1. MIMI STAGEトップ
  2. ファッション
  3. 赤ちゃんにはどんな服装をさせればいい?気温別に解説

ファッション

赤ちゃんにはどんな服装をさせればいい?気温別に解説

赤ちゃんは「暑い」「寒い」といった意思表示もできない上、体温を調節する機能が未熟なので、服装選びには気をつかいますよね。今回は、赤ちゃんの服装選びのポイントを気温別に紹介します。以下の内容を参考に、パパやママが季節や気温にあわせて、赤ちゃんが快適に過ごせる服を選んであげましょう。

【冬】2~15度くらいのときの赤ちゃんの服装

冬の空調が入った室内であれば、保温性のある綿肌着に、ツーウェイオールやカバーオールを組み合わせると良いでしょう。ウールやアクリルを使った肌着なら暖かく、肌触りがやわらかいので、赤ちゃんも快適に過ごせます。また、厚手の服を1枚で着せるより、薄手のものを重ね着したほうが調節もしやすい上、空気の層がふえるため暖かく過ごせるでしょう。

汗が原因で赤ちゃんが風邪をひくこともあるので、着せ過ぎに注意してください。とくに体を活発に動かす生後3~4ヶ月以降は、必要以上に厚着をさせる必要はありません。

冬に外出するときは、暖かい素材のアウターを1枚プラスして、必要に応じておくるみで保温すると良いでしょう。レギンスやレッグウォーマー、ニット帽といった冬のアイテムも、寒さ対策に活用してください。

【春・秋】15~20度くらいのときの赤ちゃんの服装

春や秋は気候が安定し、赤ちゃんが過ごしやすい季節です。服装は、肌着とロンパースを組み合わせると良いでしょう。肌着には、コンビ肌着、短肌着、長下着といった種類があります。半袖・長袖の違いもあるので、月齢や気温にあわせて使い分けてください。

とはいえ、春や秋は、急な気温の変化がおきやすい季節です。基本は薄着で、赤ちゃんの様子を見ながら毛布やブランケットを使って調節しましょう。

散歩やお買い物で外出する場合は、室内にいるときよりも1枚多く着せるのがおすすめです。保温のために短肌着と長下着を重ね着させても良いですし、コンビ肌着にロンパース、アウターをプラスして組み合わせてもOK。また、ポンチョや薄手のカーディガンを携帯すると、気温にあわせて服の調節がしやすいでしょう。

【初夏】20~25度くらいのときの赤ちゃんの服装

夏のはじめは春秋と同じく、肌着とロンパースの組み合わせがおすすめです。とはいえ、梅雨時は気温の変化が激しく、寒かったり蒸し暑かったりするため、赤ちゃんの服装選びに悩みますよね。

迷ったら、気温をチェックしてください。室内なら、22℃くらいまでは薄手の長袖のベビー服で快適に過ごせるでしょう。23℃以上で蒸し暑い場合は、半袖を着せてあげてください。

外出するときは、日差しがあるなら半袖のベビー服を、曇り空や雨が降っている場合は長袖を選ぶほうが無難です。天気の他にも、気温や赤ちゃんの様子をみて、都度服を調節しましょう。薄手のおくるみやブランケットを携帯すると、紫外線対策にも使えて便利です。

【夏】25度以上のときの赤ちゃんの服装

赤ちゃんは体温を上手に調節できないため、気温25℃以上の真夏は涼しく、快適に過ごせる服を選ぶ必要があります。室内であれば、短肌着にコンビ肌着、長下着、ロンパースのいずれかを組み合わせると良いでしょう。

汗を放置すると体を冷やすため、通気性があり、汗をよく吸う素材が使われている肌着を選んでください。綿やガーゼ、フライス(リブ編み)を使った肌着がおすすめです。

夏の外出では、短肌着とカバーオールを組み合わせると良いですね。かなり暑い日は、ショートオール1枚でもOK。赤ちゃんは汗をかきやすいため、外出時は着替えを持って出掛けましょう。

赤ちゃんは熱中症を起こしやすいので、外出用につばのついた帽子を用意するのも大切です。室内では冷房も活用して、快適に過ごせる温度をキープしましょう。

まとめ

気温にあわせた服装をすれば、赤ちゃんはご機嫌で、パパやママにかわいい姿をみせてくれる事が多くなります。ぜひ快適性を重視して、毎日の服を選んであげてください。ただし、今回ご紹介した内容を参考にした場合でも、赤ちゃんが過ごしにくそうにしていれば、上記の内容に縛られず適宜調節をしてあげてください。

また、快適かどうかは暑さや寒さだけではなく、窮屈かどうかも関係します。赤ちゃんの成長は早く、あっというまに体が大きくなるため、定期的に服のサイズも見直しながら、赤ちゃんとの生活を楽しみましょう。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんにはどんな服装をさせればいい?気温別に解説

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 妊娠中 離乳食 マタニティ 子ども 生後1カ月 妊娠 乳児期 おでかけ 妊婦 出産 選び方 3歳〜 授乳中 保育園 子育て 生後3カ月 病気 食材 対策 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 イヤイヤ期 お宮参り 新生児 鼻吸い器 インフルエンザ エアコン あせも 体温計 妊娠初期 妊婦帯 服装 マザーズバッグ 入園 予防接種 保湿 妊娠中の腰痛 肌着 誕生日 グッズ メニュー 持ち物 お食い初め アレルギー 絵本 歯磨き 花粉症 水着 安全対策 おすすめ おっぱい しこり 乳腺炎 マザーバッグ 乳がん おしゃれ 予防注射 日焼け対策用の帽子 子どもの日焼け止めクリーム 子どもの日焼け対策 嫌がる 違い 幼児期 風邪 乳幼児 おむつかぶれ 夏服コーデ アウター 着回し 冷え対策 ガーゼ 骨盤ベルトの注意点 原因 尿漏れ いつから マタニティウェア 予防策 うつぶせ寝 サンダル 下痢 ベビー用品 ベビーバス 沐浴 おねしょ 骨盤ベルトの基礎知識 インプランテーションディップ 1歳~1歳半 正中線 つわり 防災グッズ 哺乳瓶 粉ミルク 風邪薬 歯科検診 グミ チョコレート 車酔い 0歳 トマト ニキビ スキンケア 叱り方 便秘 骨盤ベルトの効果 おなか 予防 肌荒れ 洋服 補助便座 おまる クーイング イベント ベビーウェア 初節句 お七夜 防寒 旅行 幼児食 ベビーチェア お昼寝マット 戌の日 安産祈願 動物園 七五三 産後 ヘルスケア 爪切り おむつ お祝い 由来 妊娠線予防クリーム 妊娠線 内祝い マナー 母乳パッド スリーパー 授乳ケープ フォローアップミルク ベビーマッサージ チャイルドシート ベビー布団 メリット・デメリット ベビーベット プレイマット 温泉 種類 ハンドリガード ケーキ 生後2カ月 ベビーカー めやに ぬいぐるみ 卒乳 生後6カ月 つかまり立ち 幼稚園 入園式 妊婦健診 症状 暖房 飲み物 ベビーサイン おむつアート 母乳 寝相 乳児検診 頭の形 寝返り マタニティパジャマ 歩行器 ハイハイ スタイ よだれかけ おやつ テレビ 安定期 ガルガル期 液体ミルク 身長 呼吸法 ソフロロジー 豆腐 海外旅行 家族写真 梅雨 騒音対策 結婚式 コーディネイト 予防対策 アパート 生活音 子連れ 取り分け 夜間断乳 入園前 受診タイミング 発熱 工夫 一升餅 アイテム 改善 リュック 後期 花見 マタニティブルー 産後うつ 時間 こどもの日 適切温度 虫刺され 離乳食セット お食事エプロン マグカップ アウトドア b型ベビーカー 授乳 体重 抱っこ紐 日本風 ハーフバースデー 祝い方 赤ちゃん用スプーン 日除け 年齢別 ファーストシューズ 日焼け止め 日焼け カーディガン ブランケット サイズ確認 鼻水 帽子 暑さ対策 カフェイン コーヒー 夏風邪 乾燥

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!