• 西松屋公式アカウント
  • LINE
  • インスタグラム
  1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 4歳以上
  4. 保育園・幼稚園のお話
  5. 幼稚園はいつから入れる?2年保育・3年保育の特徴や入園までのスケジュールの目安を紹介

保育園・幼稚園のお話

幼稚園はいつから入れる?2年保育・3年保育の特徴や入園までのスケジュールの目安を紹介

幼稚園への入園を検討するとき、いつから幼稚園に入れるのか気になるママ・パパも多いでしょう。保育期間を2年・3年の中から選ぶのにも、いつから入れるのかをふまえておく必要があります。

今回は、幼稚園に入れる時期について紹介します。あわせて、2年保育・3年保育の特徴や入園までのスケジュールの目安もご紹介しますので、入園準備の参考にしてみてください。

幼稚園は何歳から何歳まで通えるの?

幼稚園に通えるのは、入園する年の42日時点で満3歳から満5歳までであり、小学校に就学するまでの幼児と決められています。つまり、42日時点で3歳の誕生日を迎えていれば、年少クラスに通えます。同じように、4歳の誕生日を迎えていれば年中クラス、5歳の誕生日を迎えていれば年長クラスに入園が可能です。

4月1日生まれの場合は、学校教育法により早生まれ扱いとなるため、ひとつ上の学年で入園する点に注意が必要です。

2年・3年保育それぞれのメリット・デメリット

一般的に幼稚園には2年保育と3年保育があります。2年保育は子どもが満4歳、3年保育は子どもが満3歳のときに入園します。入る年によってどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、2年保育と3年保育それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

2年保育の場合

【メリット】
・親子で過ごす時間を長く持てる
・子どものやりたいことに時間をかけられる
3年保育より費用がかからない

【デメリット】
・同年齢の子どもとなじむのに時間がかかる場合がある
・幼稚園選択の幅が狭まる

2年保育の場合、親子で一緒に過ごす時間を増やせるのがメリットです。自宅で過ごす時間が多くなるため、幼稚園の時間を気にすることなく、子どものやりたいことや好きなことに時間を割くことができます。また、1年通わない分、幼稚園に支払う費用を抑えられるので経済的な負担を減らせます。

しかし、3年保育の子どもたちと過ごすとなった際、すでに人間関係ができていることから、友達の輪に入りづらいと感じることもあるかもしれません。

また、3年保育が主流となっている幼稚園の場合、2年保育の募集枠が少ないケースもあります。通いたい幼稚園の幅が限られてしまうこともあるので、事前に幼稚園の募集要項をリサーチしておくことが重要になります。

3年保育の場合

【メリット】
・集団生活のなかでルールや社会性を学べる
・同年齢の友達を作りやすい
・ママ、パパの自分の時間が作れる

【デメリット】
・基本的な生活習慣を身に付けておく必要がある
2年保育より保育料がかかる

3年保育は早い段階から集団生活を送ることになるため、社会性を身に付けられます。同じ年齢の子どもとかかわる機会が増えるので、友達を作りやすいのもメリットです。ママ・パパにとっては、子どもが幼稚園に通うことで時間を確保できることから、共働きしやすくなったり、下の子どものお世話がしやすくなったりなど、時間を有効活用できます。

ただし、入園前に生活習慣を整える必要があるため、早寝早起きの習慣を身に付けたり、トイレトレーニングを始めたりなどの準備をしなければなりません。

また、2年保育と比べて費用がかかる点もデメリットです。201910月より保育料は無償化になったものの、バス代や給食費、行事費などがかさむため、ご家庭への負担が増えることになるでしょう。

幼稚園の入園準備はいつから始めるべき?

幼稚園の入園準備を始める時期は、公立と私立で若干異なります。入園までのおおまかな流れをご紹介します。

・公立幼稚園

公立幼稚園では、9月から10月が願書の受け取り・提出、支給認定(子どもの年齢・保育の必要性に応じて1号から3号を認定)の申請時期です。その後、11月上旬に面接と書類選考を行い、抽選後に健康診断を実施します。12月に入園承諾書と認定書を受け取ったら、4月に入園式を迎えます。

・私立幼稚園

私立幼稚園は、公立幼稚園よりも手続きが早く始まります。6月から9月にかけて見学会や説明会を行い、10月中旬から下旬に入園願書を受け取ります。11月上旬に願書を提出したのち、面接・書類選考を経て抽選し、11月中旬にかけて合格発表が行われます。

12月から3月にかけて入園説明会が実施され、制服や教材を受け取ります。2月から3月の体験入園を経て、4月の入園式という流れです。

入園に向けた情報収集をスムーズに進め、早めに準備するには、入園の1年前くらいから準備を始めるのがおすすめです。

途中入園したい場合は?

年度の途中から幼稚園に入園したい場合は、希望する幼稚園に空きがあるかを確認しましょう。入園や問い合わせの窓口は、私立は各幼稚園、公立は自治体となっています。

空きがあれば見学し、子ども本人が気に入ったら願書を受け取り、手続きを進めます。面接・書類選考・健康診断などの手続きを経て、幼稚園生活がスタートします。

まとめ

幼稚園に入園できる時期は、子どもの誕生日や希望する保育期間によって変わってきます。今回紹介した内容を参考にし、子どもの意思もふまえながら、子どもに合った入園時期を検討していきましょう。

お近くの店舗はこちら

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

キーワード検索

気になるキーワード

1歳未満 赤ちゃん 妊娠中 1~3歳 離乳食 4歳以上 マタニティ 妊娠 子ども 妊婦 生後1カ月 選び方 出産 おでかけ 乳児期 保育園 子育て 産後 1~3歳以上 授乳中 幼稚園 服装 夜泣き 新生児 食材 対策 暑さ対策 出産準備 イヤイヤ期 ベビーウェア あせも 産休 育休 予防接種 エアコン お祝い ベビーカー おむつ 妊娠初期 家族写真 症状 飲み物 ケーキ 生後3カ月 母乳 適切温度 初節句 お宮参り お食い初め グッズ 持ち物 メニュー お七夜 花粉症 誕生日 お昼寝 改善 絵本 お肌 スキンケア 抱っこ 視力 体温 虫よけ 嫌がる 髪の毛 マスク お風呂 うんち しぐさ 妊娠中の腰痛 保存 予防 便秘 感染症 栄養素 骨盤ベルトの注意点 骨盤ベルトの基礎知識 こども 骨盤ベルトの効果 双子 アレルギー おすすめ マザーバッグ 予防注射 安全対策 水着 野菜 しこり おっぱい 幼児期 反抗期 おしゃれ 鼻づまり 抜け毛 乳幼児 風邪 双胎妊娠 うなぎ おねしょ 室温 0歳 防災グッズ トマト おまる 骨盤矯正 クーイング 補助便座 正中線 インプランテーションディップ 車酔い 歯科検診 風邪薬 チョコレート グミ 1歳~1歳半 哺乳瓶 粉ミルク ストレッチ 数字 子離れ 音楽 肌荒れ ニキビ 陣痛バッグ 叱り方 口臭 胎教 お座り 帝王切開 臨月 イベント 検査薬 病院 洋服 肌着 名前 ほっぺ 乳がん 乳腺炎 くしゃみ メリット・デメリット ベビー布団 ベビーベット チャイルドシート 温泉 プレイマット ヨーグルト 妊婦帯 戌の日 安産祈願 練習 妊娠線予防クリーム 水通し 妊娠線 習い事 ベビーマッサージ マナー 祝い方 日本風 ハーフバースデー アウトドア 離乳食セット 虫刺され 抱っこ紐 授乳 母乳パッド 内祝い スリーパー 病気 液体ミルク フォローアップミルク インフルエンザ 赤ちゃん.歯固め お昼寝マット おむつアート ベビーサイン よだれかけ スタイ ガルガル期 テレビ おやつ ぬいぐるみ 卒乳 入園 入園式 妊婦健診 暖房 生後2カ月 生後6カ月 つかまり立ち 安定期 ハイハイ 動物園 七五三 パジャマ 幼児食 生活リズム ベビーチェア 就寝 由来 ベビーシャワー 乳児検診 寝相 歩行器 頭の形 マタニティパジャマ 産後クライシス 爪切り ハンドリガード マグカップ お食事エプロン 人見知り ガーゼ 寝かしつけ 冷え対策 アウター マイナンバー 面接 歯磨き 一升餅 発熱 工夫 防寒 おしゃぶり 尿漏れ 原因 着回し 外食 下痢 粘土 離乳食食器 サンダル 違い 夏服コーデ うつぶせ寝 おむつかぶれ 遊ぶ マタニティウェア いつから ベビー用品 たんこぶ 沐浴 飛行機 ベビーバス 受診タイミング トイレトレーニング 日焼け止め 年齢別 日焼け ブランケット コーディネイト こどもの日 カーディガン ファーストシューズ サイズ確認 日除け 赤ちゃん用スプーン 帽子 カフェイン 鼻水 保湿 コーヒー 結婚式 予防対策 花見 後期 マタニティブルー 産後うつ 夜間断乳 入園前 アイテム 取り分け 子連れ 騒音対策 アパート 生活音 梅雨 呼吸法 海外旅行 豆腐 ソフロロジー

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!