1. MIMI STAGEトップ
  2. ヘルスケア
  3. 夏のお出かけのお供に!子どもの暑さ対策にぴったりのグッズ

ヘルスケア

夏のお出かけのお供に!子どもの暑さ対策にぴったりのグッズ

近年、夏の猛暑日はめずらしいものではなくなりつつあります。小さな子ども達は、大人と比べて体温調節機能が未熟なため、とくに熱中症予防のための暑さ対策が欠かせません。今回は、子どもの熱中症対策におすすめのグッズや熱中症を予防するためのポイントをご紹介します。

子どもは暑さに弱い?その理由は

子どもは、体温調節機能が未熟で大量の汗をかきにくいため、大人よりも暑さに弱い傾向にあります。

大人の体内の水分量が約60%であるのに対して、子どもは70~80%程度と割合が高く、外気温の影響に左右されやすいのも理由のひとつです。

また、子どもは大人と比べて体が小さいため、アスファルトなど地面との距離が近く、照り返しを受けることで体温が上がりやすい傾向にあります。

そのため、大人以上に熱中症のリスクが高くなりやすく、外出時には暑さ対策を万全にしておくことが大切です。

子どもの暑さ対策におすすめのグッズ

ここからは、子どもの暑さ対策におすすめのグッズを紹介します。

・水筒(スポーツドリンクなど)
・冷感タオル
・冷却スプレー
・ベビーカーの日よけカバー
・ベビーカー・チャイルドシート・抱っこひも用の保冷シート
・帽子
・ハンディ扇風機
・接触冷感マスク

飲み物としてスポーツドリンクを凍らせたものを持参すれば、暑さ対策と水分補給の両方に活用することができます。

また、お出かけする際は冷却スプレーや冷感タオルを持ち歩けば、こまめに体を冷やすことができるのでおすすめです

夏場は直接日差しに当たりすぎないように、ベビーカーの日よけカバーを使用したり、子どもに帽子をかぶせてあげたりするようにしましょう。

暑さ対策グッズとして便利なハンディ扇風機の中には、首から下げられるものやベビーカーに大型クリップで取り付けられるものなどもあります。ベビーカー・チャイルドシート・抱っこひも用の保冷シートの使用も暑さ対策にぴったりです。

子どもが熱中症にならないようにするためのポイント

ここからは、熱中症になってしまったときの早期対処法や、子どもが熱中症にならないようにするためのポイントについて紹介します。

子どもの熱中症の症状を見逃さないようにする

子どもの暑さ対策を十分に行っていても、熱中症になってしまうことは少なくありません。そのため、子どもの様子をしっかりと観察し、熱中症の初期症状が現れた段階で素早く対処することが重要になります

子どもに以下のような症状が現れたら、熱中症の初期症状である可能性があります。

・頬が赤く、体が熱い
・母乳やミルクを飲みたがる
・おしっこが少ない
・いつもより元気がない
・機嫌が悪い

また、以下のような症状が現れたときは、軽度の熱中症を引き起こしている可能性があるので注意してください。

・顔が蒼白になっている
・大量の汗をかいている
・吐き気や嘔吐などの症状がある
・体温が平熱~38℃程度とやや高い
・体温が高いのに体表面はひんやりしている

このような症状が現れたときは、すぐに冷房が効いた部屋や木陰などの涼しい場所に移動させ、脇や首などにガーゼやタオルで巻いた保冷剤を当てて体を冷やす処置が必要になります。

意識障害がみられる、けいれんしている、体温が40℃を超えている、など症状の悪化が見られる場合にはすぐに救急車を呼びましょう。

こまめに水分補給をする

熱中症予防のためには、体を冷やすことに加えてこまめな水分補給がとても重要になります。夏場の水分補給では、一度にたくさんの水分を摂取するのではなく、15分おきに一口を目安に摂取する方法がおすすめです。

子どもは、遊ぶことに夢中になっていると、のどが渇いたという自覚がないまま脱水症状を起こす可能性があるため、保護者から声をかけてこまめに水分補給をさせましょう。

日陰を歩くようにする

夏の炎天下で長時間過ごすのは、大人でも過酷な状況です。子どもを連れて外出する際には、日陰を歩き、直射日光下にいる時間をできるだけ短くするように心がけましょう

また、影が多くなる朝や夕方以降に出かけるのも有効な手段です。正午前後になると、太陽が真上にきてしまうため影が少なくなります。夏の外出時には、熱中症を予防するために出かける時間帯にも配慮しましょう。

マスクを使用している時は特に注意をする

マスク着用時は呼吸から熱が発散できない状況にあることで、熱中症につながるおそれがあるので注意しなければなりません。

接触冷感マスクを使用したり、屋外の人の少ない場所であれば外して遊んだりするなど、状況に応じて対応方法を検討することが大切です。

まとめ

子どもは、大人よりも外気温の影響を受けやすいため、夏の外出時には暑さ対策を万全にしておく必要があります。また、熱中症は室内でも発生するものなので、室内で遊ぶときも室温のコントロールや小まめな水分補給を行いましょう。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

夏のお出かけのお供に!子どもの暑さ対策にぴったりのグッズ

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 赤ちゃん 妊娠中 離乳食 マタニティ 生後1カ月 乳児期 妊娠 おでかけ 出産 3歳〜 妊婦 選び方 子育て 子ども 保育園 生後3カ月 病気 対策 授乳中 食材 夜泣き お宮参り お昼寝 トイレトレーニング 新生児 イヤイヤ期 保湿 エアコン マザーズバッグ 入園 体温計 絵本 妊婦帯 あせも 誕生日 お食い初め 歯磨き メニュー グッズ アレルギー 肌着 水着 妊娠中の腰痛 冷え対策 アウター ガーゼ 着回し 尿漏れ 原因 ベビー用品 いつから 下痢 サンダル おむつかぶれ 沐浴 マタニティウェア 防寒 ベビーバス 受診タイミング 旅行 マタニティブルー 時間 花見 持ち物 予防策 リュック 花粉症 産後うつ 一升餅 工夫 発熱 夜間断乳 改善 アイテム 入園前 おなか うつぶせ寝 予防 便秘 骨盤ベルトの効果 骨盤ベルトの基礎知識 子どもの日焼け対策 骨盤ベルトの注意点 叱り方 ニキビ お七夜 イベント 初節句 ベビーウェア スキンケア 肌荒れ 洋服 子どもの日焼け止めクリーム 日焼け対策用の帽子 しこり おっぱい 乳がん 乳腺炎 夏服コーデ 違い 安全対策 おすすめ おしゃれ 嫌がる 乳幼児 風邪 マザーバッグ 予防注射 幼児期 後期 取り分け おむつ 由来 お祝い 予防接種 七五三 爪切り 産後 マタニティパジャマ 寝返り ケーキ ヘルスケア ハンドリガード 動物園 幼児食 ベビー布団 ベビーベット プレイマット 温泉 種類 メリット・デメリット 妊娠線 ベビーチェア お昼寝マット 安産祈願 妊娠線予防クリーム 戌の日 頭の形 乳児検診 つかまり立ち 生後6カ月 生後2カ月 めやに ベビーカー 暖房 飲み物 服装 妊娠初期 幼稚園 症状 妊婦健診 卒乳 ぬいぐるみ 安定期 ハイハイ 歩行器 母乳 寝相 ガルガル期 テレビ ベビーサイン おむつアート よだれかけ おやつ スタイ チャイルドシート ベビーマッサージ 日焼け ブランケット カーディガン こどもの日 適切温度 日焼け止め 年齢別 鼻吸い器 夏風邪 鼻水 ファーストシューズ サイズ確認 コーディネイト 結婚式 ソフロロジー 豆腐 家族写真 子連れ 海外旅行 呼吸法 梅雨 予防対策 生活音 騒音対策 アパート 乾燥 コーヒー 液体ミルク 身長 体重 抱っこ紐 授乳 授乳ケープ フォローアップミルク マナー 内祝い 母乳パッド インフルエンザ スリーパー 日本風 祝い方 赤ちゃん用スプーン 日除け 暑さ対策 カフェイン 帽子 お食事エプロン マグカップ b型ベビーカー ハーフバースデー アウトドア 離乳食セット 虫刺され

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!