• 西松屋公式アカウント
  • LINE
  • インスタグラム
  1. MIMI STAGEトップ
  2. イベント
  3. 1歳頃までのイベント
  4. ならわしのお話
  5. お七夜はいつすべき?お祝いの仕方やマナーも紹介

ならわしのお話

お七夜はいつすべき?お祝いの仕方やマナーも紹介

赤ちゃんの誕生や成長をお祝いする行事はさまざまあります。赤ちゃんが生まれてから最初に行う行事は、「お七夜」です。準備に困ることがないように、あらかじめお七夜の内容やマナーなどを理解しておきましょう。今回は、お七夜を行うタイミングや当日の進め方などを解説します。

お七夜とは?

お七夜とは、赤ちゃんが無事に生まれたことをお祝いする行事のことです。お七夜という名称は、赤ちゃんが生まれてから7日目の夜に祝うことが由来とされています。

昔は生活環境や栄養状態の悪さにより、赤ちゃんが生まれてすぐに亡くなることも多くありました。そのため、無事に7日目を迎えてから名前をつけることがひとつの節目となっていたのです。その際、家族や親族に赤ちゃんの名前をお披露目して無病息災を願い、誕生をお祝いしていたのがお七夜の始まりとされています。

また、出産した母親の産の忌(さんのいみ)が明けたお祝いも兼ねていたとの説もあり、母子ともに健康に過ごせたことをお祝いする日でもあります。

お七夜をするタイミングは?

お七夜は、生後7日目にお祝いするのが基本です。ここでいう「7日目」とは、生まれた日を1日目として計算します。例えば、1日に生まれた赤ちゃんのお七夜は7日に行います。ただ、必ず生後7日目に行わなければならないと厳密に決まっているわけではないので、家族や親族が集まることを考慮し、7日目に近い日にお祝いしても問題ありません

最も考慮しなければならないのが、ママ・パパや赤ちゃんの体調です。産後7日目といえば、出産したママも決して本調子とはいえないでしょう。体力的にきついと感じているママも多い一方で、ママをサポートしながら育児や仕事をしているパパも大変な時期かもしれません。

実際には、出産から2週間以上経ってお祝いする方も多くみられます。無理して7日目にイベントを行う必要はないため、ママ・パパや赤ちゃんの体調を考えて時期をずらすことも選択肢に入れましょう

お七夜では何をする?基本の流れを紹介

ここでは、お七夜の具体的な流れを解説します。

1.挨拶をする

まずは、ママ・パパから集まってくれた方々への挨拶から始まります。

長くて難しいスピーチは必要ありません。当日集まってくれたことへの感謝や、産前から出産までのサポートに対するお礼の気持ちを素直に伝えてみてください。

2.命名式をする

挨拶が終わったら、さっそくお七夜のメインともいえる命名式を行います。

お七夜の前日までに名前を決め、名前を披露するための「命名書」を用意しておくとスムーズです。当日家族や親族の前で記入したい場合は、毛筆や筆ペン、半紙なども一緒に用意しておきましょう。

通常の半紙のほか、育児用品を取り扱う店舗では「命名紙」などの品名で専用用紙を販売していることもありますイラストが入ったかわいらしいものもあるので、デザインにもこだわりたい方はチェックしてみてください。

3.食事会をする

名前を披露した後は、集まった家族や親族と一緒に食事会を行います。自分でお祝い膳を用意したり、産後間もない赤ちゃんを連れて外食したりするのは大変なので、仕出しやデリバリーを活用して自宅で行うのがおすすめです。

和食を選ぶ場合は、尾頭付きの鯛や赤飯、紅白なますなど縁起物を取り入れてみてください。そのほか、華やかなオードブルなど洋食を選んでも問題ありません。

4.手形や足形を取る

お七夜の記念に、赤ちゃんの手形や足形を取るのも恒例になってきました。最近では赤ちゃんの敏感な肌にも塗れる顔料や絵具も登場し、よりチャレンジしやすくなっています。

急に足や手に顔料を塗るとびっくりしてしまうので、赤ちゃんが寝ている間にさっと済ませましょう。寝ている間であれば、赤ちゃんが顔料をなめてしまうことも避けられるので安心です。

5.記念撮影をする

最後は記念撮影で締めます。命名書や手形・足形など、お七夜のなかで作ったアイテムと一緒に撮影するのもおすすめです。

赤ちゃんが成長した後で見返したとき、たくさんの人に愛されて生まれてきたことを伝えるきっかけにもなります。赤ちゃんの成長は早く、毎日必死で育てているうちにどんどん大きくなります。生後7日目の貴重な姿をしっかり残しておきましょう。

まとめ

お七夜は生後7日目に行うもので、赤ちゃんとママが無事に7日目を迎えられたことをお祝いする行事です。命名式や食事会、記念の手形・足形などを取りながら、赤ちゃんを囲んで楽しく過ごしましょう。

産後間もない時期なので、ママ・パパや赤ちゃんの負担にならないように計画することが重要です。お七夜を行うタイミングなども含めて、無理なくお祝いできるように工夫してみてください。

お近くの店舗はこちら

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

キーワード検索

気になるキーワード

1歳未満 赤ちゃん 妊娠中 1~3歳 離乳食 4歳以上 マタニティ 妊娠 子ども 妊婦 生後1カ月 選び方 出産 おでかけ 乳児期 保育園 子育て 産後 1~3歳以上 授乳中 幼稚園 服装 夜泣き 新生児 食材 対策 暑さ対策 出産準備 イヤイヤ期 ベビーウェア あせも 産休 育休 予防接種 エアコン お祝い ベビーカー おむつ 妊娠初期 家族写真 症状 飲み物 ケーキ 生後3カ月 母乳 適切温度 初節句 お宮参り お食い初め グッズ 持ち物 メニュー お七夜 花粉症 誕生日 お昼寝 改善 絵本 お肌 スキンケア 抱っこ 視力 体温 虫よけ 嫌がる 髪の毛 マスク お風呂 うんち しぐさ 妊娠中の腰痛 保存 予防 便秘 感染症 栄養素 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの基礎知識 こども 骨盤ベルトの効果 双子 アレルギー おすすめ マザーバッグ 予防注射 安全対策 水着 野菜 しこり おっぱい 幼児期 反抗期 おしゃれ 鼻づまり 抜け毛 乳幼児 風邪 双胎妊娠 うなぎ おねしょ 室温 0歳 防災グッズ トマト おまる 骨盤矯正 クーイング 補助便座 正中線 インプランテーションディップ 車酔い 歯科検診 風邪薬 チョコレート グミ 1歳~1歳半 哺乳瓶 粉ミルク ストレッチ 数字 子離れ 音楽 肌荒れ ニキビ 陣痛バッグ 叱り方 口臭 胎教 お座り 帝王切開 臨月 イベント 検査薬 病院 洋服 肌着 名前 ほっぺ 乳がん 乳腺炎 くしゃみ メリット・デメリット ベビー布団 ベビーベット チャイルドシート 温泉 プレイマット ヨーグルト 妊婦帯 戌の日 安産祈願 練習 妊娠線予防クリーム 水通し 妊娠線 習い事 ベビーマッサージ マナー 祝い方 日本風 ハーフバースデー アウトドア 離乳食セット 虫刺され 抱っこ紐 授乳 母乳パッド 内祝い スリーパー 病気 液体ミルク フォローアップミルク インフルエンザ 赤ちゃん.歯固め お昼寝マット おむつアート ベビーサイン よだれかけ スタイ ガルガル期 テレビ おやつ ぬいぐるみ 卒乳 入園 入園式 妊婦健診 暖房 生後2カ月 生後6カ月 つかまり立ち 安定期 ハイハイ 動物園 七五三 パジャマ 幼児食 生活リズム ベビーチェア 就寝 由来 ベビーシャワー 乳児検診 寝相 歩行器 頭の形 マタニティパジャマ 産後クライシス 爪切り ハンドリガード マグカップ お食事エプロン 人見知り ガーゼ 寝かしつけ 冷え対策 アウター マイナンバー 面接 歯磨き 一升餅 発熱 工夫 防寒 おしゃぶり 尿漏れ 原因 着回し 外食 下痢 粘土 離乳食食器 サンダル 違い 夏服コーデ うつぶせ寝 おむつかぶれ 遊ぶ マタニティウェア いつから ベビー用品 たんこぶ 沐浴 飛行機 ベビーバス 受診タイミング トイレトレーニング 日焼け止め 年齢別 日焼け ブランケット コーディネイト こどもの日 カーディガン ファーストシューズ サイズ確認 日除け 赤ちゃん用スプーン 帽子 カフェイン 鼻水 保湿 コーヒー 結婚式 予防対策 花見 後期 マタニティブルー 産後うつ 夜間断乳 入園前 アイテム 取り分け 子連れ 騒音対策 アパート 生活音 梅雨 呼吸法 海外旅行 豆腐 ソフロロジー

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!