1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 0〜1歳
  4. 生後6ヶ月の赤ちゃんの発育をサポートするコツとは?

0〜1歳

生後6ヶ月の赤ちゃんの発育をサポートするコツとは?

赤ちゃんの発育は、ママ・パパにとって気になるもの。生後6ヶ月になると動きが活発になってきて、赤ちゃんによっては乳歯が生え始めるといった、体の変化もみられるようになってきます。赤ちゃんがすくすくと成長するために、「どんなことをすれば良いのだろう?」と考えているママ・パパもいるのではないでしょうか。今回は、生後6ヶ月の赤ちゃんの発育をサポートするコツについて紹介します。

生後6ヶ月の赤ちゃんの「発育」状況って?

生後6ヶ月になると、赤ちゃんの身長は伸びて体重も増えているため、抱っこをせがまれると「大変だ」と感じることもありますよね。生後6ヶ月の赤ちゃんの身長・体重の目安は以下のとおりです。

身長(cm) 体重(kg)
男の子 <63.6~72.1/td> 6.4~9.6
女の子 <61.7~70.4/td> 6.1~9.1

出典:「平成 22 年乳幼児身体発育調査報告書」(厚生労働省)
(https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/kekkagaiyou.pdf)

この時期になると、赤ちゃんの活動量が増えることに加え、離乳食がスタートするなど食の変化があることで、体重の増え方自体はゆるやかになります。赤ちゃんの体重がなかなか増えないと不安になるかもしれませんが、ごく普通のことなので過度な心配はしないようにしましょう。

生後6ヶ月にみられるほかの変化として、お座りができるようになる、人見知りをするようになるといったものがあります。人見知りが激しくなると、誰かに子守を頼むのが難しくなるため大変ですが、一時的なものなので心配はいりません。人見知りには個人差があり、赤ちゃんによってはほとんど人見知りをしない子もいます。

また、乳歯が生え始める子もいますし、遊び方にも変化が生じ始めるのがこの時期です。これまでは一人で遊ぶことが多かったものの、生後6ヶ月になると誰かと一緒に遊びたがるようになります。「いないいないばあ」など、遊びをとおしたコミュニケーションの幅が広がります。

赤ちゃんは生後6ヶ月を過ぎると、体調不良を起こしやすくなります。感染症を防ぐため、できるだけ人混みを避けて、日頃から手洗いを徹底するなど対策を講じることも大切です。

生後6ヶ月は「生活」をサポートしてあげよう!

離乳食は、これまで母乳やミルクを飲むだけだった赤ちゃんが、「食べる」ことを覚えるためのものです。

赤ちゃんがあまり食べてくれないと心配になるかもしれませんが、「食べる」経験自体が赤ちゃんにとってはじめてのことなので、嫌がったとしても仕方がないといえます。無理に食べさせようとせずに、赤ちゃんの様子を見ながら与えていきましょう。
まずは1日1回、決まった時間にあげることから始め、赤ちゃんが慣れてきたら1日2回あげるなど、徐々に離乳食を与える回数を増やしていきましょう。同じ月齢の赤ちゃんと比較する必要はなく、赤ちゃんのペースで離乳食を食べる練習を進めていくことが大切です

離乳食の練習を始めたら、オーラルケアも始めましょう。乳歯が生え始めた赤ちゃんはもちろんのこと、まだ生えていない赤ちゃんも、この段階でオーラルケアをやっておくのがおすすめです。
はじめて歯磨きをされると、たいていの赤ちゃんは嫌がります。歯ブラシを異物と捉えて、口の中に入れられることを不快に感じるからです。

そのため、生後6ヶ月の赤ちゃんについては、歯磨きの習慣をつけるより、まずは口周りを触れられることに慣れさせるための訓練をしましょう。食後に口周りを触られることに慣れておくと、本格的に歯磨きをスタートさせるときも嫌がらず、スムーズに磨かせてくれます。

お世話するときに「注意」したいこと!

生後6ヶ月の赤ちゃんは、手にしたものを何でも口の中に入れてしまうため、誤飲に気をつけましょう。赤ちゃんの手の届くところに、赤ちゃんの口の中に入るサイズの物は置かないように注意してください。

また、お座りを始める時期ではありますが、まだ上体が安定していないため、すぐに倒れてしまうこともあります。そのため、赤ちゃんがお座りをしているときは目を離さないで、いつでも必要な補助ができるようにママ・パパは備えておきましょう。

まとめ

赤ちゃんの成長過程をみることは、ママ・パパにとって大きな喜びです。その一方で、ほかの赤ちゃんと比較して、「うちの子の発育は正常なのだろうか?」と不安に感じることもあるかもしれません。

この記事では生後6ヶ月の赤ちゃんの発育状況を紹介しましたが、赤ちゃんによって発育の速さには個人差があります。赤ちゃんが元気で過ごしているようなら、過度な心配はせずに成長を見守りましょう。どうしても気になるときは、小児科医や地域の保健センターなどで相談してみてくださいね。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

生後6ヶ月の赤ちゃんの発育をサポートするコツとは?

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 妊娠中 1〜3歳 離乳食 子ども マタニティ 妊娠 生後1カ月 おでかけ 乳児期 妊婦 選び方 出産 保育園 授乳中 子育て 産後 鼻水 生後3カ月 トイレトレーニング 3歳〜 食材 対策 お昼寝 病気 暑さ対策 夜泣き グッズ 新生児 0~1歳 お宮参り イヤイヤ期 予防接種 インフルエンザ エアコン 体重 あせも おむつ 症状 母乳 服装 マザーズバッグ 妊娠初期 幼稚園 ベビーカー 入園 保湿 うんち 肌着 スキンケア お食い初め 持ち物 メニュー 誕生日 歯磨き 花粉症 アレルギー 絵本 水着 鼻づまり 風邪 栄養素 保存 しぐさ 骨盤ベルトの基礎知識 骨盤ベルトの効果 骨盤ベルトの注意点 成長 こども 陣痛バッグ 予防 口臭 ニキビ 叱り方 妊娠中の腰痛 お肌 便秘 野菜 室温 髪の毛 虫よけ 乳幼児 抜け毛 おしゃれ うなぎ 双子 子離れ 3歳 双胎妊娠 感染症 子どもの日焼け止めクリーム 視力 子どもの日焼け対策 体温 日焼け対策用の帽子 マスク お風呂 嫌がる おねしょ 音楽 防災グッズ つわり 0歳 補助便座 おまる トマト 正中線 インプランテーションディップ 車酔い 歯科検診 風邪薬 チョコレート グミ 1歳~1歳半 哺乳瓶 粉ミルク クーイング 骨盤矯正 名前 ベビーウェア ほっぺ 抱っこ 洋服 肌荒れ 胎教 お座り 病院 初節句 イベント 数字 ストレッチ 臨月 お七夜 検査薬 帝王切開 トイレ 反抗期 幼児期 チャイルドシート 温泉 ベビーマッサージ マナー スリーパー 母乳パッド 内祝い 体温計 種類 妊娠線 妊娠線予防クリーム 妊婦帯 メリット・デメリット プレイマット ベビーベット ベビー布団 フォローアップミルク 授乳ケープ 虫刺され 離乳食セット マグカップ 日除け 赤ちゃん用スプーン お食事エプロン アウトドア b型ベビーカー 身長 液体ミルク 授乳 抱っこ紐 ハーフバースデー 祝い方 日本風 戌の日 安産祈願 おむつアート ベビーサイン よだれかけ スタイ ガルガル期 テレビ おやつ ぬいぐるみ 卒乳 妊婦健診 入園式 飲み物 暖房 生後2カ月 生後6カ月 つかまり立ち 安定期 ハイハイ お祝い 由来 七五三 動物園 お昼寝マット ベビーチェア 幼児食 爪切り ハンドリガード 寝相 歩行器 乳児検診 頭の形 ケーキ 寝返り マタニティパジャマ 帽子 カフェイン 冷え対策 ガーゼ アウター 着回し ベビー用品 マタニティウェア いつから 尿漏れ 原因 受診タイミング 夜間断乳 発熱 一升餅 防寒 旅行 工夫 ベビーバス 沐浴 しこり 乳がん おっぱい 安全対策 予防注射 マザーバッグ おすすめ 乳腺炎 違い 下痢 おむつかぶれ 離乳食食器 サンダル 夏服コーデ うつぶせ寝 予防策 入園前 アイテム カーディガン ブランケット 適切温度 こどもの日 結婚式 コーディネイト 日焼け 日焼け止め 乾燥 コーヒー 鼻吸い器 夏風邪 年齢別 ファーストシューズ サイズ確認 予防対策 生活音 リュック 後期 花見 マタニティブルー 改善 産後うつ 時間 取り分け 子連れ 梅雨 騒音対策 アパート 呼吸法 ソフロロジー 海外旅行 家族写真 豆腐

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!