1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 赤ちゃんが快適な室温・湿度って?室温を調節した方が良い場合の赤ちゃんのサインも紹介

子育て

赤ちゃんが快適な室温・湿度って?室温を調節した方が良い場合の赤ちゃんのサインも紹介

赤ちゃんは体温を調節する機能が未熟であるため、室内で快適に過ごすには、ママ・パパが室温や湿度に気を配る必要があります。季節ごとに赤ちゃんに適した室温や湿度はどのぐらいなのでしょうか。また、室内環境が赤ちゃんに合わない場合、赤ちゃんはどのようなサインを出すのでしょうか。今回は、赤ちゃんが快適に過ごすための室温や湿度に関するポイントを紹介します。

【季節別】赤ちゃんが過ごす室温の目安

赤ちゃんが室内で過ごすのに適した室温や湿度は、季節によって異なります。 それぞれの季節における目安をみてみましょう。なお、室温と湿度は、エアコンの設定温度で見るのではなく、室内に温度計・湿度計を置いて数値を確認しましょう。

春は、朝晩と日中の寒暖差が大きく、大人と同じように赤ちゃんも体調を崩しやすい時期です。赤ちゃんが汗をかいていたり、暑がっていたりする場合には、汗を拭き取ったり服を変えたりしてこまめに様子を見るようにしましょう。

室温の目安は20℃~25℃、湿度の目安は50%~60%です。梅雨の時期には湿度が高くなるので、室内の除湿も必要です。

夏に室内で過ごすには、エアコンが必須です。また、扇風機やサーキュレーターなどを使って、室温を均一にすることも大切です。ただし、エアコンの風が直接当たると赤ちゃんの体に負担がかかるので、直接当たらないように気を付けましょう。

室温の目安は25℃~28℃、湿度の目安は50%程度です。汗をかきやすい時期ですので、水分補給をこまめに行い、脱水症状を防ぎましょう。

秋は、過ごしやすい気候になるものの、春と同じように気温や天候の変化が大きい時期です。11月以降は、急に冷え込む日が増えるほか、風邪などの感染症も流行り始めます。室温が20℃以下にならないよう冷えに注意し、乾燥が気になり始めたら加湿器などを使いましょう。

室温の目安は20℃~25℃、湿度の目安は50%~60%程度です。

室温と湿度のどちらも、しっかりキープすることが大切な時期です。赤ちゃんは免疫が弱く、湿度が低いと感染症にかかりやすくなります。エアコンの暖房機能を活用するとともに、加湿器などを赤ちゃんのいる部屋に置き、室内の乾燥を防ぐようにしましょう。また、夏と同じく室温を均一にし、エアコンの風が直接当たらないよう心がけましょう。

室温の目安は20℃~25℃、湿度の目安は60%程度です。

室温を見直そう!心地悪いときの赤ちゃんのサイン

赤ちゃんは、室温が合わずに心地悪さを感じても、自分で声を出して伝えることができません。次のようなサインがみられたら室温が合っていない可能性が高いため、室温を見直してみましょう。

暑いときのサイン

体が汗ばんでいたり、お腹・背中・太ももなどが熱くなっていたりしたら、赤ちゃんが暑さを感じているサインです。また、足の裏が熱いときも、室温を見直すサインですが、眠いときや具合が悪いときも熱くなる箇所ですので、赤ちゃんの様子をしっかり観察しましょう。

赤ちゃんは大人よりも体温が高いため、厚着をしすぎると汗をかいて余計に冷えてしまいます。着脱しやすい服装を心がけると良いでしょう。

寒いときのサイン

赤ちゃんは、手足が冷たくなっていても、体全体が冷えているとは限りません。お腹・背中・太ももなどを触ってひんやりしていたら、体の内側が冷えている証拠です。また、顔色や唇の色が悪いときも、寒さを感じているサインです。

寒さを感じると、赤ちゃんは鼻水が出たり鼻づまりになったりしますので、鼻の様子も確認しましょう。

室温が適温でも注意が必要なこともある

室温が適温であっても、注意しなくてはいけない点があります。

就寝時のエアコンの使用

夏や冬の時期の就寝時、エアコンはつけたままでも問題ありません。ただし、就寝中は体温が下がるため、温度設定は28℃と高めに設定するようにしましょう。体調を崩さないように、エアコンのタイマーをセットして寝るのがおすすめです。

エアコンの風が直接あたらないように注意

先ほども少し触れたように、エアコンの風が直接赤ちゃんに当たらないよう注意しましょう。カーディガンや薄い毛布などを活用したり、風向きや赤ちゃんが寝る場所などをうまく調整したりする工夫が必要です。

まとめ

赤ちゃんが快適に過ごすための室温や湿度は、季節によって異なります。 季節ごとに適した室温や湿度でないと、赤ちゃんが体調を崩す原因になってしまいます。赤ちゃんの健康を守るために、快適な室内環境を整えるよう心がけましょう。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんが快適な室温・湿度って?室温を調節した方が良い場合の赤ちゃんのサインも紹介

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 妊娠中 赤ちゃん 離乳食 マタニティ 生後1カ月 乳児期 おでかけ 妊婦 妊娠 出産 3歳〜 保育園 病気 生後3カ月 授乳中 選び方 対策 子育て 食材 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 子ども 新生児 イヤイヤ期 保湿 あせも マザーズバッグ 体温計 妊婦帯 絵本 入園 エアコン 誕生日 お食い初め 歯磨き メニュー お宮参り アレルギー 肌着 水着 妊娠中の腰痛 アウター 冷え対策 ガーゼ 着回し 尿漏れ 原因 ベビーバス いつから 下痢 サンダル 予防策 おむつかぶれ 沐浴 マタニティウェア ベビー用品 防寒 発熱 旅行 マタニティブルー 時間 花見 持ち物 うつぶせ寝 リュック 花粉症 産後うつ 一升餅 工夫 受診タイミング 夜間断乳 改善 アイテム 入園前 おなか 夏服コーデ 便秘 叱り方 予防 骨盤ベルトの効果 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの基礎知識 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 子どもの日焼け対策 子どもの日焼け止めクリーム おっぱい 安全対策 しこり 乳がん 違い 乳腺炎 おすすめ マザーバッグ 嫌がる 日焼け対策用の帽子 おしゃれ 乳幼児 予防注射 幼児期 風邪 後期 取り分け 由来 お祝い 七五三 動物園 予防接種 おむつ 爪切り 寝返り ケーキ ハンドリガード 産後 ヘルスケア 幼児食 ベビーチェア ベビーベット プレイマット 種類 チャイルドシート 温泉 ベビー布団 メリット・デメリット お昼寝マット 安産祈願 戌の日 妊娠線 妊娠線予防クリーム マタニティパジャマ 頭の形 生後6カ月 生後2カ月 ベビーカー 卒乳 めやに つかまり立ち 暖房 妊娠初期 幼稚園 妊婦健診 飲み物 症状 ぬいぐるみ ベビーサイン ハイハイ 歩行器 寝相 乳児検診 母乳 安定期 ガルガル期 おむつアート よだれかけ スタイ テレビ おやつ ベビーマッサージ マナー 日焼け ブランケット カーディガン こどもの日 適切温度 日焼け止め 年齢別 鼻吸い器 夏風邪 鼻水 ファーストシューズ サイズ確認 コーディネイト 結婚式 ソフロロジー 豆腐 家族写真 子連れ 海外旅行 呼吸法 梅雨 予防対策 生活音 騒音対策 アパート 乾燥 コーヒー 身長 体重 授乳 日本風 抱っこ紐 液体ミルク 授乳ケープ 内祝い 母乳パッド スリーパー フォローアップミルク インフルエンザ 祝い方 ハーフバースデー 赤ちゃん用スプーン 日除け 暑さ対策 カフェイン 帽子 お食事エプロン マグカップ b型ベビーカー アウトドア 離乳食セット 虫刺され

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!