1. MIMI STAGEトップ
  2. ヘルスケア
  3. 赤ちゃんの歯ぎしりの原因は?対処法と受診のタイミングも解説

ヘルスケア

赤ちゃんの歯ぎしりの原因は?対処法と受診のタイミングも解説

歯の生えはじめた赤ちゃんが歯ぎしりをすることがあります。ギリギリと音を立てていると心配になってくるものです。どうして歯ぎしりをするのか、歯ぎしりをはじめたらどうすれば良いのかと悩むママ・パパもいるでしょう。今回は赤ちゃんが歯ぎしりをする原因と対処法、医療機関を受診したほうが良いケースについて解説します。

赤ちゃんが歯ぎしりをする原因

歯ぎしりとは、上下の歯をグッと嚙みしめたり、噛みしめたままギリギリと動かしたりすることです。歯ぎしりというと寝ているときにするイメージがありますが、起きているときに無意識に歯ぎしりをしてしまう子もいます。

激しい音がすることもあり、赤ちゃんの歯やアゴに負担がかからないか、何かストレスを感じているのではないかと不安になりますが、赤ちゃんの歯ぎしりはそれほど心配する必要はありません。

大人の歯ぎしりはストレスや顎関節症などと関係があるといわれていますが、赤ちゃんの歯ぎしりはストレスや病気とは関わりがないことが多いからです。

歯が生えはじめてむずがゆさを感じていたり、新たに生えた歯を使う練習をしていたりといった理由がほとんどでしょう。アゴの筋力を強化し、噛む力を高める役割もあるので、無理に止める必要はありません。

歯ぎしりをする赤ちゃんは全体の10~20%程度で、多くの場合、上下の歯が生えてきたころからはじまります。
(赤ちゃんの歯が生える時期の目安は、下の歯が生後半年ごろ、上の歯が生後8ヶ月ごろ)また、上下の乳歯が生えそろう2歳半ごろまでは歯ぎしりが続きやすいでしょう。

赤ちゃんが歯ぎしりをするときの対処法

赤ちゃんの歯ぎしりは、歯が生えてきたことによる成長の証のようなものです。大きな音がしても、あわてて病院に行く必要はありません。

睡眠中に無理やり起こして歯ぎしりをやめさせたり、歯ぎしりしないように叱ったりしなくても大丈夫です。噛む力の低下にもつながるので、無理にやめさせず見守ってあげましょう。

ただし、歯ぎしりによって歯に痛みを感じたり、すり減りや歯ぐきからの出血が起こったりすることがあるので、定期的にママ・パパが口のなかをチェックしてあげてください。なかなか歯ぎしりが止まらず心配な場合は、歯科医師に相談すると良いでしょう。

赤ちゃんの歯ぎしりで受診したほうが良いケース

基本的には心配する必要がない赤ちゃんの歯ぎしりですが、治療が必要なケースもあります。

場合によっては歯を守るために、「ナイトガード」というマウスピースのようなものを使うこともあるので、下記に該当する場合は歯科医師に相談してみましょう。

歯がぐらついている

歯ぎしりがあまりに激しいと歯に負担がかかり、ぐらついたりすり減ってしまったりすることがあります。そのまま放置すると歯の神経に炎症が起き、強い痛みが出る可能性があるので、早めに受診しましょう。

歯やアゴに強い痛みを感じている

長時間歯ぎしりを続けていると、歯やアゴが痛くなることがあります。歯ぎしりが多い赤ちゃんが原因不明でぐずり続ける場合は、歯やアゴの痛みをうったえている可能性があるので、歯科医師に相談してみると良いでしょう。

歯並びが悪くなってきている

歯ぎしりが激しいと、歯並びに影響することがあります。歯列がズレている、アゴの成長に違和感があるといった場合は歯科医師に相談してみてください。

出血量が多い、出血が止まらない

歯が歯茎に当たって少し血が出たものの、すぐに止まるようならそれほど気にする必要はありません。しかし、かなり出血していたり、なかなか血が止まらなかったりする場合は、歯ぎしりによって歯が欠けて口腔内を傷つけている可能性があります。

歯ぎしりが原因ではない可能性も考えられるので、できるだけ早めに歯科医師にみせたほうが良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんが歯ぎしりをするのは、歯が生えてむずがゆい、噛む練習をしているといった理由がほとんどです。多少大きな音がしても、それほど心配する必要はありません。

ただし、歯がぐらついたりすり減ったりしている、歯並びが悪くなっているといった場合は、早めに小児歯科を受診しましょう。赤ちゃんの歯の状態に早く気づけるように、ママ・パパが定期的に口のなかをチェックしてあげてください。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんの歯ぎしりの原因は?対処法と受診のタイミングも解説

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 妊娠中 離乳食 マタニティ 子ども 生後1カ月 妊娠 乳児期 おでかけ 妊婦 出産 選び方 3歳〜 授乳中 保育園 子育て 生後3カ月 病気 食材 対策 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 イヤイヤ期 お宮参り 新生児 鼻吸い器 インフルエンザ エアコン あせも 体温計 妊娠初期 妊婦帯 服装 マザーズバッグ 入園 予防接種 保湿 妊娠中の腰痛 肌着 誕生日 グッズ メニュー 持ち物 お食い初め アレルギー 絵本 歯磨き 花粉症 水着 安全対策 おすすめ おっぱい しこり 乳腺炎 マザーバッグ 乳がん おしゃれ 予防注射 日焼け対策用の帽子 子どもの日焼け止めクリーム 子どもの日焼け対策 嫌がる 違い 幼児期 風邪 乳幼児 おむつかぶれ 夏服コーデ アウター 着回し 冷え対策 ガーゼ 骨盤ベルトの注意点 原因 尿漏れ いつから マタニティウェア 予防策 うつぶせ寝 サンダル 下痢 ベビー用品 ベビーバス 沐浴 おねしょ 骨盤ベルトの基礎知識 インプランテーションディップ 1歳~1歳半 正中線 つわり 防災グッズ 哺乳瓶 粉ミルク 風邪薬 歯科検診 グミ チョコレート 車酔い 0歳 トマト ニキビ スキンケア 叱り方 便秘 骨盤ベルトの効果 おなか 予防 肌荒れ 洋服 補助便座 おまる クーイング イベント ベビーウェア 初節句 お七夜 防寒 旅行 幼児食 ベビーチェア お昼寝マット 戌の日 安産祈願 動物園 七五三 産後 ヘルスケア 爪切り おむつ お祝い 由来 妊娠線予防クリーム 妊娠線 内祝い マナー 母乳パッド スリーパー 授乳ケープ フォローアップミルク ベビーマッサージ チャイルドシート ベビー布団 メリット・デメリット ベビーベット プレイマット 温泉 種類 ハンドリガード ケーキ 生後2カ月 ベビーカー めやに ぬいぐるみ 卒乳 生後6カ月 つかまり立ち 幼稚園 入園式 妊婦健診 症状 暖房 飲み物 ベビーサイン おむつアート 母乳 寝相 乳児検診 頭の形 寝返り マタニティパジャマ 歩行器 ハイハイ スタイ よだれかけ おやつ テレビ 安定期 ガルガル期 液体ミルク 身長 呼吸法 ソフロロジー 豆腐 海外旅行 家族写真 梅雨 騒音対策 結婚式 コーディネイト 予防対策 アパート 生活音 子連れ 取り分け 夜間断乳 入園前 受診タイミング 発熱 工夫 一升餅 アイテム 改善 リュック 後期 花見 マタニティブルー 産後うつ 時間 こどもの日 適切温度 虫刺され 離乳食セット お食事エプロン マグカップ アウトドア b型ベビーカー 授乳 体重 抱っこ紐 日本風 ハーフバースデー 祝い方 赤ちゃん用スプーン 日除け 年齢別 ファーストシューズ 日焼け止め 日焼け カーディガン ブランケット サイズ確認 鼻水 帽子 暑さ対策 カフェイン コーヒー 夏風邪 乾燥

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!