1. MIMI STAGEトップ
  2. イベント
  3. 保育園でお弁当が必要になる場面はいつ?どんなメニューが最適か年齢別に紹介

イベント

保育園でお弁当が必要になる場面はいつ?どんなメニューが最適か年齢別に紹介

保育園では給食が提供されるところが多いものの、施設によってはお弁当持参というところもあります。また、普段は給食でもお弁当を用意する必要がある日もあり、なにを作るべきかと悩むママ・パパも多いでしょう。今回は、保育園通いでお弁当づくりが必要になる場面と、おすすめのお弁当メニューについて年齢別にご紹介します。

保育園でお弁当が必要になる場面は?

保育園にお弁当が必要かどうかは、保育園によって異なります。認可保育園では給食の提供が義務化されていますが、認可外保育園だと施設によってはお弁当を持参しなければなりません

また、認可保育園でもお弁当が必要なケースもあります。「食育」を推進するためにお弁当の日が設けられていたり、遠足などのイベント時にお弁当を持参したりなど、お弁当が必要になることがあります。

保育園に通う子どものお弁当にはなにを入れれば良い?

保育園に通う子どものためにお弁当を用意する場合、「なにを入れたら良いのだろう」と迷うママ・パパもいるのではないでしょうか。

子どもの年齢によってお弁当の内容や量は異なるので、1~6歳までの子どものお弁当づくりのポイントとメニュー例を年齢別に紹介します。

1~2歳

お弁当のサイズは、容量270~280ml程度が目安です。箸はもちろん、フォークなどを使って上手に食べるのも難しい年齢なので、お弁当には手づかみでも食べやすいものを用意してあげましょう

【メニュー例】

・おにぎり
・卵焼き
・チキンナゲット

おにぎりは一口サイズにし、卵焼きやチキンナゲットなどのおかずも半分に切るなどして、子どもが食べやすいサイズにするのがおすすめです。また、色鮮やかにするなど、お弁当を華やかな見た目にしてあげるのも良いでしょう。注意点として、お弁当用ピックなどは事故につながることがあるので、使用は控えましょう。

3~4歳

お弁当のサイズは、容量300~450ml程度が目安です。3~4歳ごろは、しっかりとご飯を食べられるようになる年齢となります。まずは子どもがお弁当の時間を楽しめるように、好きなものを優先的に詰めてあげることがポイントです。

【メニュー例】

・おにぎり
・から揚げ
・ミートボール
・ウインナー
・ハンバーグ

ウインナーはタコの形にしたりしてお弁当に入れると、楽しんで食事をすることができます。また、から揚げやハンバーグも子どもが食べやすい小さめサイズにして入れてあげましょう。

5~6歳

お弁当のサイズは、容量450~500ml程度が目安です。この年齢になると、箸を使って上手に食べられるようになり、好き嫌いもはっきりしてきます。栄養バランスを考えて、好きなものだけでなくピーマンやニンジンといった子どもが苦手なものも入れるようにしてみましょう

【メニュー例】

・白ご飯もしくはふりかけご飯
・肉巻き
・魚のムニエル
・玉ねぎとピーマンのカレー炒め

子どもが大好きな肉だけでなく、魚や野菜などもプラスして、栄養バランスの良いお弁当にするのがおすすめです。お弁当ピックを使ったりして子どもが楽しく食べられるような工夫をすると、苦手なものも食べやすくなるでしょう。

保育園へ持っていくお弁当の注意点

保育園へお弁当を持っていく際は、以下の点に気をつけましょう。

衛生面に注意

お弁当で注意したいのが、食中毒です。梅雨~夏の時期は食中毒が起きやすいので、特に衛生面に気を配ってください。料理前はきちんと手を洗う、おにぎりはラップで包んでから握る、おかずは中までしっかりと加熱して冷ますといったことを徹底しましょう。また、抗菌シートや保冷剤などを活用するのもおすすめです。

量やサイズに注意

子どもが食べきれる量、食べやすいサイズのお弁当にしましょう。あれもこれもと詰め込むと、お弁当の量が多くなり、食べきるのが難しくなります。

また、サイズが大きいものは食べにくいですし、子どもが喉に詰まらせてしまうことがあるため注意が必要です。小さめにカットするなどして、子どもが食べやすい大きさにしましょう。

保育園のルールを守る

保育園によっては、キャラクター弁当禁止、ピックやバランの使用禁止などルールが決められていることがあります。また、お弁当箱や箸の種類やデザインについても細かな決まりがあるところもあるでしょう。あらかじめ確認して、保育園のルールに沿ったお弁当を持たせることが大切です。

まとめ

保育園のお弁当は、子どもの年齢によってふさわしい量・内容が異なります。お弁当を用意する必要がある場合は、この記事で紹介した内容を参考に、お子さまの年齢に合ったものを用意してみてください。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

保育園でお弁当が必要になる場面はいつ?どんなメニューが最適か年齢別に紹介

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 妊娠中 赤ちゃん 離乳食 マタニティ 生後1カ月 乳児期 おでかけ 妊娠 3歳〜 妊婦 出産 保育園 病気 生後3カ月 授乳中 選び方 対策 子育て 食材 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 子ども 新生児 イヤイヤ期 保湿 あせも マザーズバッグ 体温計 妊婦帯 絵本 入園 エアコン 誕生日 お食い初め 歯磨き メニュー お宮参り アレルギー 肌着 水着 妊娠中の腰痛 アウター 冷え対策 ガーゼ 着回し 尿漏れ 原因 ベビーバス いつから 下痢 サンダル 予防策 おむつかぶれ 沐浴 マタニティウェア ベビー用品 防寒 発熱 旅行 マタニティブルー 時間 花見 持ち物 うつぶせ寝 リュック 花粉症 産後うつ 一升餅 工夫 受診タイミング 夜間断乳 改善 アイテム 入園前 おなか 夏服コーデ 便秘 叱り方 予防 骨盤ベルトの効果 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの基礎知識 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 子どもの日焼け対策 子どもの日焼け止めクリーム おっぱい 安全対策 しこり 乳がん 違い 乳腺炎 おすすめ マザーバッグ 嫌がる 日焼け対策用の帽子 おしゃれ 乳幼児 予防注射 幼児期 風邪 後期 取り分け 由来 お祝い 七五三 動物園 予防接種 おむつ 爪切り 寝返り ケーキ ハンドリガード 産後 ヘルスケア 幼児食 ベビーチェア ベビーベット プレイマット 種類 チャイルドシート 温泉 ベビー布団 メリット・デメリット お昼寝マット 安産祈願 戌の日 妊娠線 妊娠線予防クリーム マタニティパジャマ 頭の形 生後6カ月 生後2カ月 ベビーカー 卒乳 めやに つかまり立ち 暖房 妊娠初期 幼稚園 妊婦健診 飲み物 症状 ぬいぐるみ ベビーサイン ハイハイ 歩行器 寝相 乳児検診 母乳 安定期 ガルガル期 おむつアート よだれかけ スタイ テレビ おやつ ベビーマッサージ マナー 日焼け ブランケット カーディガン こどもの日 適切温度 日焼け止め 年齢別 鼻吸い器 夏風邪 鼻水 ファーストシューズ サイズ確認 コーディネイト 結婚式 ソフロロジー 豆腐 家族写真 子連れ 海外旅行 呼吸法 梅雨 予防対策 生活音 騒音対策 アパート 乾燥 コーヒー 身長 体重 授乳 日本風 抱っこ紐 液体ミルク 授乳ケープ 内祝い 母乳パッド スリーパー フォローアップミルク インフルエンザ 祝い方 ハーフバースデー 赤ちゃん用スプーン 日除け 暑さ対策 カフェイン 帽子 お食事エプロン マグカップ b型ベビーカー アウトドア 離乳食セット 虫刺され

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!