1. MIMI STAGEトップ
  2. ヘルスケア
  3. 口の周りが赤い・皮膚に湿疹……これってアレルギー反応!? 離乳食での注意点は?

ヘルスケア

口の周りが赤い・皮膚に湿疹……これってアレルギー反応!? 離乳食での注意点は?

食材

ごはんを食べた後、赤ちゃんの口のまわりが赤くなったり湿疹が出たりしている……こういった場合「何か食物アレルギーがあるのかも?」と心配になりますね。新しい食材を与えるのも怖くなってしまいます。アレルギーについては事前に病院の検査を受けるという方法もありますが、全ての食材については調べる事はなかなか困難です。そこで今回は、赤ちゃんの食物アレルギーや離乳食での注意点についてご紹介します。

 

こんな症状がみられる場合、食物アレルギーの疑いが……

何らかの食物アレルギーがある場合には、このような症状が出やすくなります。

・治りにくい湿疹
・下痢や嘔吐
・腹痛
・唇のはれ
・せき
・呼吸困難

ただし、赤ちゃんはまだ体が未成熟なため、このような症状が見られる場合でも、それがアレルギー由来のものなのか他に原因があるのか見極めが難しいといえます。ですから、自己判断せずに、気になる症状がある場合はすぐにお医者さんに相談しましょう

 

食後アレルギーは食後すぐ出るとは限らない!2日後に出る遅延型も

赤ちゃん食物アレルギーとは

食物アレルギーとは、食べ物が原因で起きるアレルギー反応のこと。体が特定の食べ物を異物とみなし、体内への侵入を拒否することで上記のような症状が出てしまいます。

赤ちゃんの場合、離乳食を始めてからアレルギ―症状があらわれることもあれば、母乳の段階からあらわれることもあります。後者の場合では、ママさんが食べた食べ物によってアレルギー反応を起こしていることが考えられます。

即時型アレルギーと非即時型アレルギー

食物アレルギーには、即時型と非即時型の二種類があります。ふたつの違いは、食べてから症状があらわれるまでの時間です。

・即時型アレルギー
食後2時間以内に起こるものを指します。意識障害や血圧低下といったアナフィラキシーショックを伴うことも。

・非即時型アレルギー
食べた直後には症状が出ない非即時型には、さらに2タイプがあります。ひとつは、遅発型と呼ばれる食後6~8時間後に起こるもの。もうひとつは、遅延型と呼ばれる食後1~2日後に起こるものです。

 

乳児期のアレルギーで最も多いのは?避けたいのは?

卵

赤ちゃんのアレルギーで多いとされるのは、鶏卵、次に牛乳、そして小麦です。これらを含む離乳食を口にしてアレルギーを発症することがあります。また、ママさんが食べた鶏卵や牛乳・小麦が原因となって赤ちゃんにアレルギー症状が出ている恐れも考えられます

このほか、大豆やナッツ類・ゴマ・蕎麦・山芋・魚介類・りんご・バナナ・キウイフルーツ・ゼラチンなどもアレルギーの原因となりやすいので注意が必要です。

 

食物アレルギーの予防と対策。初めての食材を与えるときの注意点

食事

赤ちゃんのアレルギーについて考え始めると、いろいろな食材を与えるのがこわくなってしまうというママさんパパさんは多いかもしれません。ですが、赤ちゃんの頃にたくさんの食体験をさせるのは、赤ちゃんの発育にとってとても大切なこと。ですから、新しい食材を与えることをやみくもに怖がるのではなく、初めての食材を食べさせるときは万一アレルギー反応が起きても大丈夫なように準備しましょう。

 一口ずつゆっくり食べさせましょう

はじめての食材を取り入れるときは、まずは一口から。少量なら食べられる食材でも、一度にたくさん食べるとアレルギー症状が起きることがあります。初日は一口から始めてみて、大丈夫そうであれば徐々に量を増やすといいでしょう。なお、同じ量でも赤ちゃんの体調次第でアレルギー症状が出ることもあります。「この量なら大丈夫」と過信をせずに、赤ちゃんの様子を見ながら食べさせてあげましょう。

病院に行ける日・病院が開いている時間帯に食べさせましょう

万一アレルギー症状が出た場合を考えて、初めての食材を食べさせるのは病院が診察を行っている曜日や時間帯を選びましょう。安心とされるのは平日の午前中です。即時型アレルギーの場合、症状があらわれるのは食後12時間経ってから。逆算して余裕を持てる時間帯に挑戦してみてください。

食後の赤ちゃんの様子をしっかり観察しましょう

はじめての食べ物を食べた後は、口のまわりや皮膚に腫れや赤みは出ていないか、体調に異変はないかなど、いつも以上に赤ちゃんの様子をしっかり見るようにしましょう。

万一、食後に何らかの異変が見られたら、すぐにかかりつけのお医者さんを受診してください。食材と赤ちゃんの体の相性によっては、大事に至る危険性もあります。

 

アレルギーは治らない?どう付き合っていけばいい?

赤ちゃんのときにアレルギーが出た食材だからといって、その後もずっと食べられないと決まったわけではありません。成長とともに消化機能が発達していき、アレルギーを起こさなくなることも十分ありえます。
赤ちゃんにアレルギー症状が出るとママさんパパさんは悲観的になってしまいがちですが、かかりつけのお医者さんと相談しながらアレルギーと付き合っていくことが大切です。

 

お近くの店舗はこちら

食材
SNSでシェアしよう!

口の周りが赤い・皮膚に湿疹……これってアレルギー反応!? 離乳食での注意点は?

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 離乳食 妊娠中 生後1カ月 おでかけ 乳児期 マタニティ 選び方 対策 お昼寝 授乳中 トイレトレーニング 子ども イヤイヤ期 子育て 新生児 アレルギー 夜泣き マザーズバッグ 妊婦 保湿 エアコン 絵本 妊婦帯 生後3カ月 お宮参り メニュー 3歳〜 妊娠中の腰痛 お食い初め 食材 誕生日 肌着 いつから マタニティウェア 着回し アウター 冷え対策 ベビー用品 下痢 ベビーバス 夏服コーデ 違い うつぶせ寝 予防策 沐浴 おむつかぶれ サンダル 尿漏れ ガーゼ アイテム 入園前 改善 産後うつ 乳腺炎 花粉症 夜間断乳 受診タイミング 原因 歯磨き 防寒 旅行 発熱 一升餅 工夫 子どもの日焼け対策 乳がん 便秘 叱り方 予防 おなか 骨盤ベルトの基礎知識 骨盤ベルトの効果 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 骨盤ベルトの注意点 子どもの日焼け止めクリーム おすすめ マザーバッグ 安全対策 水着 しこり おっぱい 予防注射 幼児期 保育園 日焼け対策用の帽子 嫌がる 離乳食NG食材 風邪 乳幼児 おしゃれ 時間 マタニティブルー プレイマット 種類 体温計 温泉 ベビーベット ベビー布団 戌の日 妊娠線予防クリーム 妊娠線 メリット・デメリット チャイルドシート ベビーマッサージ 授乳ケープ 液体ミルク 身長 体重 フォローアップミルク インフルエンザ マナー 内祝い 母乳パッド 病気 スリーパー 安産祈願 お昼寝マット 乳児検診 頭の形 マタニティパジャマ 寝返り 母乳 寝相 テレビ ガルガル期 安定期 歩行器 ハイハイ ケーキ ハンドリガード 予防接種 動物園 幼児食 ベビーチェア 七五三 お祝い ヘルスケア 産後 爪切り 由来 おむつ 授乳 抱っこ紐 予防対策 あせも 生活音 アパート 結婚式 カーディガン 適切温度 こどもの日 コーディネイト 騒音対策 梅雨 後期 リュック 持ち物 花見 取り分け 子連れ 呼吸法 ソフロロジー 豆腐 海外旅行 家族写真 ブランケット 日焼け 離乳食セット マグカップ お食事エプロン 赤ちゃん用スプーン 虫刺され 日本風 祝い方 ハーフバースデー アウトドア b型ベビーカー 日除け 暑さ対策 サイズ確認 ファーストシューズ 年齢別 日焼け止め 鼻水 夏風邪 帽子 カフェイン コーヒー 鼻吸い器 乾燥

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!