• 西松屋公式アカウント
  • LINE
  • インスタグラム
  1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 4歳以上
  4. 食べ物・飲み物のお話
  5. 幼児におすすめの飲み物・気を付けるべき飲み物とは

食べ物・飲み物のお話

幼児におすすめの飲み物・気を付けるべき飲み物とは

離乳食を卒業して食べられるものが大幅に増える幼児期ですが、意外と迷ってしまうのが飲み物です。さまざまな飲み物が販売されており、なかには子ども用と表記されたものもあります。ただ、実際に飲ませても良いか不安に思うママ・パパも多いのではないでしょうか。

今回は、幼児期におすすめの飲み物と、注意したい飲み物などについて解説します。

幼児におすすめの飲み物

水は塩分や糖分の心配がなく、純粋に水分補給として好きなだけ飲ませられます。コップの使い方に慣れていなくてこぼしてしまっても、べたつきがないのでお掃除しやすいのもメリットです。

子どもが水を嫌がらずに飲んでくれる家庭なら、毎回お茶を作る手間が省けるので家事がより楽になります。また、水は外出先でも手に入れやすいので、自宅からお茶の入った水筒を持っていく手間もかかりません。

ただし、さまざまな味や香りがついたフレーバーウォーターには注意しましょう。見た目が透明でも、商品のなかにはカロリーや糖分が含まれているものもあります。市販品を買う際は、裏面の栄養成分表示を確認するようにしてください。

お茶

お茶も幼児期に適した飲み物ですが、カフェインが含まれていないお茶を選ぶようにしましょう。具体的には、ルイボスティー・麦茶・コーン茶などです。一方で、ウーロン茶や玄米茶、ほうじ茶などにはカフェインが含まれているので避けましょう。

幼児がカフェインを摂り過ぎると、睡眠不足になったり、脳細胞の発達に影響が及んだりすることがあります。身体に悪い影響が起こる可能性もあるので、お茶を飲ませるときには種類を意識して選んでみてください。

幼児が気を付けた方が良い飲み物

牛乳

牛乳はカルシウムが豊富で、ほかにもさまざまな栄養素がバランス良く含まれています。栄養満点で飲ませたいと考えているママ・パパもいると思いますが、たくさん飲ませるのは避けましょう。

牛乳には脂肪分もしっかり含まれているため満腹感を得やすく、その後の食事をしっかり食べられなくなることがあります。幼児に牛乳を飲ませる場合は、1日100ml程度が適量です。

野菜、果汁ジュース

野菜や果汁を使ったジュースは、糖分がたくさん入っているので注意しましょう。ジュースの飲み過ぎは肥満や虫歯につながりやすく、口の中の環境が悪くなるおそれもあります。ジュース類はしっかりとした甘みと飲みごたえが特徴なので、飲んだ後にお腹が空かないのもデメリットです。

普段の食事で野菜を食べない子の場合、飲みやすいジュースで栄養を摂りたいと思いがちですが子どもの成長や味覚の形成を考えると、やはり野菜や果物そのものを食べることが大切です。

兄弟姉妹との兼ね合いなどでどうしても飲ませたいときは、「食事の前に飲まない」「小さな紙パックを1日1個まで」など、親子でルールを決めて飲むようにしましょう。

スポーツドリンク、イオン飲料

スポーツドリンクやイオン飲料も注意が必要です。ジュースと同じく糖分がたくさん入っているため、飲み過ぎると虫歯につながることもあります。

近年の研究では、スポーツドリンクの飲み過ぎはビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性があることも分かってきました。体内で糖分を分解するためにビタミンB1が必要となりますが、糖分を多く含むスポーツドリンクを飲み過ぎているとビタミンB1の消耗が激しくなるとされています。

ビタミンB1が不足すると、まれに脚気や脳症といった重大なトラブルが起こることもあります。重症化するのは、1日あたり12Lなど極端な量を続けて摂取した場合ですが、水の代わりに飲ませているとリスクが高くなることは否定できません。

スポーツドリンクは医師に指示されたとき以外は飲まなくて良いものです。気温が高い夏場であっても、ほかの飲み物をしっかり飲めていれば問題ないといえます。

幼児がNGな飲み物

幼児期に飲ませない方が良い飲み物は、コーヒーや紅茶、エナジードリンクなどカフェインを含む飲み物です。幼児期はまだまだ消化機能や肝臓・腎臓などの機能が未熟なので、カフェイン入りの飲み物を飲ませていると身体に負担がかかってしまいます。

カフェインを多く含む飲み物は、体質によっては大人でも体調を崩すことがあります。刺激が強く、幼児期に必要な飲み物ではないので、あえて飲ませる必要はありません。

まとめ

幼児期でも安心して飲めるのは水とノンカフェインのお茶類です。牛乳や野菜ジュースなど、一見栄養が多くて身体に良さそうな飲み物も、飲む量によっては子どもの成長や健康を損なうおそれがあるので注意しましょう。

コーヒーや紅茶、エナジードリンクなど、カフェインを多く含む飲み物は幼児期には不向きです。幼児期に適した飲み物を選び、しっかり水分補給できるように気を配ってあげましょう。

お近くの店舗はこちら

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

キーワード検索

気になるキーワード

1歳未満 赤ちゃん 妊娠中 1~3歳 離乳食 4歳以上 マタニティ 子ども 妊娠 妊婦 生後1カ月 おでかけ 保育園 乳児期 選び方 産後 出産 1~3歳以上 子育て 食材 対策 夜泣き 授乳中 幼稚園 妊娠初期 服装 新生児 出産準備 飲み物 母乳 育休 イヤイヤ期 ベビーウェア 暑さ対策 家族写真 あせも エアコン 適切温度 習い事 予防接種 産休 お祝い ケーキ 生後3カ月 ベビーカー 症状 持ち物 おむつ お昼寝 改善 花粉症 メニュー お七夜 お宮参り お食い初め 初節句 グッズ 抱っこ スキンケア お肌 絵本 誕生日 視力 感染症 マスク お風呂 嫌がる うんち 髪の毛 体温 骨盤ベルトの効果 妊娠中の腰痛 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの基礎知識 こども アレルギー 栄養素 しぐさ 保存 予防 虫よけ 鼻づまり 双胎妊娠 おしゃれ 便秘 乳腺炎 乳がん しこり おっぱい 水着 安全対策 おすすめ マザーバッグ 幼児期 反抗期 風邪 双子 うなぎ 乳幼児 抜け毛 予防注射 野菜 インプランテーションディップ 陣痛バッグ クーイング 補助便座 おまる トマト 0歳 防災グッズ 正中線 骨盤矯正 違い 哺乳瓶 粉ミルク グミ チョコレート 車酔い 歯科検診 風邪薬 1歳~1歳半 室温 ストレッチ イベント 叱り方 口臭 ニキビ 子離れ 音楽 肌荒れ 胎教 数字 お座り 肌着 名前 ほっぺ 病院 検査薬 帝王切開 臨月 洋服 おねしょ 夏服コーデ サンダル メリット・デメリット ヨーグルト 妊婦帯 水通し 妊娠線 妊娠線予防クリーム 練習 くしゃみ 戌の日 赤ちゃん.歯固め お昼寝マット 生活リズム ベビーチェア 就寝 幼児食 安産祈願 パジャマ ベビー布団 プレイマット 祝い方 日本風 抱っこ紐 授乳 液体ミルク フォローアップミルク インフルエンザ ベビーベット 病気 母乳パッド 内祝い マナー ベビーマッサージ チャイルドシート 温泉 スリーパー ハーフバースデー 動物園 由来 ガルガル期 テレビ おやつ スタイ よだれかけ おむつアート ベビーサイン 安定期 ぬいぐるみ 生後2カ月 生後6カ月 つかまり立ち 暖房 妊婦健診 入園 卒乳 七五三 ハイハイ 寝相 ベビーシャワー 産後クライシス 爪切り ワンオペ育児 さつまいも 歩行器 ハンドリガード 迷子 教育 偏食 マタニティパジャマ 頭の形 乳児検診 しつけ うつぶせ寝 アウトドア 虫刺され 寝かしつけ 人見知り ガーゼ 面接 歯磨き おしゃぶり 尿漏れ 冷え対策 原因 工夫 一升餅 発熱 受診タイミング トイレトレーニング 夜間断乳 防寒 入園前 マイナンバー 離乳食食器 下痢 粘土 おむつかぶれ 遊ぶ 沐浴 飛行機 アウター ベビーバス ベビー用品 マタニティウェア いつから 外食 着回し たんこぶ アイテム マタニティブルー 日焼け 日焼け止め 年齢別 ファーストシューズ サイズ確認 鼻水 保湿 ブランケット コーヒー 帽子 日除け 赤ちゃん用スプーン お食事エプロン マグカップ 離乳食セット カフェイン 産後うつ カーディガン コーディネイト 花見 後期 取り分け 子連れ 海外旅行 豆腐 こどもの日 ソフロロジー 梅雨 騒音対策 アパート 生活音 予防対策 結婚式 呼吸法 入園式

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!