• 西松屋公式アカウント
  • LINE
  • インスタグラム
  1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 4歳以上
  4. チャイルドシートはいつまで必要?6歳になったらやめていい?

4歳以上

チャイルドシートはいつまで必要?6歳になったらやめていい?

6歳未満の子どもを車に乗せるときは、チャイルドシートの着用が法律で義務付けられています。とはいえ、6歳になれば使用をやめても安全上問題ないの?と不安に思うママ・パパも多いのではないでしょうか?今回は、チャイルドシートはいつまで使うのがよいか、なぜ必要なのか、また年齢にあったチャイルドシートの種類や取り付け方のポイントなどをご紹介します。

法律では6歳まで。身長140cmまでを推奨

生後すぐから6歳未満の子どもを車に乗せる場合、チャイルドシートの着用が、「道路交通法」で義務付けられています。違反すると、ドライバーは交通違反点数「1点」の減点処分の対象となります。

とはいえ、6歳を過ぎたからといって、チャイルドシートを使用しなくて良いというわけではありません。JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)では、6歳以降も身長が140cmに達するまではチャイルドシートの着用を推奨しています。

乗車するときは全席にシートベルトの着用義務があるものの、シートベルトは基本的に大人用です。体格の小さな子どもが大人用のシートベルトを着用して交通事故に遭うと、ベルトの衝撃で首や内臓を損傷するリスクがあると指摘されています。

備え付けのシートベルトでは、大切な子どもの命を守れないかもしれません。子どもが6歳を過ぎても、身長が140cmに達するまではチャイルドシートを活用しましょう。11歳頃まで継続的に使用できるチャイルドシートもあるので、探してみてくださいね。

参考:
道路交通法」(e-Gov法令検索)
チャイルドシートはいつまで(何歳まで)必要?」(JAF

チャイルドシートはなぜ必要?

チャイルドシートは、赤ちゃんや子どもの命を交通事故の衝撃から守るために、必要不可欠な車の装備品です。警視庁が公表している平成30年~令和4年までの統計によると、チャイルドシートをしていないと交通事故の致死率が約4.6倍も違うと指摘されています。

ママ・パパの抱っこでは子どもの体が車外に放出されるリスクが高く、大切な命を守れない場合があります。小さな子どもを車に乗せるときは、必ずチャイルドシートを装着しましょう。

ただし、車にチャイルドシートを備えつけていても、間違った使い方をしていると本来の機能を発揮できません。チャイルドシートの固定方法や装着方法は、必ず取扱説明書を確認し、正しく装着・使用しましょう。

参照:「子供を守るチャイルドシート」(警察庁)

 

チャイルドシートは成長にあわせて使い分けよう

チャイルドシートには、乳児用、幼児用、学童用の3種類があります。それぞれ対象年齢・身長の目安や使い方が異なるので、次の表を参考に、お子さまに合うものを選びましょう。

対象の目安

乳児用

幼児用

学童用

年齢

新生児~1歳頃

1~4歳頃

4~10歳頃

身長

70cm以下

65~100cm

135cm以下

体重

10kg未満

※商品によっては13kg未満

9~18kg

15~36kg

使用方法

後ろ向きorベッド型として使用

前向きシートとして使用

座席に置いて使用(座面を上げて背の高さを補うことで、大人用のシートベルトを使えるようにする)

※対象となる年齢・身長は目安です
出典:「チャイルドシートの種類」(国土交通省)

表の対象年齢や数値はあくまでも目安なので、子どもの身長や体重の成長に応じて、シートを使い分ける必要があります。使用条件はメーカーやモデルによっても異なるため、取扱説明書を確認しましょう。

チャイルドシートは原則、車の後部座席に取り付けます。これは、助手席に固定すると万が一のときにエアバックが開き、エアバックの膨張によって子どもがチャイルドシートと助手席の間で挟まれてしまう事態となり、子どもが怪我をするおそれがあるからです。

また、取り付ける向きにも注意しましょう。前向きと後ろ向きの2種類の設置方法があるため、子どもの年齢・身長・体重に応じて使い分けることが必要です。新生児期や1歳(9kg)までは、まだしっかりと身体が作られていない時期であるため、前向きで大きな衝撃に耐えることができません。一番広い背面で衝撃を受け、かかる力を分散させることが重要なため、1歳(9kg)までは、進行方向に対して後ろ向きで使用します。1歳(9kg)から前向きに設置できるシートが多いです。

まとめ

チャイルドシートは、赤ちゃんや子どもの大切な命を守るために必要不可欠です。法律での着用義務は6歳未満でも、子どもの体が小さいうちは継続して使用するほうが、安全を確保しやすくなります。6歳以降の着用義務はありませんが、大人用のシートベルトを正しく使用できる身長140㎝に達するまでは、チャイルドシートの使用をおすすめします。子どもの体に合うチャイルドシートを選んで、家族のお出かけを楽しみましょう。

お近くの店舗はこちら

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

キーワード検索

気になるキーワード

1歳未満 赤ちゃん 1~3歳 妊娠中 離乳食 4歳以上 マタニティ 子ども 妊娠 妊婦 生後1カ月 おでかけ 選び方 出産 乳児期 保育園 子育て 産後 1~3歳以上 服装 幼稚園 授乳中 新生児 食材 対策 夜泣き 暑さ対策 イヤイヤ期 ベビーウェア エアコン チャイルドシート 予防接種 家族写真 おむつ あせも 飲み物 ケーキ 妊娠初期 持ち物 症状 ベビーカー 生後3カ月 母乳 適切温度 初節句 お宮参り お食い初め お七夜 お昼寝 メニュー グッズ 絵本 誕生日 花粉症 改善 お肌 抱っこ スキンケア 視力 虫よけ 体温 嫌がる 髪の毛 マスク お風呂 うんち しぐさ 妊娠中の腰痛 保存 予防 便秘 感染症 栄養素 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの基礎知識 こども 骨盤ベルトの効果 双子 アレルギー おすすめ マザーバッグ 予防注射 安全対策 水着 野菜 しこり おっぱい 幼児期 反抗期 おしゃれ 鼻づまり 抜け毛 乳幼児 風邪 双胎妊娠 うなぎ インプランテーションディップ 室温 0歳 防災グッズ トマト おまる 骨盤矯正 クーイング 補助便座 正中線 おねしょ 車酔い 歯科検診 風邪薬 チョコレート グミ 1歳~1歳半 哺乳瓶 粉ミルク ストレッチ 数字 子離れ 音楽 肌荒れ ニキビ 陣痛バッグ 叱り方 口臭 胎教 お座り 帝王切開 臨月 イベント 検査薬 病院 洋服 肌着 名前 ほっぺ 乳がん 乳腺炎 くしゃみ メリット・デメリット ベビー布団 ベビーベット ベビーマッサージ 温泉 プレイマット ヨーグルト 妊婦帯 戌の日 安産祈願 練習 妊娠線予防クリーム 水通し 妊娠線 習い事 マナー 内祝い ハーフバースデー 祝い方 アウトドア マグカップ 離乳食セット 虫刺され 日本風 抱っこ紐 スリーパー 母乳パッド 病気 インフルエンザ 授乳 液体ミルク フォローアップミルク 赤ちゃん.歯固め お昼寝マット おむつアート ベビーサイン よだれかけ スタイ ガルガル期 テレビ おやつ ぬいぐるみ 卒乳 入園 入園式 妊婦健診 暖房 生後2カ月 生後6カ月 つかまり立ち 安定期 ハイハイ 動物園 七五三 パジャマ 幼児食 生活リズム ベビーチェア 就寝 お祝い 由来 寝相 歩行器 乳児検診 頭の形 爪切り ハンドリガード マタニティパジャマ お食事エプロン 赤ちゃん用スプーン 寝かしつけ 人見知り 冷え対策 マイナンバー 着回し アウター ガーゼ 面接 工夫 一升餅 防寒 原因 歯磨き おしゃぶり 尿漏れ 外食 いつから 下痢 粘土 離乳食食器 サンダル 違い 夏服コーデ うつぶせ寝 おむつかぶれ 遊ぶ マタニティウェア ベビー用品 たんこぶ 沐浴 飛行機 ベビーバス 発熱 受診タイミング 日焼け 日焼け止め ブランケット カーディガン 結婚式 コーディネイト こどもの日 年齢別 ファーストシューズ 帽子 日除け カフェイン コーヒー サイズ確認 鼻水 保湿 予防対策 生活音 マタニティブルー 花見 産後うつ アイテム トイレトレーニング 夜間断乳 入園前 後期 取り分け 梅雨 騒音対策 アパート 呼吸法 ソフロロジー 子連れ 海外旅行 豆腐

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!