1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 粉ミルクはいつまで飲ませる?やめるための3ステップ

子育て

粉ミルクはいつまで飲ませる?やめるための3ステップ

赤ちゃんの粉ミルクをいつまで飲ませるべきかと悩んでいるママ・パパもいるのではないでしょうか。離乳食の回数も増えてきているものの赤ちゃんがミルクを欲しがるので、なかなかやめられずに困っているママ・パパもいるかもしれません。

そんなママ・パパのために、赤ちゃんの粉ミルクはいつやめるべきなのか、また粉ミルクをやめるための方法について紹介します。

粉ミルクはいつやめる?

一般的に赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいから離乳食がはじまります。そして、離乳食後期に入る生後9ヶ月~1歳頃までには、粉ミルクをやめる赤ちゃんが多いようです。

ただし、赤ちゃんによって粉ミルクをやめるタイミングは異なり、2歳以上になっても飲んでいる子もいます。大切なのは粉ミルクをやめた後に、赤ちゃんが食べ物から栄養やエネルギーをきちんと摂取できる状態になっていることです。

1歳を過ぎても、赤ちゃんがまだ離乳食に慣れていないようであれば、粉ミルクをやめるのは難しいでしょう。徐々に粉ミルクを飲む回数が減って、赤ちゃんが1日3回の離乳食に慣れてきたときが、粉ミルクをやめるのにふさわしいタイミングです。

粉ミルクをやめるための3ステップ

赤ちゃんの離乳食が順調に進んでいるなら、粉ミルク卒業に向けて準備をしましょう。急に粉ミルクをあげるのをやめると、赤ちゃんはミルクを欲しがって泣き出す可能性が高いので、段階的に卒乳を目指すのがおすすめです。

粉ミルクをやめるための3つのステップを紹介します。

1.計画を立てる

まずは、いつから粉ミルクをやめるのかを決めて計画を立てます。粉ミルクをあげるのをやめても、しばらくは赤ちゃんがミルクを欲しがることがあるでしょう。そこで粉ミルクをあげてしまうと、なかなか卒乳できません。

卒乳すると決めたら、3日間は粉ミルクをあげないことが大切です。

ママ・パパが仕事復帰している場合、子どもとしっかり向き合える休日などを予定日にするとよいでしょう。粉ミルクを欲しがって、夜間に眠れなくなる可能性があるため、仕事などに支障がない日を選ぶことをおすすめします。

また、赤ちゃんの体調などを観察しながら無理のないタイミングで卒乳計画を立てることも大事です。

2.ミルクの回数を減らす

急に粉ミルクをまったくあげないのは難しいので、卒乳に向けて段階的に粉ミルクをあげる回数を減らしていきましょう

例えば、生後5~8ヶ月で1日1~2回離乳食をあげているならミルクは1日5回、生後9~11ヶ月で1日3回離乳食をあげているならミルクは1日2回に減らしていき、最終的に1歳になるころには主な栄養摂取源を離乳食にするなどといったように、離乳食で食べる量が多くなった分、授乳の回数を減らしながら卒乳を目指していきます。

なお、上記の計画で行う場合、1回にあげる粉ミルクの量は赤ちゃんが欲しがる分だけあげてもかまいません。

粉ミルクをあげるタイミング以外で赤ちゃんがミルクを欲しがるときは、哺乳瓶に麦茶や牛乳を入れてあげましょう。そうすることで、粉ミルク以外の飲み物から水分を摂れることを赤ちゃんが学んでいきます。

3.離乳食やおやつの量を増やす

粉ミルクの回数を減らした分は、離乳食やおやつで代替して、赤ちゃんのお腹を満たしてあげましょう。

たとえば、朝10時頃に粉ミルクをあげているのなら、その時間に粉ミルクの代わりにおやつをあげることができます。午後に2回粉ミルクを飲んでいたら、その2回の間の時間に離乳食をあげるなどすれば、2回分のミルクを減らすことができます。

このようにすることで、赤ちゃんは自然と食べることに慣れるので粉ミルクを欲しがることが少なくなるでしょう。

やめたあとはフォローアップミルクを飲ませよう

フォローアップミルクとは、離乳食では摂取しにくいカルシウムやたんぱく質、鉄分などを補うためのミルクです。

母乳の代わりに飲ませる粉ミルクと違って、フォローアップミルクはあくまでも離乳食を補うためのものです。そのため、フォローアップミルクだけでは赤ちゃんに必要な栄養を供給することはできませんし、離乳食で十分栄養が摂取できている場合は不要です。

移行タイミングとしては、赤ちゃんが離乳食を食べはじめ、粉ミルクをやめていくタイミングでフォローアップミルクに切り替えるとスムーズでしょう。最初は粉ミルクを併用しながら1日1回少量から飲ませ、体調や便状態を観察しながら徐々に移行していきましょう。フォローアップミルクの味を嫌がって飲まない場合は離乳食の材料として使用し味に慣らす方法がおすすめです。

与えるタイミングは食事やおやつと一緒に、または食間や食後がよいでしょう。1日あたりの目安量は9~12か月は500ml~700ml前後、12か月以降は400mlを数回に分けて与えるようにしてください。ただし、与える回数や目安量は商品によって推奨が異なるため、商品ごとに記載されている分量・用法を守りましょう。また、お子さまの発育に合わせて量・回数の調整をしてください。

また前述のとおり、フォローアップミルクは離乳食を補うためのものなので、必ず与え続ける必要はありません。赤ちゃんがご飯から十分な栄養を摂取できるようになれば、やめるタイミングとなります。フォローアップミルクの与え方について悩んだ場合は、医師や保健師に相談しましょう。

まとめ

赤ちゃんの離乳食が順調に進んだら、粉ミルクをやめるための計画を立てることができます。粉ミルクはいつまでにやめないといけないという決まりはありません。しかし、生後9ヶ月~1歳頃までにはやめている赤ちゃんが多いので、それをひとつの目安に計画するとよいでしょう。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

粉ミルクはいつまで飲ませる?やめるための3ステップ

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 妊娠中 赤ちゃん 離乳食 マタニティ 生後1カ月 乳児期 おでかけ 妊娠 3歳〜 妊婦 出産 保育園 病気 生後3カ月 授乳中 選び方 対策 子育て 食材 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 子ども 新生児 イヤイヤ期 保湿 あせも マザーズバッグ 体温計 妊婦帯 絵本 入園 エアコン 誕生日 お食い初め 歯磨き メニュー お宮参り アレルギー 肌着 水着 妊娠中の腰痛 アウター 冷え対策 ガーゼ 着回し 尿漏れ 原因 ベビーバス いつから 下痢 サンダル 予防策 おむつかぶれ 沐浴 マタニティウェア ベビー用品 防寒 発熱 旅行 マタニティブルー 時間 花見 持ち物 うつぶせ寝 リュック 花粉症 産後うつ 一升餅 工夫 受診タイミング 夜間断乳 改善 アイテム 入園前 おなか 夏服コーデ 便秘 叱り方 予防 骨盤ベルトの効果 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの基礎知識 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 子どもの日焼け対策 子どもの日焼け止めクリーム おっぱい 安全対策 しこり 乳がん 違い 乳腺炎 おすすめ マザーバッグ 嫌がる 日焼け対策用の帽子 おしゃれ 乳幼児 予防注射 幼児期 風邪 後期 取り分け 由来 お祝い 七五三 動物園 予防接種 おむつ 爪切り 寝返り ケーキ ハンドリガード 産後 ヘルスケア 幼児食 ベビーチェア ベビーベット プレイマット 種類 チャイルドシート 温泉 ベビー布団 メリット・デメリット お昼寝マット 安産祈願 戌の日 妊娠線 妊娠線予防クリーム マタニティパジャマ 頭の形 生後6カ月 生後2カ月 ベビーカー 卒乳 めやに つかまり立ち 暖房 妊娠初期 幼稚園 妊婦健診 飲み物 症状 ぬいぐるみ ベビーサイン ハイハイ 歩行器 寝相 乳児検診 母乳 安定期 ガルガル期 おむつアート よだれかけ スタイ テレビ おやつ ベビーマッサージ マナー 日焼け ブランケット カーディガン こどもの日 適切温度 日焼け止め 年齢別 鼻吸い器 夏風邪 鼻水 ファーストシューズ サイズ確認 コーディネイト 結婚式 ソフロロジー 豆腐 家族写真 子連れ 海外旅行 呼吸法 梅雨 予防対策 生活音 騒音対策 アパート 乾燥 コーヒー 身長 体重 授乳 日本風 抱っこ紐 液体ミルク 授乳ケープ 内祝い 母乳パッド スリーパー フォローアップミルク インフルエンザ 祝い方 ハーフバースデー 赤ちゃん用スプーン 日除け 暑さ対策 カフェイン 帽子 お食事エプロン マグカップ b型ベビーカー アウトドア 離乳食セット 虫刺され

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!