1. MIMI STAGEトップ
  2. 離乳食
  3. コツをつかめば簡単!粉ミルクの作り方と哺乳瓶のお手入れ方法を解説

離乳食

コツをつかめば簡単!粉ミルクの作り方と哺乳瓶のお手入れ方法を解説

粉ミルクは正式名称を「乳児用調製粉乳」といい、赤ちゃんの成長をサポートする心強いアイテムです。最近は母乳の成分を参考にした研究開発が進んでおり、高品質な商品が数多く販売されています。今回は、粉ミルクの作り方や飲ませるときのポイント、哺乳瓶のお手入れ方法まで解説します。

粉ミルクの基本の作り方

粉ミルクを作る際は、以下の手順に沿って作ります。

1.ミルクを作る前には必ず手を洗い、清潔な状態にする
2.哺乳瓶は消毒を済ましておく
3.哺乳瓶に必要量のミルクを入れる。粉ミルクの場合、添付のスプーンを使って入れる
4.哺乳瓶に70℃以上のお湯をできあがり量の1/2~2/3程度注ぐ
5.哺乳瓶に乳首をつけ、円を描くように軽く振ってミルクを溶かす
6.乳首を外し、できあがり量まで70℃以上のお湯、もしくは湯冷ましを注ぐ
7.再び乳首をつけてさらに軽く振る
8.ミルクが混ざったら哺乳瓶を流水に当てたり、水を張ったボウルに浸したりして人肌程度の温度(40℃程度)まで冷ます

粉ミルクの作り方に関する疑問を解決!

粉ミルクに使う水は水道水で大丈夫?

粉ミルクを作るときの水は水道水で問題ありません。なぜなら、現在国内で生産されている粉ミルクは、水道水を使用したときに最適になるよう調整されているからです。ミネラルウォーターの場合、硬度が高いものは、赤ちゃんの未発達な胃腸に負担がかかり下痢を起こす場合があるので注意が必要です。外出先などでやむを得ずミネラルウォーターを使う場合は、硬度60mg/L以下の軟水を使うようにしましょう。

粉ミルクに使うお湯は一度沸騰させるべき?

粉ミルクを作るときには、一度沸騰させた水道水を使うことが重要です。沸騰させることで残った菌を死滅させたり、残留塩素を除去したりできます。沸騰後冷まして使う場合も、70℃以上はキープしたものを使うことがポイントです。保温性に優れた電気ポットなどを使うと便利でしょう。高温のため、自分自身がやけどしないように注意する、赤ちゃんのそばで調乳しないといった配慮も必要です。

一度作ったミルクに消費期限はある?

一度作ったミルクは、赤ちゃんが飲んでいなくても2時間経過したものは廃棄してください。また、赤ちゃんの飲み残しも使いまわさず廃棄しましょう。外出先で授乳するときでも、その都度粉ミルクを作って赤ちゃんに飲ませるようにします。バッグに粉ミルクと哺乳瓶、保温ボトルに入れたお湯を持参し、新しいミルクをあげましょう。事前に粉ミルクを1回分ずつ小分けにしておいたり、キューブタイプの粉ミルクを使ったりすると便利です。

粉ミルクを飲ませるときのポイント

粉ミルクを赤ちゃんに飲ませるときは、哺乳瓶を傾けて乳首の部分に空気が入らないように飲ませてあげるのがポイントです。赤ちゃんの口に対して直角になるようなイメージで持ち、乳首をしっかり口に含ませてあげます。唇が内側に巻き込まれている、乳首の先端だけをくわえているといった状態では、赤ちゃんは上手にミルクが飲めません。口を大きく開いてくわえられるように調節してあげましょう。

哺乳瓶の乳首は、15分程度で適量を飲み切れるように設計されています。15分以上かかってしまう場合は、哺乳瓶の蓋を少し緩めてみましょう。こぼさないようにと蓋を強く締めすぎてしまうとミルクが出にくくなったり、乳首が真空状態になってつぶれたりしてしまいます。赤ちゃんにとって飲みにくい状態にならないよう、様子をみながら適宜調節することが大切です。

ミルクを飲み終わったら、必ずげっぷをさせます。まずは、赤ちゃんのあごが肩の上に乗るように抱き、背中を軽くたたきましょう。たたくのが怖い方は、背中の下の方から首の方に向かってさすり上げるのも効果的です。

哺乳瓶のお手入れ方法

ミルクを飲み終えたら、使った哺乳瓶はなるべく早く洗います。時間が経つほどに雑菌が繁殖しやすくなるため、後回しにしないことが重要です。専用ブラシも販売されているので、哺乳瓶と乳首はそれぞれ汚れが残らないように丁寧に洗いましょう。

洗った後の哺乳瓶は必ず消毒まで行います。一番手軽なのは電子レンジ消毒です。専用容器に洗った哺乳瓶や乳首をセットし、水を入れて加熱するだけで消毒できます。そのほかには、希釈した薬液に一定時間漬け込む薬液消毒、大きめの鍋などで沸かした熱湯に哺乳瓶を入れる煮沸消毒などがあります。

消毒した後は、しっかり乾燥させ、埃がつかないように保管しておきます。

まとめ

粉ミルクの作り方は、一度覚えると難しくありません。粉ミルクを使うことでパパも授乳をすることができ、より協力して子育てをしていくことができます。粉ミルクを上手に活用して、無理のない子育てライフを楽しんでください。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

コツをつかめば簡単!粉ミルクの作り方と哺乳瓶のお手入れ方法を解説

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 妊娠中 離乳食 マタニティ 子ども 生後1カ月 妊娠 乳児期 おでかけ 妊婦 出産 選び方 3歳〜 授乳中 保育園 子育て 生後3カ月 病気 食材 対策 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 イヤイヤ期 お宮参り 新生児 鼻吸い器 インフルエンザ エアコン あせも 体温計 妊娠初期 妊婦帯 服装 マザーズバッグ 入園 予防接種 保湿 妊娠中の腰痛 肌着 誕生日 グッズ メニュー 持ち物 お食い初め アレルギー 絵本 歯磨き 花粉症 水着 安全対策 おすすめ おっぱい しこり 乳腺炎 マザーバッグ 乳がん おしゃれ 予防注射 日焼け対策用の帽子 子どもの日焼け止めクリーム 子どもの日焼け対策 嫌がる 違い 幼児期 風邪 乳幼児 おむつかぶれ 夏服コーデ アウター 着回し 冷え対策 ガーゼ 骨盤ベルトの注意点 原因 尿漏れ いつから マタニティウェア 予防策 うつぶせ寝 サンダル 下痢 ベビー用品 ベビーバス 沐浴 おねしょ 骨盤ベルトの基礎知識 インプランテーションディップ 1歳~1歳半 正中線 つわり 防災グッズ 哺乳瓶 粉ミルク 風邪薬 歯科検診 グミ チョコレート 車酔い 0歳 トマト ニキビ スキンケア 叱り方 便秘 骨盤ベルトの効果 おなか 予防 肌荒れ 洋服 補助便座 おまる クーイング イベント ベビーウェア 初節句 お七夜 防寒 旅行 幼児食 ベビーチェア お昼寝マット 戌の日 安産祈願 動物園 七五三 産後 ヘルスケア 爪切り おむつ お祝い 由来 妊娠線予防クリーム 妊娠線 内祝い マナー 母乳パッド スリーパー 授乳ケープ フォローアップミルク ベビーマッサージ チャイルドシート ベビー布団 メリット・デメリット ベビーベット プレイマット 温泉 種類 ハンドリガード ケーキ 生後2カ月 ベビーカー めやに ぬいぐるみ 卒乳 生後6カ月 つかまり立ち 幼稚園 入園式 妊婦健診 症状 暖房 飲み物 ベビーサイン おむつアート 母乳 寝相 乳児検診 頭の形 寝返り マタニティパジャマ 歩行器 ハイハイ スタイ よだれかけ おやつ テレビ 安定期 ガルガル期 液体ミルク 身長 呼吸法 ソフロロジー 豆腐 海外旅行 家族写真 梅雨 騒音対策 結婚式 コーディネイト 予防対策 アパート 生活音 子連れ 取り分け 夜間断乳 入園前 受診タイミング 発熱 工夫 一升餅 アイテム 改善 リュック 後期 花見 マタニティブルー 産後うつ 時間 こどもの日 適切温度 虫刺され 離乳食セット お食事エプロン マグカップ アウトドア b型ベビーカー 授乳 体重 抱っこ紐 日本風 ハーフバースデー 祝い方 赤ちゃん用スプーン 日除け 年齢別 ファーストシューズ 日焼け止め 日焼け カーディガン ブランケット サイズ確認 鼻水 帽子 暑さ対策 カフェイン コーヒー 夏風邪 乾燥

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!