1. MIMI STAGEトップ
  2. 妊娠・出産
  3. 産婦人科の選び方に基準はある?重視したいポイントはココ!

妊娠・出産

産婦人科の選び方に基準はある?重視したいポイントはココ!

妊娠していることがわかったら、まず産婦人科を選ぶ必要があります。とはいえ、産婦人科にもいくつかの種類があり、設備やケアの仕方が異なるため、どこが良いのか悩んでしまいますよね。

今回は、産婦人科の種類や特徴を解説しながら、病院の選び方を紹介します。

そもそも産婦人科とは?

妊娠や出産をはじめとする女性特有の体の悩みで受診でき、診療科目は次の3種類です。

・婦人科
・産科
・産婦人科

診療科によって扱える内容が異なるため注意しましょう。

たとえば、婦人科は基本的に分娩を行わず、女性特有の症状や疾患を担当する専門科です。子宮や卵巣の病気、月経やおりものにまつわる症状、性感染症、更年期障害の悩みにも対応します。

これに対して産科は、妊娠経過の観察や分娩、産後のケアなどをメインに扱う専門科です。出産に直接関わらない更年期障害などには対応していません。

産婦人科は、産科と婦人科の両方を診察している医療機関です。産婦人科であれば、女性のライフステージにあわせた相談や治療が行えます。

とはいえ、産婦人科であっても、分娩には対応していない施設もあります。そのため、最初に分娩が対応できる施設であるかどうかを確認しておきましょう。

産婦人科の種類

同じ産婦人科でも医療機関の種類によって対応はさまざまです。施設ごとの特徴、メリットやデメリットを理解して病院を探してください。

総合病院

産婦人科以外にも内科や小児科といった複数の診療科があり、ベッド数や医師、患者数も多いのが特徴です。分娩時に問題が起きてもすぐに対処してもらえるため、安心感があります。ただし、毎回診察のたびに担当医が変わることがあり、診療の待ち時間が長く、診察時間が短いことがあるため、注意しておきましょう。

大学病院

大学の医学部付属で運営される病院で、双子の妊娠や高齢出産といったリスクの高い出産でも対応できます。ただし、大学の研修機関も兼ねていて、学生や研修生が診察や分娩に立ち会うことで落ち着かないと感じる方もいます。

個人病院・専門病院

専門医が個人で経営する医療機関で、病院はベッド数が20床以上、医院は20床未満を指します。継続して同じ担当医に診てもらえるケースが多く、相談しやすい雰囲気がありますが、設備やサービスの充実度はさまざまなので、最初に確認が必要です。

産婦人科の選び方で押さえておきたいポイント

ここでは、産婦人科を選ぶときのポイントを紹介します。

通いやすいか

継続して通院する必要があるため、通いやすさを重視することが大切です。すぐに行けるように自宅付近で探すのが理想的ですが、勤務先の近くで探す選択肢もあります。

また、長く通うためには医師や看護師、助産師との相性を確認することも必要です。分娩や入院費用は施設ごとに異なるため、事前に確認しておきましょう。

・自分が希望する出産スタイルやケアが受けられるか

無痛分娩や夫の立ち会い分娩など、自分の希望する出産スタイルが選べる施設を選ぶことも重要です。また双子の妊娠や高齢出産といった自分のリスクにあわせて、必要な医療設備があるかもチェックしてください。

はじめての出産なら、母親学級や両親学級を行っている産婦人科を選ぶと安心でしょう。また、産後はママの身心が不安定な状態になりがちなため、産後ケアが充実しているところを選ぶと安心して子育てに励めます。

また、出産時や産後の過ごし方についても、人によってそれぞれ異なります。どのように過ごしたら理想的なのか、以下のポイントも参考にしながら施設を選びましょう。

・個室か、大部屋か
・母子同室か、母子別室か
・母乳育児ができるかどうか

里帰り出産を考えている場合は、早めに病院選びに着手することが大切です。妊娠経過がわからないと分娩時に対応できないこともあり、里帰り出産を受け入れていない産婦人科もあるので、早めに調べておきましょう。

まとめ

産婦人科とひとくちに言っても、施設によって雰囲気やサービスの充実度が異なってきます。インターネットなどで、病院の施設情報や地域の評判、ネットの口コミなども参考に、自分にとって通いやすい産婦人科を選びましょう。

分娩には予約が必要なケースが多いため、産婦人科選びは早めに取りかかっておくことをおすすめします。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

産婦人科の選び方に基準はある?重視したいポイントはココ!

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 妊娠中 離乳食 マタニティ 子ども 生後1カ月 乳児期 妊娠 おでかけ 出産 妊婦 3歳〜 選び方 授乳中 保育園 子育て 生後3カ月 対策 食材 病気 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 イヤイヤ期 お宮参り 新生児 あせも 持ち物 マザーズバッグ 保湿 服装 体温計 花粉症 入園 妊婦帯 エアコン 肌着 誕生日 お食い初め 絵本 メニュー グッズ 水着 妊娠中の腰痛 歯磨き アレルギー サンダル 下痢 おむつかぶれ 予防策 沐浴 ベビーバス 乳腺炎 うつぶせ寝 おっぱい 安全対策 おすすめ しこり 乳がん 夏服コーデ 違い ベビー用品 冷え対策 マタニティウェア 発熱 一升餅 受診タイミング 夜間断乳 マザーバッグ アイテム 入園前 工夫 旅行 着回し いつから アウター ガーゼ 防寒 原因 尿漏れ イベント 予防注射 おねしょ 1歳~1歳半 インプランテーションディップ お七夜 洋服 ベビーウェア 初節句 哺乳瓶 粉ミルク 風邪薬 歯科検診 グミ チョコレート 車酔い 肌荒れ スキンケア 日焼け対策用の帽子 子どもの日焼け止めクリーム 嫌がる おしゃれ 幼児期 風邪 乳幼児 子どもの日焼け対策 骨盤ベルトの注意点 叱り方 ニキビ 便秘 予防 骨盤ベルトの基礎知識 骨盤ベルトの効果 おなか 改善 産後うつ お祝い 七五三 予防接種 幼児食 動物園 由来 おむつ ケーキ ハンドリガード ヘルスケア 爪切り 産後 ベビーチェア お昼寝マット 種類 温泉 チャイルドシート マナー ベビーマッサージ プレイマット ベビーベット 戌の日 安産祈願 妊娠線予防クリーム 妊娠線 ベビー布団 メリット・デメリット 寝返り マタニティパジャマ 生後6カ月 生後2カ月 ベビーカー 卒乳 めやに つかまり立ち 暖房 妊娠初期 入園式 幼稚園 妊婦健診 飲み物 症状 ぬいぐるみ ベビーサイン 歩行器 寝相 母乳 頭の形 乳児検診 ハイハイ 安定期 よだれかけ おむつアート スタイ おやつ ガルガル期 テレビ 内祝い 母乳パッド コーディネイト 結婚式 生活音 予防対策 こどもの日 適切温度 年齢別 ファーストシューズ 日焼け止め 日焼け カーディガン ブランケット アパート 騒音対策 後期 リュック 花見 時間 マタニティブルー 取り分け 子連れ 呼吸法 梅雨 ソフロロジー 豆腐 海外旅行 家族写真 サイズ確認 鼻水 抱っこ紐 日本風 祝い方 b型ベビーカー ハーフバースデー 授乳 体重 インフルエンザ スリーパー フォローアップミルク 授乳ケープ 身長 液体ミルク アウトドア カフェイン コーヒー 乾燥 夏風邪 鼻吸い器 帽子 暑さ対策 離乳食セット 虫刺され マグカップ お食事エプロン 日除け 赤ちゃん用スプーン

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!