1. MIMI STAGEトップ
  2. ヘルスケア
  3. ベビーカーに乗る赤ちゃんの暑さ対策!便利グッズも紹介

ヘルスケア

ベビーカーに乗る赤ちゃんの暑さ対策!便利グッズも紹介

暑い日にベビーカーに赤ちゃんを乗せてお出かけするママ・パパもいるでしょう。そんなときに気を付けたいのが、赤ちゃんの熱中症です。

今回はベビーカーでの暑さ対策について解説していきます。ベビーカーでお出かけするときの注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ベビーカーで暑さ対策が必要な理由

赤ちゃんとのおでかけにはベビーカーが重宝するのですが、外がとても暑い日の使用は十分に気を付けなくてはなりません。その理由は、「赤ちゃんは熱中症になりやすいこと」「ベビーカーは地面の照り返しで高熱になりやすいこと」が挙げられます。

赤ちゃんは熱中症になりやすい

赤ちゃんは体温調節の機能が未発達で、体が熱くても上手に汗をかくことができないために熱中症になりやすいといわれています。また、体に異変が出ても具合が悪いことをうまく伝えられないため、ママ・パパが気づいたときにはベビーカーでぐったりとしていた、ということもあるようです。

さらに、赤ちゃんは自分で水分摂取ができないため、脱水症状から熱中症につながりやすくなります。

ベビーカーは地面の照り返しで高温になりやすい

ベビーカーでのおでかけでは「日よけをしておけば大丈夫」と考える方もいるようですが、実は直射日光を避けるだけでは熱中症を防ぐことはできません。なぜなら、地面に近いほど照り返しの影響を強く受けるからです。

たとえば気温が32℃以上だと、地上から50cmの高さのベビーカー内は35℃を超えることもあります。さらに日よけを使ってベビーカーを覆ってしまうと、風通しが悪くなり、熱や湿気がこもりやすくなります。

ベビーカー内は高温になりやすいため、赤ちゃんは大人以上に熱中症のリスクが高いといえるでしょう。

ベビーカーでの暑さ対策

赤ちゃんがベビーカーで熱中症にならないためにも、暑さ対策をしっかりとしなくてはなりません。具体的にどのような対策をすれば良いのかを紹介していきます。

暑さ対策のできるベビーカーを選ぶ

熱中症対策として、ベビーカー選びも重要なポイントです。これから購入するご家庭は、ベビーカーのサイズや素材にこだわって購入しましょう。

サイズは、地面高50cm以上のハイシートがおすすめです。照り返しの熱を防ぐためにも、なるべく背の高いベビーカーを選ぶようにしましょう。

素材としては、メッシュや通気性の高い素材、UVカット素材のものが熱中症対策に有効です

暑さ対策グッズを活用する

最近では、ベビーカー用の暑さ対策グッズがさまざま販売されています。すでにベビーカーをお持ちのご家庭も、これから購入されるご家庭も、以下の暑さ対策グッズを活用して熱中症対策をしてみてください。

【おすすめの暑さ対策グッズ】
・保冷剤や保冷シート
・後付けサンシェード
・照り返しシート
・日よけブランケット
・ベビーカー用の扇風機 など

また、ベビーカー内の暑さを把握するために温度計もあると役立ちます。

ベビーカーでお出かけするときの注意点

最後にベビーカーでお出かけするときの注意点を紹介します。次のポイントをしっかりと押さえて、赤ちゃんとのお出かけを楽しみましょう。

炎天下の外出を避ける

日差しの強い11~15時のおでかけはできるだけ避けるようにしましょう。その時間帯に外出する必要があるときは、直射日光を避け、日陰を移動するようにしてください。

しっかり水分補給をする

熱中症は、体の中の水分が不足したときに起こりやすいです。赤ちゃんの熱中症を防ぐためにも、しっかりと水分補給をしましょう。

のどが渇いたときはゴクゴクと一気に水分補給してしまいがちですが、一度に大量の水分を取るとミネラルバランスが崩れて体調を崩してしまうことがあります。体は一度に取り込める水分量も決まっているので、少量ずつこまめに飲ませるように心がけましょう。

水分はいつも飲んでいるものでかまいませんが、熱中症を防ぐ目的なら麦茶や白湯、乳幼児用のイオン飲料、経口補水液など利尿作用の少ないものがおすすめです。

赤ちゃんの様子を常に確認する

熱中症予防では、赤ちゃんの様子を常に確認することが非常に大切です。暑い日のおでかけでは、こまめに赤ちゃんの表情や状態をチェックし、熱中症の初期症状を見逃さないようにしましょう。

顔が赤い、機嫌が悪い、元気がない、息が荒い、呼びかけても反応が薄いといった様子がみられたら、すぐに日陰に移って水分補給を行ってください。

まとめ

赤ちゃんは体温調節の機能が未熟で、大人よりも熱中症になりやすいです。ベビーカーの日よけで直射日光を防げるとはいえ、地面の照り返しによってベビーカー内が高温になることもあるので注意をしましょう。

ベビーカーの暑さ対策をすることはとても大切ですが、炎天下の外出を避けたり、しっかり水分補給をしたりする予防法を行うことも重要です。お出かけの際は、赤ちゃんの表情や状態を常にチェックして、様子に変わりがないか確認しましょう。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

ベビーカーに乗る赤ちゃんの暑さ対策!便利グッズも紹介

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 妊娠中 赤ちゃん 離乳食 マタニティ 生後1カ月 乳児期 おでかけ 妊娠 3歳〜 妊婦 出産 保育園 病気 生後3カ月 授乳中 選び方 対策 子育て 食材 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 子ども 新生児 イヤイヤ期 保湿 あせも マザーズバッグ 体温計 妊婦帯 絵本 入園 エアコン 誕生日 お食い初め 歯磨き メニュー お宮参り アレルギー 肌着 水着 妊娠中の腰痛 アウター 冷え対策 ガーゼ 着回し 尿漏れ 原因 ベビーバス いつから 下痢 サンダル 予防策 おむつかぶれ 沐浴 マタニティウェア ベビー用品 防寒 発熱 旅行 マタニティブルー 時間 花見 持ち物 うつぶせ寝 リュック 花粉症 産後うつ 一升餅 工夫 受診タイミング 夜間断乳 改善 アイテム 入園前 おなか 夏服コーデ 便秘 叱り方 予防 骨盤ベルトの効果 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの基礎知識 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 子どもの日焼け対策 子どもの日焼け止めクリーム おっぱい 安全対策 しこり 乳がん 違い 乳腺炎 おすすめ マザーバッグ 嫌がる 日焼け対策用の帽子 おしゃれ 乳幼児 予防注射 幼児期 風邪 後期 取り分け 由来 お祝い 七五三 動物園 予防接種 おむつ 爪切り 寝返り ケーキ ハンドリガード 産後 ヘルスケア 幼児食 ベビーチェア ベビーベット プレイマット 種類 チャイルドシート 温泉 ベビー布団 メリット・デメリット お昼寝マット 安産祈願 戌の日 妊娠線 妊娠線予防クリーム マタニティパジャマ 頭の形 生後6カ月 生後2カ月 ベビーカー 卒乳 めやに つかまり立ち 暖房 妊娠初期 幼稚園 妊婦健診 飲み物 症状 ぬいぐるみ ベビーサイン ハイハイ 歩行器 寝相 乳児検診 母乳 安定期 ガルガル期 おむつアート よだれかけ スタイ テレビ おやつ ベビーマッサージ マナー 日焼け ブランケット カーディガン こどもの日 適切温度 日焼け止め 年齢別 鼻吸い器 夏風邪 鼻水 ファーストシューズ サイズ確認 コーディネイト 結婚式 ソフロロジー 豆腐 家族写真 子連れ 海外旅行 呼吸法 梅雨 予防対策 生活音 騒音対策 アパート 乾燥 コーヒー 身長 体重 授乳 日本風 抱っこ紐 液体ミルク 授乳ケープ 内祝い 母乳パッド スリーパー フォローアップミルク インフルエンザ 祝い方 ハーフバースデー 赤ちゃん用スプーン 日除け 暑さ対策 カフェイン 帽子 お食事エプロン マグカップ b型ベビーカー アウトドア 離乳食セット 虫刺され

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!