1. MIMI STAGEトップ
  2. 離乳食
  3. 【月齢別】離乳食の分量と固さの目安、ポイントを解説

離乳食

【月齢別】離乳食の分量と固さの目安、ポイントを解説

赤ちゃんの離乳食は、生後5~6ヶ月ごろからスタートします。とはいえ、赤ちゃんにどれぐらいの量を与えればよいのか、ママ・パパは悩んでしまいますよね。

今回は、赤ちゃんの離乳食の分量や固さの目安を月齢ごとにご紹介します。適量を知って、自信をもって育児に取り組みましょう。

離乳食の「量」の考え方

離乳食は大人の食事内容と異なるため、多すぎたり少なすぎたりしないか、ミルクと離乳食のバランスが取れているかなど、離乳食の量や内容に悩むママ・パパは多いものです。

赤ちゃんの離乳食の分量や進め方は、厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」を参考にしましょう。ただし、栄養の必要量は個人差が大きいので、ガイドはあくまでも目安と考えてください。

また、離乳食の量が多すぎるか少なすぎるかは、赤ちゃんの体重状況も基準の一つにするとよいでしょう。体重管理は、母子健康手帳の「乳幼児身体発育曲線」を参考にするのがおすすめです。グラフに赤ちゃんの身長と体重をあてはめてみて、適正範囲から大きく外れる体重変化がある場合は、医師に相談しましょう。

【月齢別に紹介!】離乳食の分量と固さの目安

それでは、月齢ごとに離乳食の分量と固さの目安をみていきましょう。歯の生え方や舌の動きの様子を見ながら、食べやすい状態に調理してあげてください。

離乳食初期(生後5~6ヶ月)

スタート期は、ゴックンと食べ物を飲み込むことを覚える時期です。赤ちゃんの様子を見ながら、1日1回、小さじ1程度からはじめましょう。

初期の離乳食は、トロトロとしたペースト状が目安です。なめらかにすりつぶしたおかゆからはじめて、次に野菜や果物を、慣れてきたら豆腐、白身魚、卵黄も試してください。

離乳食は、スプーンで与えます。ただし、赤ちゃんが離乳食に慣れないうちは、舌で食べ物を押し出してしまうことがあります。その場合はスプーンですくって、もう一度口に戻してあげましょう。ただし、押し出して下に落ちてしまったものをもう一度与えることや、無理に口の奥までスプーンを入れること、スプーンを無理やり唇に押し付けることはやめましょう。また、赤ちゃんが離乳食を嫌がったら、無理は厳禁です。母乳やミルクを欲しがる場合は、十分に与えてください。

離乳食中期(生後7~8ヶ月)

中期の離乳食は、ペースト状のものをベースに、指で簡単につぶせて、かつ豆腐ぐらいの硬さで調理するのがポイントです。また、離乳食の回数を1日2回に増やして、食事のリズムを作っていきましょう。

味や舌触りが楽しめるように、食材のバリエーションも増やしていくとよいです。

1回の離乳食の目安量

・穀類:全がゆ50~80g
・野菜・果物:20~30g
・魚:10~15g
・肉:10~15g
・豆腐:30~40g
・卵:卵黄1~全卵1/3個
・乳製品:50~70g

離乳食後期(生後9~11ヶ月)

後期は歯ぐきでつぶせるくらいの、バナナの硬さを目安に調理した離乳食で、回数も1日3回に増やします。だんだんママ・パパの食事に近づくので、家族と一緒に食べて楽しい経験を増やしましょう。

この時期になると、赤ちゃんが自分で食べたいと手を出すようになります。スティック状のものを与えて、自分で食べる楽しさを味あわせてあげましょう。汚れてもよいエプロンを使うと、ママ・パパの負担が減りますよ。

1回の離乳食の目安量

・穀類:全がゆ90g~軟飯80g
・野菜・果物:30~40g
・魚:15g
・肉:15g
・豆腐:45g
・卵:全卵1/2個
・乳製品:80g

完了期(生後12~18ヶ月)

歯ぐきでかめる硬さの離乳食を1日3回、一定の食事リズムでしっかり食べられるようになると、完了期を迎えます。大人と同じメニューから食材を取り分け、やわらかく、小さく調理して薄味に仕上げましょう。

後期から引き続いて手づかみ食べが多くなりますが、これはスプーンや箸に移行する重要なステップなので、自分の手で食べられるように促し、食べる力を身につけさせてあげましょう。

1回の離乳食の目安量

・穀類:軟飯90g~ご飯80g
・野菜・果物:40~50g
・魚:15~20g
・肉:15~20g
・豆腐:50~55g
・卵:全卵1/2~2/3個
・乳製品:100g

出典:「授乳・離乳の支援ガイド」(厚生労働省)

離乳食の量は難しく考えなくてOK

厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」が示す離乳食の分量や固さは、あくまで目安です。赤ちゃんの口の発達や食べ方は一人ひとりで異なるため、「毎回きっちり量るのは難しい・・・」と神経質に考える必要はありません。

また、離乳食は、子どもの「食べる力」を育むのも目的です。ガイドに忠実になりすぎず、子どものペースにあわせて、無理なく進めていきましょう。

「だいたいこれぐらい食べていればOK」と考えて、ゆったりと離乳食に取り組んでください。

まとめ

赤ちゃんの離乳食は、母乳やミルクから固形食に移行する大切な準備です。同時に食べる楽しみを覚えるためのものでもあるので、適量をもとに赤ちゃんのペースで進めましょう。ママ・パパも一緒に、家族での食事を楽しんでくださいね。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

【月齢別】離乳食の分量と固さの目安、ポイントを解説

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 妊娠中 赤ちゃん 離乳食 マタニティ 生後1カ月 乳児期 妊娠 おでかけ 出産 3歳〜 妊婦 選び方 保育園 病気 生後3カ月 授乳中 対策 子ども 食材 子育て 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 イヤイヤ期 お宮参り 新生児 保湿 あせも マザーズバッグ 入園 体温計 絵本 妊婦帯 エアコン 肌着 メニュー お食い初め 歯磨き 誕生日 妊娠中の腰痛 アレルギー 水着 冷え対策 アウター 尿漏れ ガーゼ 原因 着回し ベビー用品 いつから 下痢 サンダル 予防策 おむつかぶれ 沐浴 マタニティウェア 防寒 ベビーバス 発熱 旅行 マタニティブルー 時間 花見 持ち物 うつぶせ寝 リュック 花粉症 産後うつ 一升餅 工夫 受診タイミング 夜間断乳 改善 アイテム 入園前 おなか 夏服コーデ 便秘 叱り方 予防 骨盤ベルトの効果 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの基礎知識 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 子どもの日焼け対策 子どもの日焼け止めクリーム おっぱい 安全対策 しこり 乳がん 違い 乳腺炎 おすすめ マザーバッグ 嫌がる 日焼け対策用の帽子 おしゃれ 乳幼児 予防注射 幼児期 風邪 後期 取り分け 由来 お祝い 七五三 動物園 予防接種 おむつ 爪切り 寝返り ケーキ ハンドリガード 産後 ヘルスケア 幼児食 ベビーチェア ベビーベット プレイマット 種類 チャイルドシート 温泉 ベビー布団 メリット・デメリット お昼寝マット 安産祈願 戌の日 妊娠線 妊娠線予防クリーム マタニティパジャマ 頭の形 生後6カ月 生後2カ月 ベビーカー 卒乳 めやに つかまり立ち 暖房 妊娠初期 幼稚園 妊婦健診 飲み物 症状 ぬいぐるみ ベビーサイン ハイハイ 歩行器 寝相 乳児検診 母乳 安定期 ガルガル期 おむつアート よだれかけ スタイ テレビ おやつ ベビーマッサージ マナー 日焼け ブランケット カーディガン こどもの日 適切温度 日焼け止め 年齢別 鼻吸い器 夏風邪 鼻水 ファーストシューズ サイズ確認 コーディネイト 結婚式 ソフロロジー 豆腐 家族写真 子連れ 海外旅行 呼吸法 梅雨 予防対策 生活音 騒音対策 アパート 乾燥 コーヒー 身長 体重 授乳 日本風 抱っこ紐 液体ミルク 授乳ケープ 内祝い 母乳パッド スリーパー フォローアップミルク インフルエンザ 祝い方 ハーフバースデー 赤ちゃん用スプーン 日除け 暑さ対策 カフェイン 帽子 お食事エプロン マグカップ b型ベビーカー アウトドア 離乳食セット 虫刺され

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!