1. MIMI STAGEトップ
  2. 妊娠・出産
  3. 【骨盤ベルトの基礎知識】どんな効果があるの?いつからつけるべき?注意点は?

妊娠・出産

【骨盤ベルトの基礎知識】どんな効果があるの?いつからつけるべき?注意点は?

妊娠中の腰痛は、出産に備えて緩んだ骨盤を腰まわりの筋肉が支えようとすることによって起こります。
また、お腹が大きくなるに連れて姿勢が変化することも、腰痛を悪化させる要因になります。
さらに、赤ちゃんが成長するにつれてお腹が重くなってくると、骨盤や腰への負担はどんどん大きくなっていきます。

そこで活用したいのが、骨盤ベルトです。
今回は、骨盤ベルトとは何か、どんな効果があるのか、つけるべき時期、注意点などを解説します。

骨盤ベルトとは?

 

骨盤ベルトとは、骨盤の緩みや歪み・ズレ・開きを矯正する器具です。

骨盤の中央部分(仙骨)・骨盤の前部の接合部分(恥骨結合)・前太ももの張っている部分(大転子)の3点を結ぶラインをベルトで巻いて、骨盤を支えます。

 

骨盤ベルトの3つの役割

骨盤ベルトをつけて緩んだ骨盤を安定させると、こんな効果が期待できます。

① 腰痛の予防改善

骨盤ベルトで骨盤を支えると、腰まわりの筋肉への負荷が軽くなります。
その結果、腰痛の予防改善効果が期待できます。

 

②恥骨痛の予防改善

妊娠中に足の付け根に違和感や痛みを覚えるママは多いのではないでしょうか。
この原因も、骨盤の緩みにあります。骨盤ベルトは、こういった「恥骨痛」の予防改善にも役立ちます。

 

③産後太りの防止

骨盤ベルトは、産後の体型崩れの防止にも効果を発揮するといわれています。

出産後、緩んだ骨盤は半年程度かけて徐々に閉じていきます。
しかし、一度大きく開いた骨盤が自然に元の位置に戻るのは難しく、放っておくと歪みやズレが生じたままの状態になってしまいます。
歪みやズレは下半身太りや体型崩れの原因になるので注意したいポイント。

出産後も骨盤ベルトをつけて矯正サポートをすることで、骨盤が元の位置にスムーズに戻りやすくなります。

 

骨盤ベルトはいつからいつまでつける?

骨盤ベルトを最も効果的に使うには、妊娠初期から産後2カ月程度までつけましょう。

骨盤が緩む原因となるホルモン・リラキシンは、妊娠初期から分泌が始まります。
こういった背景があるため、実は妊娠が判明した時点から骨盤ベルトをつけ始めるのが一番なのです。

ですが、妊娠初期からつけていないと効果が無いという訳ではありません。
妊娠してしばらくしてから「やっぱりつけようかな」と思い、つけ始めてももちろんOKです。
なお、妊娠初期のつわり時に、ベルトの締め付けがツライという場合は無理にする必要はありません。

 

骨盤ベルトをする際の注意点

骨盤ベルトは、妊娠中の腰痛や恥骨痛の予防改善・産後太りの防止などに効果的ですが、使い方を間違うとママの体に悪影響を与えてしまうかもしれません。

以下のポイントに気をつけて使用してください。

 

信頼のおけるものを選ぶ

骨盤ベルトはさまざまなメーカーから販売されていますが、すべてが同じ品質という訳ではありません。
妊娠中のママの体を支えるものですから、信頼のおけるものを購入することが大切です。

また、体に合わないものを使用すると、痛みやむくみの原因になることもありますので、自分に合ったものを選びましょう。

 

正しい方法で使用する

骨盤ベルトは、つける位置や締め付けの強度がとても重要です。

つける位置は、骨盤の中央部分(仙骨)と骨盤の前部の接合部分(恥骨結合)と前太ももの張っている部分(大転子)の3点を結ぶラインに。
また、きつく締め付けすぎないように注意しましょう。
装着後に、恥骨のあたりに手のひらがスッと入る程度に余裕を持たせてください。

また使用中にベルトがズレてきたら、正しい位置に巻き直すことも大切です。
ちょっと動いたくらいでベルトがズレる場合は、そもそも正しく巻けていない可能性があります。

 

骨盤ベルトは慣れれば簡単に使うことができますが、初めて使うときにはちょっとしたコツが必要です。
やり方に不安がある方は、まずは産婦人科でアドバイスを受けてみましょう。

必要なアイテムはコチラをチェック
https://wowma.jp/user/32700044/shopcategory/1500050345?aff_id=nsm1015

 

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

【骨盤ベルトの基礎知識】どんな効果があるの?いつからつけるべき?注意点は?

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 離乳食 妊娠中 生後1カ月 おでかけ 乳児期 マタニティ 選び方 対策 お昼寝 授乳中 トイレトレーニング アレルギー 子ども 新生児 イヤイヤ期 妊婦 マザーズバッグ 夜泣き エアコン 保湿 絵本 妊婦帯 妊娠中の腰痛 お食い初め メニュー 子育て お宮参り 誕生日 食材 3歳〜 肌着 ベビー用品 マタニティウェア アウター いつから ベビーバス 着回し サンダル 沐浴 違い 冷え対策 夏服コーデ うつぶせ寝 おむつかぶれ 下痢 予防策 花粉症 ガーゼ 入園前 夜間断乳 アイテム 改善 乳腺炎 産後うつ 受診タイミング 発熱 尿漏れ 歯磨き 原因 防寒 一升餅 工夫 旅行 子どもの日焼け止めクリーム 乳がん 便秘 叱り方 予防 おなか 骨盤ベルトの基礎知識 骨盤ベルトの効果 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 骨盤ベルトの注意点 子どもの日焼け対策 おすすめ マザーバッグ 安全対策 水着 しこり おっぱい 予防注射 幼児期 保育園 日焼け対策用の帽子 嫌がる 離乳食NG食材 風邪 乳幼児 おしゃれ 時間 マタニティブルー プレイマット 種類 体温計 温泉 ベビーベット ベビー布団 戌の日 妊娠線予防クリーム 妊娠線 メリット・デメリット チャイルドシート ベビーマッサージ 授乳ケープ 液体ミルク 身長 体重 フォローアップミルク インフルエンザ マナー 内祝い 母乳パッド 病気 スリーパー 安産祈願 お昼寝マット 頭の形 マタニティパジャマ 寝返り 生後3カ月 乳児検診 母乳 安定期 ハイハイ 歩行器 寝相 ケーキ ハンドリガード 予防接種 動物園 幼児食 ベビーチェア 七五三 お祝い ヘルスケア 産後 爪切り 由来 おむつ 授乳 抱っこ紐 予防対策 あせも 生活音 アパート 結婚式 カーディガン 適切温度 こどもの日 コーディネイト 騒音対策 梅雨 後期 リュック 持ち物 花見 取り分け 子連れ 呼吸法 ソフロロジー 豆腐 海外旅行 家族写真 ブランケット 日焼け 離乳食セット マグカップ お食事エプロン 赤ちゃん用スプーン 虫刺され 日本風 祝い方 ハーフバースデー アウトドア b型ベビーカー 日除け 暑さ対策 サイズ確認 ファーストシューズ 年齢別 日焼け止め 鼻水 夏風邪 帽子 カフェイン コーヒー 鼻吸い器 乾燥

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!