気持ちを理解する能力を身につける必要があります。ですが、まわりがマスクをしていると表情を読み取る能力が育たず、良い信頼関係を築くことができません。

小学生でも、マスクをすることでお友達同士のコミュニケーションが取りにくいことがわかっています。相手の視点に立って考えるという、精神的な発達を促す時期なので、赤ちゃんや子どもの前ではできるだけマスクをとり、顔を見せることを心がけましょう

マスクをして応対する場合は表情が見えないことを補うために、いつも以上にボディランゲージを活用してコミュニケーションを取ることをおすすめします。

2歳未満の子どもの感染症対策は?

2歳未満の子どもの場合は外出先よりも、家庭からの感染リスクのほうが大きいことがわかっています。一緒に生活する家族がしっかり感染を防ぐことで、子どもの感染も防げます。

家族に子どもがいる場合は、とくに念入りにマスクの着用、手洗いを実践することで、感染症予防に努めましょう。

万が一家族が感染症にかかった場合は、子どもとはある程度の距離をおいて生活する必要があります。その場合も手洗いや消毒を確実に行い、家庭内での感染を防いでください。

小さな子どもへの感染が不安なら、家族そろって「3密」を避けるのが一番です。子どもを連れての不要不急な外出は控え、密閉・密集・密接する環境に身を置かないことで、感染リスクを減らしましょう。買い物などで外出する場合は、まわりの人とのソーシャル・ディスタンスを保つことを意識してください。

2歳未満の子どもにマスクは不要ですが、外出する際は、まわりへの配慮も必要です。実際に他人がマスクを着用しないで外出していることに神経質になる人は多いです。
とくに過剰に反応する「マスク警察」と呼ばれる人もいるので、ベビーカーを使っている場合は日よけを下げて子どもの顔まわりを隠す、子どもの顔をパパやママの胸元に向けて抱っこするといった配慮をしてください。

まとめ

感染症の予防対策にはマスクを使うのが一般的ではあるものの、子どもにマスクは危険です。呼吸がしにくくなるため、使用は控えましょう。

子どもの場合は一緒に生活するパパやママが病気を寄せ付けないことで、感染を防いでください。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

2歳未満の子どもにマスクは危険!感染症が気になる時期の対処法は?

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 妊娠中 離乳食 マタニティ 子ども 生後1カ月 乳児期 妊娠 おでかけ 妊婦 出産 選び方 3歳〜 授乳中 保育園 子育て 生後3カ月 対策 食材 病気 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 イヤイヤ期 お宮参り 新生児 あせも 持ち物 マザーズバッグ 保湿 服装 体温計 花粉症 入園 妊婦帯 エアコン 肌着 誕生日 お食い初め 絵本 メニュー グッズ 妊娠中の腰痛 歯磨き 水着 アレルギー うつぶせ寝 夏服コーデ 予防策 サンダル 沐浴 おむつかぶれ 下痢 しこり 違い おすすめ マザーバッグ 予防注射 安全対策 おっぱい 乳腺炎 乳がん ベビーバス アウター ベビー用品 一升餅 工夫 発熱 受診タイミング 幼児期 入園前 夜間断乳 旅行 防寒 いつから マタニティウェア 着回し 冷え対策 原因 尿漏れ ガーゼ 正中線 風邪 おねしょ 1歳~1歳半 インプランテーションディップ 初節句 お七夜 イベント 哺乳瓶 粉ミルク 風邪薬 歯科検診 グミ チョコレート 車酔い ベビーウェア 洋服 子どもの日焼け対策 骨盤ベルトの注意点 子どもの日焼け止めクリーム 日焼け対策用の帽子 乳幼児 おしゃれ 嫌がる 骨盤ベルトの基礎知識 骨盤ベルトの効果 スキンケア 肌荒れ ニキビ 叱り方 おなか 予防 便秘 アイテム 改善 七五三 予防接種 動物園 ベビーチェア 幼児食 お祝い 由来 ハンドリガード ケーキ ヘルスケア 産後 おむつ 爪切り お昼寝マット 安産祈願 温泉 チャイルドシート ベビーマッサージ 内祝い マナー 種類 プレイマット 妊娠線予防クリーム 戌の日 妊娠線 メリット・デメリット ベビーベット ベビー布団 寝返り マタニティパジャマ 生後6カ月 生後2カ月 ベビーカー 卒乳 めやに つかまり立ち 暖房 妊娠初期 入園式 幼稚園 妊婦健診 飲み物 症状 ぬいぐるみ ベビーサイン 歩行器 寝相 母乳 頭の形 乳児検診 ハイハイ 安定期 よだれかけ おむつアート スタイ おやつ ガルガル期 テレビ 母乳パッド スリーパー 結婚式 予防対策 アパート 生活音 コーディネイト こどもの日 日焼け止め 年齢別 日焼け ブランケット 適切温度 カーディガン 騒音対策 梅雨 リュック 花見 マタニティブルー 産後うつ 時間 後期 取り分け ソフロロジー 呼吸法 豆腐 家族写真 子連れ 海外旅行 ファーストシューズ サイズ確認 日本風 祝い方 ハーフバースデー アウトドア b型ベビーカー 抱っこ紐 授乳 フォローアップミルク インフルエンザ 授乳ケープ 液体ミルク 体重 身長 虫刺され コーヒー 乾燥 鼻吸い器 鼻水 夏風邪 カフェイン 帽子 マグカップ 離乳食セット お食事エプロン 赤ちゃん用スプーン 暑さ対策 日除け

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!