1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 赤ちゃんとテレビの正しい付き合い方

子育て

赤ちゃんとテレビの正しい付き合い方

テレビは現代生活に欠かせません。けれど、赤ちゃんにテレビをいつごろから見せるのかは、難しい問題ですよね。

今回は赤ちゃんの目や脳の発達について解説しながら、正しいテレビとの付き合い方を紹介していきます。

赤ちゃんにテレビは見せない方がいい?視力の発達プロセスと共に解説

最初に赤ちゃんの目の発達のプロセスを解説しながら、テレビが与える影響を説明します。

結論からいうと、赤ちゃんにとって、テレビは絶対に見せてはいけないものではありません。大人がテレビを見たいように、赤ちゃんもいろいろな映像が映し出されるテレビが大好きです。

ただし赤ちゃんの目の機能や視力は、大人と違ってまだまだ未発達です。生まれたばかりの新生児の目はまだよく見えておらず、生後1カ月前後は0.01~0.02程度の視力しかありません。

赤ちゃんの目の機能は生まれてから、まわりの影響を受けて徐々に発達します。生後5ヶ月になるころには視力が0.04前後になり、1歳を迎える頃にようやく0.2前後まで向上します。

順調に発達すれば3歳頃までに視力が1.0近くまで伸びるものの、小さな赤ちゃんはパパやママの顔、おもちゃなどの身近なものを見るのがやっとです。無理にテレビを見せるのではなく、健やかな目の発達を見守ってあげましょう。

テレビによる赤ちゃんへの影響とは?

日本小児科医会では、2歳頃まではテレビやビデオの視聴を控えるよう提言しています。

これは日常的にテレビを長時間見ている子は、そうでない子と比較してコミュニケーション不足による発達の遅れがみられるというデータがあるからでしょう。具体的には、言語の発達が遅れる、表情が乏しくなる、まわりのお友達との交流が苦手になるといった問題が起こりやすいと指摘されています。

赤ちゃん期は身近な家族とのコミュニケーションをとおして目や心の発達を促していく、デリケートな時期です。テレビを日常的に長時間見続けていると、こういった大事な学習の機会が失われるリスクが否定できません。

また目の機能が十分に発達していない赤ちゃんがテレビを長時間視聴していると、目に負担がかかり、視力が悪くなることを指摘する意見もあります。

赤ちゃんがテレビに遭遇したら

絶対ダメとはいえないまでも、不安がある場合は、小さな赤ちゃんにテレビをできるだけ見せないほうが無難です。

とはいえ、子育て中のパパやママだってたまにはテレビを見て、リラックスしたいですよね。上に兄弟がいる場合は、赤ちゃんだけテレビを見せないのは難しいでしょう。

繰り返しますが、赤ちゃんにとってテレビは、絶対見せていけないものではありません。発達の遅れが懸念されるのは日常的に、長時間テレビを見続けたケースです。ルールを守って視聴させることが大事ですよ。

赤ちゃんにテレビ見せる場合は1日あたりの視聴時間を決めて、だらだらと見せっぱなしにしないのが基本です。刺激的な内容を避け、音楽などで体を動かせるもの、遊びに誘いかけて心身の発達を促す番組を選びましょう。

家事や仕事で手が離せず、テレビに頼りたいときもありますよね。赤ちゃんは1歳前後からテレビに興味を持ち始めるものの、テレビに育児を任せるのは考えものです。

忙しいときでも赤ちゃんのテレビ視聴は短時間で切り上げ、連続視聴は避けると良いでしょう。テレビを見せたらそのぶん親子の触れ合いタイムを取って、コミュニケーション不足を補ってあげてください。

テレビは情報量が豊富で、上手に活用すれば赤ちゃんに良い刺激を与えます。たまにはリズム体操をしたり、お話を聞いたりして、親子でテレビを楽しむのも良いですね。

まとめ

大人にとって当たり前のものでも、赤ちゃんにとってはまだ早いというものは意外と多いもの。テレビもそのひとつです。

赤ちゃんの成長に合わせてテレビと正しくお付き合いしながら、赤ちゃんの目や心身の健全な発達を促すことを心掛けましょう。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんとテレビの正しい付き合い方

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 赤ちゃん 妊娠中 離乳食 生後1カ月 マタニティ 乳児期 おでかけ 選び方 生後3カ月 対策 お昼寝 授乳中 トイレトレーニング 子ども イヤイヤ期 子育て 新生児 アレルギー あせも マザーズバッグ 夜泣き エアコン 妊婦 絵本 出産 保湿 妊婦帯 お食い初め 3歳〜 メニュー 歯磨き お宮参り 誕生日 食材 妊娠中の腰痛 肌着 着回し いつから ガーゼ アウター 尿漏れ マタニティウェア 冷え対策 おむつかぶれ ベビー用品 うつぶせ寝 夏服コーデ 予防策 サンダル ベビーバス 沐浴 下痢 旅行 原因 花粉症 産後うつ 時間 マタニティブルー 違い 花見 改善 アイテム 工夫 防寒 一升餅 発熱 入園前 夜間断乳 受診タイミング 子どもの日焼け対策 乳腺炎 便秘 叱り方 予防 おなか 骨盤ベルトの基礎知識 骨盤ベルトの効果 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 骨盤ベルトの注意点 子どもの日焼け止めクリーム おすすめ マザーバッグ 安全対策 水着 乳がん しこり おっぱい 予防注射 幼児期 保育園 日焼け対策用の帽子 嫌がる 離乳食NG食材 風邪 乳幼児 おしゃれ 持ち物 リュック お昼寝マット 安産祈願 戌の日 妊娠線予防クリーム ベビーチェア 幼児食 由来 お祝い 七五三 動物園 予防接種 妊娠線 メリット・デメリット ベビーマッサージ マナー 内祝い スリーパー 母乳パッド チャイルドシート 温泉 ベビー布団 ベビーベット プレイマット 体温計 種類 おむつ 爪切り よだれかけ スタイ おやつ テレビ おむつアート ベビーサイン ベビーカー めやに 妊娠 ぬいぐるみ 卒乳 ガルガル期 安定期 寝返り ケーキ ハンドリガード 産後 ヘルスケア マタニティパジャマ 頭の形 ハイハイ 歩行器 寝相 乳児検診 母乳 病気 インフルエンザ 適切温度 こどもの日 コーディネイト 結婚式 カーディガン ブランケット サイズ確認 ファーストシューズ 年齢別 日焼け 日焼け止め 予防対策 家族写真 海外旅行 子連れ 後期 取り分け 豆腐 ソフロロジー 生活音 アパート 騒音対策 呼吸法 梅雨 鼻水 夏風邪 日本風 祝い方 ハーフバースデー b型ベビーカー 抱っこ紐 授乳 フォローアップミルク 授乳ケープ 液体ミルク 体重 身長 アウトドア 帽子 カフェイン コーヒー 鼻吸い器 乾燥 暑さ対策 日除け 虫刺され 離乳食セット マグカップ 赤ちゃん用スプーン お食事エプロン

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!