1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 赤ちゃんにほくろができる原因は?放置しても良い?

子育て

赤ちゃんにほくろができる原因は?放置しても良い?

「赤ちゃんのほくろが気になる…何か悪い病気だったらどうしよう」と不安になるママ・パパも多いのではないでしょうか。そもそも、赤ちゃんにほくろができる原因は何なのでしょうか。

もしも気になるほくろを見つけてしまった場合、「放置しても良いのか、病院に行ったほうが良いのか」と、判断に迷うかもしれません。そういったママ・パパに向けて、今回は赤ちゃんにほくろができる原因や対処法について紹介します。

ほくろとは

そもそも「ほくろ」とは、メラニンという成分が増殖してできる皮膚のできもののことです。メラニンが一か所にかたまってしまう理由については、実はよくわかっていません。メラニンの量は人によって異なり、ほくろの大きさも5ミリ以下の小さいものや、1センチを超える大きなものまでさまざまです

ほくろは、3~4歳のころに増えて、そのあとは数があまり変わらないといわれています。しかし、なかには大人になってからできるほくろもあるので、確かなことはわかっていません。とはいえ、ほとんどのほくろは害のないできものなので、あまり心配する必要はないでしょう。

赤ちゃんの肌は白いため、ほくろがあると非常に目立ちます。そのため、「もしかしたら皮膚の病気かも…?」と心配になってしまうママ・パパも多いと思います。

赤ちゃんのほくろも大半は無害なので、過度に心配する必要はありません。しかし、一部では注意が必要なものもあるため、観察することが大切です。

注意した方が良いとされるほくろ

では、赤ちゃんのほくろはどのように見分ければ良いのでしょうか。ここでは、注意が必要となるほくろの特徴について紹介します。

多くの場合、ほくろは楕円形や円形など左右対称となっています。そのため、形が左右非対称のほくろは注意が必要です。また、肌とほくろの境目がはっきりしないほくろや、色が2色以上で大きさが6㎜以上のほくろなども、皮膚になんらかの問題がある可能性があります。

ほかにも、ほくろがある場所にも着目しましょう。手のひら、足の裏にできているほくろなどは、特に注意した方が良いといわれています。急にほくろが大きくなったり形が変わったりしてきた場合も注意が必要です。

とはいえ、一部の問題のあるほくろに関しては、基本的に60歳以上の高齢者に多いため、赤ちゃんや子どもにできることはほとんどないともいわれています。

ここまで紹介したような症状がないようであれば、あまり気にしなくても大丈夫です。どうしても気になるようであれば、専門の医師に相談してみましょう。

ほくろの除去はするべき?

腕や足にあるほくろならあまり気になりませんが、顔や首元など目立つ部分にできてしまったほくろは、取ってあげたいと思うママ・パパも多いのではないでしょうか。

もちろん、病気に関係するほくろなら早急に除去しなければなりません。しかし、緊急性がなければ様子を見るのも選択肢です。

除去する場合はレーザー治療が主な施術手段ですが、子どもに負担がかかることなので、成長を待って子どもの希望を聞いてからでも遅くはありません。

また、皮膚が盛り上がっているところにほくろができている場合、レーザーでほくろを除去したとしても、盛り上がりをなくすことはできません。皮膚の盛り上がりを改善するのとほくろを除去するのは別の問題であり、レーザーですべてが解決するわけではないのです。

レーザーによる施術は、非常に簡単で時間も短時間で済みますが、「術後の痕が完全に消えない場合がある」というデメリットがあります。早急に除去が必要なほくろでないなら、赤ちゃんが大きくなってから、本人の意思を確認してから行うほうが良いかもしれません。

まとめ

今回は、赤ちゃんのほくろの特徴や、注意が必要なほくろの特徴について紹介しました。多くの場合は気にしなくても良い無害なほくろですが、大きすぎるものや形がいびつなもの、濃くなったり変形したりするものについては、一度は医療機関で受診をしたほうが良いでしょう。

どういったケースであれ、赤ちゃんが大きくなってもほくろを気にしないで生活できるような環境を整えてあげたいですね。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんにほくろができる原因は?放置しても良い?

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 赤ちゃん 妊娠中 離乳食 生後1カ月 マタニティ 乳児期 おでかけ 選び方 生後3カ月 対策 お昼寝 授乳中 トイレトレーニング 子ども イヤイヤ期 子育て 新生児 アレルギー あせも マザーズバッグ 夜泣き エアコン 妊婦 絵本 出産 保湿 妊婦帯 お食い初め お宮参り 3歳〜 歯磨き メニュー 誕生日 妊娠中の腰痛 食材 肌着 いつから マタニティウェア アウター 着回し ベビー用品 冷え対策 下痢 ベビーバス うつぶせ寝 夏服コーデ 違い 予防策 サンダル 沐浴 おむつかぶれ ガーゼ 防寒 尿漏れ 産後うつ 改善 花粉症 時間 乳腺炎 マタニティブルー アイテム 入園前 旅行 原因 工夫 一升餅 夜間断乳 受診タイミング 発熱 骨盤ベルトの注意点 乳がん 便秘 叱り方 予防 おなか 骨盤ベルトの基礎知識 骨盤ベルトの効果 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 子どもの日焼け対策 子どもの日焼け止めクリーム おすすめ マザーバッグ 安全対策 水着 しこり おっぱい 予防注射 幼児期 保育園 日焼け対策用の帽子 嫌がる 離乳食NG食材 風邪 乳幼児 おしゃれ 花見 持ち物 戌の日 妊娠線予防クリーム 妊娠線 メリット・デメリット 安産祈願 お昼寝マット 七五三 予防接種 動物園 ベビーチェア 幼児食 ベビー布団 ベビーベット 内祝い 母乳パッド スリーパー 病気 マナー ベビーマッサージ プレイマット 種類 体温計 チャイルドシート 温泉 お祝い 由来 おやつ テレビ ガルガル期 安定期 スタイ よだれかけ 妊娠 卒乳 ぬいぐるみ おむつアート ベビーサイン ハイハイ 歩行器 ハンドリガード ヘルスケア 産後 おむつ 爪切り ケーキ 寝返り 寝相 母乳 乳児検診 マタニティパジャマ 頭の形 インフルエンザ フォローアップミルク こどもの日 コーディネイト 結婚式 適切温度 カーディガン ファーストシューズ 年齢別 日焼け止め ブランケット 日焼け 予防対策 生活音 海外旅行 子連れ 取り分け リュック 後期 家族写真 豆腐 アパート 騒音対策 梅雨 ソフロロジー 呼吸法 サイズ確認 鼻水 祝い方 ハーフバースデー b型ベビーカー アウトドア 日本風 抱っこ紐 授乳ケープ 液体ミルク 身長 授乳 体重 虫刺され カフェイン コーヒー 乾燥 夏風邪 鼻吸い器 帽子 暑さ対策 離乳食セット マグカップ お食事エプロン 日除け 赤ちゃん用スプーン

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!