1. MIMI STAGEトップ
  2. ヘルスケア
  3. 赤ちゃんの視力ってどれくらい?視力を守るために注意すべき点

ヘルスケア

赤ちゃんの視力ってどれくらい?視力を守るために注意すべき点

じっとどこかを見つめているなど、赤ちゃんの視線は何となくぼんやりした印象を受けるものです。「どれくらい見えているのかな?」と気になるママ・パパも多いでしょう。今回は、赤ちゃんの視力や視力を守るために注意したいことについて解説します。

赤ちゃんの視力はどれくらい?

新生児の視力は0.01~0.02くらいで、ほとんど見えていないといわれています。認識できる色も白、黒、グレーの3色だけです。

約18~30cm程度の距離にピントが合いやすいので、授乳中のママ・パパの目の色はぼんやりと見えているかもしれません。光は感じ取れるため、眩しいと目を閉じるなどの反応があるでしょう。

新生児の目がほとんど見えない状態である理由は、暗いお腹のなかから明るい外に出てきたときの光の刺激によって、脳や目にダメージを受けないようにするためだと考えられています。

赤ちゃんの視力は何歳から上がる?

赤ちゃんの視力は、月齢が上がるにつれて少しずつ上がっていきます。発達には個人差があるので一概にはいえませんが、何ヶ月でどの程度の視力になるのか、目安を知っておきましょう。

生後3~4ヶ月ごろ

生まれたばかりのころは0.01~0.02くらいだった赤ちゃんの視力も、生後3~4ヶ月ごろになると0.04~0.08程度まで上がるといわれています。動くものを目で追ったり、気になるものに視線を送ったりできるようになるのもこのころです。

赤、青、黄色などの色も認識できるようになるので、カラフルな色のおもちゃや「いないいないばあ」などの視覚を使った遊びで喜ぶようになります。

生後6ヶ月~8ヶ月ごろ

生後6ヶ月~8ヶ月ごろになると、赤ちゃんの視力は0.1程度まで上がります。視力がグッと発達して立体視ができるようになってくるので、上下左右や奥行、距離などを把握し始めるでしょう。

人の顔の区別もつくようになるので、人見知りが始まることがあります。自分の顔を鏡で見せてみたり、かくれんぼをしたりすると楽しんでくれるでしょう。

1歳ごろ

1歳ぐらいになると視力が0.2~0.25程度まで上がり、ピントをしっかり合わせられるようになってくると考えられています。

つかまり立ちなどで移動できるようになる子が増える時期でもあるので、外遊びやねんどなどを使った遊びなど視覚だけでない、五感すべてを刺激するような遊びがおすすめです。

2歳ごろ

2歳ごろには、視力が0.5~0.6程度まで上がるといわれています。両目で見る能力が上がり、遠近感や立体感が認識できるようになるため、行動範囲が広がるでしょう。

そして、3歳くらいになると視力は0.8~1.0程度に、小学校入学前後の6~7歳ごろに両目で見る機能が完成します。

赤ちゃんの視力を守るために注意すべきこと

ここまで解説したとおり、赤ちゃんはほとんど目が見えていない状態から、成長とともに少しずつ視力が発達してしっかりと物が見えるようになっていきます。健やかな視力の発達を阻害しないためにも、日常生活で注意すべきことを知っておきましょう。

たとえば、長時間紫外線にあたり続けると、目がダメージを受ける可能性があります。紫外線が強い季節に外出する際は、帽子をかぶせたりベビーカーに日よけをつけたりなどして、紫外線からガードしてあげましょう。

また、テレビやスマートフォンを近距離で見すぎると、寄り目(内斜視)になったり発達に影響が出たりするおそれがあります。家事をする間だけ見せる程度であれば問題ありませんが、何時間も画面を見せ続けるのは避けたほうが良いでしょう。

かわいい我が子の写真をたくさん残しておきたいと、こまめに撮影する方は多いと思いますが、フラッシュやライトの使用にも注意が必要です。

フラッシュやライトを使ったからといって、すぐに視力に悪影響が出るわけではありません。しかし、赤ちゃんのデリケートな目には良くないので、頻繁にフラッシュやライトを使用したり目に光が入ったりしないようにしましょう。

まとめ

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は0.01~0.02程度で、認識できる色も少なく、ほとんど見えていません。月齢が上がるとともに視力も発達し、少しずつはっきり見えるようになっていきます。

赤ちゃんの視力が健やかに発達するよう、紫外線やテレビの画面、フラッシュ撮影などはできるだけ避けるようにしましょう。

もともとあまり目が見えていない赤ちゃんは、自分の視力に問題があっても気づけません。日頃から赤ちゃんの視線などを意識して、気になることがあれば早めに医師に相談するなど対応をしてあげましょう。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんの視力ってどれくらい?視力を守るために注意すべき点

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 妊娠中 赤ちゃん 離乳食 マタニティ 生後1カ月 乳児期 おでかけ 妊娠 3歳〜 妊婦 出産 保育園 病気 生後3カ月 授乳中 選び方 対策 子育て 食材 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 子ども 新生児 イヤイヤ期 保湿 あせも マザーズバッグ 体温計 妊婦帯 絵本 入園 エアコン 誕生日 お食い初め 歯磨き メニュー お宮参り アレルギー 肌着 水着 妊娠中の腰痛 アウター 冷え対策 ガーゼ 着回し 尿漏れ 原因 ベビーバス いつから 下痢 サンダル 予防策 おむつかぶれ 沐浴 マタニティウェア ベビー用品 防寒 発熱 旅行 マタニティブルー 時間 花見 持ち物 うつぶせ寝 リュック 花粉症 産後うつ 一升餅 工夫 受診タイミング 夜間断乳 改善 アイテム 入園前 おなか 夏服コーデ 便秘 叱り方 予防 骨盤ベルトの効果 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの基礎知識 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 子どもの日焼け対策 子どもの日焼け止めクリーム おっぱい 安全対策 しこり 乳がん 違い 乳腺炎 おすすめ マザーバッグ 嫌がる 日焼け対策用の帽子 おしゃれ 乳幼児 予防注射 幼児期 風邪 後期 取り分け 由来 お祝い 七五三 動物園 予防接種 おむつ 爪切り 寝返り ケーキ ハンドリガード 産後 ヘルスケア 幼児食 ベビーチェア ベビーベット プレイマット 種類 チャイルドシート 温泉 ベビー布団 メリット・デメリット お昼寝マット 安産祈願 戌の日 妊娠線 妊娠線予防クリーム マタニティパジャマ 頭の形 生後6カ月 生後2カ月 ベビーカー 卒乳 めやに つかまり立ち 暖房 妊娠初期 幼稚園 妊婦健診 飲み物 症状 ぬいぐるみ ベビーサイン ハイハイ 歩行器 寝相 乳児検診 母乳 安定期 ガルガル期 おむつアート よだれかけ スタイ テレビ おやつ ベビーマッサージ マナー 日焼け ブランケット カーディガン こどもの日 適切温度 日焼け止め 年齢別 鼻吸い器 夏風邪 鼻水 ファーストシューズ サイズ確認 コーディネイト 結婚式 ソフロロジー 豆腐 家族写真 子連れ 海外旅行 呼吸法 梅雨 予防対策 生活音 騒音対策 アパート 乾燥 コーヒー 身長 体重 授乳 日本風 抱っこ紐 液体ミルク 授乳ケープ 内祝い 母乳パッド スリーパー フォローアップミルク インフルエンザ 祝い方 ハーフバースデー 赤ちゃん用スプーン 日除け 暑さ対策 カフェイン 帽子 お食事エプロン マグカップ b型ベビーカー アウトドア 離乳食セット 虫刺され

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!