1. MIMI STAGEトップ
  2. イベント
  3. 赤ちゃんのプールはいつからOK?プール遊びの注意点も解説

イベント

赤ちゃんのプールはいつからOK?プール遊びの注意点も解説

暑い時期、涼を取るのにぴったりなプール遊びですが、実はプール遊びの効果はそれだけではありません。ほかにも、入水することで五感を刺激したりバランス感覚を養ったりとさまざまな影響を与えてくれるので、夏はぜひプール遊びを取り入れてみてください。とはいえ、まだ幼い赤ちゃんをプールに入れるのはいろいろと心配事もあるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんのプール遊びはいつからOKなのか、また、プールで遊ぶ際の注意点を解説します。

プール遊びは月齢と場所を考える必要がある

まずは、プール遊びのシーンごとに開始適齢の目安を紹介します。

自宅のビニールプールは4ヶ月過ぎから

自宅のビニールプールで水遊びをする場合は、4ヶ月が過ぎたころからOKです。ママ・パパがしっかりと支えてあげながら、手や足に水をかけて遊んであげましょう。

お座りが上手にできるようになれば、水遊びの幅もより広がります。ジョウロやコップ、水遊び用のおもちゃなどを活用して、いろいろな遊びを一緒に楽しんでください。

なお、水量は「赤ちゃんが座って腰ぐらいまで」を目安にするのがベストです。少しの水量でも十分に楽しめるので、水を多く入れる必要はありません。

公共のプールは2歳頃からがベター

自宅のビニールプールは4ヶ月が過ぎたころからOKと前述しましたが、公共のプールの場合は安全面や衛生面を考慮して2歳頃からスタートするのがベターです。周囲に配慮するためにも、おしっこの間隔があいてからデビューするようにしましょう。

施設によってはおむつが外れていない赤ちゃんの利用は禁止されている場合もあるので、利用する前に確認しておくことをおすすめします。

公共のプールでは水遊びパンツをはかせるのがマナー

公共のプールでは、周囲に配慮して水遊び用のパンツをはかせるようにしましょう。

なお、紙おむつを水遊びパンツの代用にしてしまうと、中のポリマーが水を吸収してパンパンに膨らんでしまいます。万が一破れてしまったら、プールにポリマーが流れ出てしまうので着用させないようにしましょう。

赤ちゃんがプールにはいるときのチェック項目

赤ちゃんをプールに入れる前には、次のことをチェックしましょう。

気温は28℃以上、水温は26~30℃が目安

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、体を冷やしすぎないためにも気温と水温には注意を払わなくてはいけません。気温は28℃以上、水温は26~30℃を目安にしてプール遊びをするようにしましょう。

また、風が体の熱を奪うこともあるので、風の強い日は避けるなど天候をみながらプール遊びを行ってください。

赤ちゃんの体調、機嫌が悪いときは避ける

プール遊びをする前には、赤ちゃんの体調や機嫌をしっかりとチェックしましょう。そして、コンディションが悪いと思ったときは、迷わず避けるようにしてください。

「せっかく準備をしたから」、「今日はプール遊びをすると決めていたから」といって大人の都合で赤ちゃんに無理をさせてはいけません。赤ちゃんがプールを嫌がったら無理に入れないようにしましょう。

赤ちゃんとプール遊びをするときの注意点

赤ちゃんとのプール遊びでは注意したいポイントがいくつかあります。安全に楽しく遊ぶために確認しておきましょう。

紫外線対策は万全にする

赤ちゃんのお肌は非常にデリケートです。少し日に当たっただけでも赤くなることがあるので、プール遊びをするときは紫外線対策をしっかりとするようにしましょう

直射日光の当たる場所でのプール遊びは避ける、日焼け止めや帽子、ラッシュガードなどの紫外線防止グッズを活用する、簡易テントを使うといった対策がおすすめです。

目と手を離さない

赤ちゃんは数センチの水深でも、おぼれるリスクがあります。一人で上手にお座りができるようになったとしても、絶対に目を離さないようにしましょう。また、歩けるようになった子どもは転倒などの危険がありますので、手を離さないようにしてください。

長時間のプール遊びは避けてこまめに休憩を挟む

遊んでいる間も体調チェックはこまめに行いましょう。4~6ヶ月では15分、7~11ヶ月は30分、1歳過ぎでも1時間弱で切り上げるのがベストです。15分に1回のペースで、日陰で休憩するように心がけましょう。

まとめ

赤ちゃんとのプール遊びは、シーンに合わせて適齢時期からスタートするのがおすすめです。公共のプールを利用するときはルールを守り、周囲にも気を配って遊ぶようにしましょう。

また、小さいうちのプール遊びは、注意しなければいけないこともたくさんあります。今回紹介したことに気を付けて、無理なくプール遊びを楽しんでください。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんのプールはいつからOK?プール遊びの注意点も解説

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 赤ちゃん 妊娠中 離乳食 マタニティ 生後1カ月 乳児期 妊娠 おでかけ 出産 3歳〜 妊婦 選び方 子育て 子ども 保育園 生後3カ月 病気 対策 授乳中 食材 夜泣き お宮参り お昼寝 トイレトレーニング 新生児 イヤイヤ期 保湿 エアコン マザーズバッグ 入園 体温計 絵本 妊婦帯 あせも 誕生日 お食い初め 歯磨き メニュー グッズ アレルギー 肌着 水着 妊娠中の腰痛 冷え対策 アウター ガーゼ 着回し 尿漏れ 原因 ベビー用品 いつから 下痢 サンダル おむつかぶれ 沐浴 マタニティウェア 防寒 ベビーバス 受診タイミング 旅行 マタニティブルー 時間 花見 持ち物 予防策 リュック 花粉症 産後うつ 一升餅 工夫 発熱 夜間断乳 改善 アイテム 入園前 おなか うつぶせ寝 予防 便秘 骨盤ベルトの効果 骨盤ベルトの基礎知識 子どもの日焼け対策 骨盤ベルトの注意点 叱り方 ニキビ お七夜 イベント 初節句 ベビーウェア スキンケア 肌荒れ 洋服 子どもの日焼け止めクリーム 日焼け対策用の帽子 しこり おっぱい 乳がん 乳腺炎 夏服コーデ 違い 安全対策 おすすめ おしゃれ 嫌がる 乳幼児 風邪 マザーバッグ 予防注射 幼児期 後期 取り分け おむつ 由来 お祝い 予防接種 七五三 爪切り 産後 マタニティパジャマ 寝返り ケーキ ヘルスケア ハンドリガード 動物園 幼児食 ベビー布団 ベビーベット プレイマット 温泉 種類 メリット・デメリット 妊娠線 ベビーチェア お昼寝マット 安産祈願 妊娠線予防クリーム 戌の日 頭の形 乳児検診 つかまり立ち 生後6カ月 生後2カ月 めやに ベビーカー 暖房 飲み物 服装 妊娠初期 幼稚園 症状 妊婦健診 卒乳 ぬいぐるみ 安定期 ハイハイ 歩行器 母乳 寝相 ガルガル期 テレビ ベビーサイン おむつアート よだれかけ おやつ スタイ チャイルドシート ベビーマッサージ 日焼け ブランケット カーディガン こどもの日 適切温度 日焼け止め 年齢別 鼻吸い器 夏風邪 鼻水 ファーストシューズ サイズ確認 コーディネイト 結婚式 ソフロロジー 豆腐 家族写真 子連れ 海外旅行 呼吸法 梅雨 予防対策 生活音 騒音対策 アパート 乾燥 コーヒー 液体ミルク 身長 体重 抱っこ紐 授乳 授乳ケープ フォローアップミルク マナー 内祝い 母乳パッド インフルエンザ スリーパー 日本風 祝い方 赤ちゃん用スプーン 日除け 暑さ対策 カフェイン 帽子 お食事エプロン マグカップ b型ベビーカー ハーフバースデー アウトドア 離乳食セット 虫刺され

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!