1. MIMI STAGEトップ
  2. ヘルスケア
  3. 赤ちゃんにスリーパーは着るお布団?使うタイミングや選び方をご紹介

ヘルスケア

赤ちゃんにスリーパーは着るお布団?使うタイミングや選び方をご紹介

ベビー用品コーナーに行くと、いろんなグッズがあって、どれを購入すればいいのかと迷ってしまうことはありませんか?購入すべきかどうか迷うアイテムのひとつが赤ちゃんのスリーパー。「あると便利なのかな?」という気もしますが、どのタイミングで使うのか、いつからいつまで使うのかよく分からないというママも少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、赤ちゃんのスリーパーについて詳しく解説します。

スリーパーってそもそもなに?いつからいつまで使うもの?

スリーパーは、パジャマと布団の良いところを取って作られた、赤ちゃんの安眠のための便利アイテム。足元をすっぽりと覆う寝袋状になっているタイプや、足元が開いているタイプ、袖があるタイプや袖がないベスト状のタイプなど、いろんなタイプがあります。

赤ちゃんが活発に動くようになると、布団を掛けても布団をはいでしまって、風邪を引いてしまうことも少なくありません。また、布団で赤ちゃんの顔を塞いでしまうことが原因のひとつとされるSIDS(乳幼児突然死症候群)の恐れもあります。スリーパーは、これらの予防になることから、1枚は用意しておくと安心です。スリーパーをいつからいつまで使うかについては明確な決まりはありません。いろんなデザインやサイズがあるので、新生児から幼児まで使うことができます。

スリーパーを使う時期

赤ちゃんのスリーパーは、1年をとおして使えるアイテムです。年間を通じて使えるように工夫されているスリーパーもありますが、季節によって赤ちゃんの温度調節は異なるので、季節ごとに使うスリーパーを替えるほうがいいでしょう。

では季節に合わせたスリーパーの使い方をご紹介します。

●春~夏

春は少し肌寒い日もありますが、日中は汗ばむことも多いため、春~夏にかけてのスリーパーは、通気性と吸湿性に優れた素材のものを選ぶようにします。コットンやガーゼなどの素材でできたスリーパーを選ぶといいでしょう。この季節は通気性を考えて、袖なしのスリーパーを選ぶのがおすすめです。

●秋~冬

秋~冬にかけては、防寒対策を目的としたスリーパーを選びます。フリースやダウン素材のものは、保温性が高く、軽いので、赤ちゃんの安眠を妨げないのでおすすめです。この季節は、手足を冷えから守るために、袖があるタイプで足元もすっぽりと隠れるタイプのスリーパーが適しています。また、スリーパーを選ぶときは、首回りが冷えないような工夫がされているかという点もチェックしてください。

スリーパーの選び方

赤ちゃんのスリーパーには、いろんな素材やデザインのものがあるので、次の3つのポイントをチェックして選ぶようにしましょう。

●1.素材

赤ちゃんのスリーパーの代表的な素材は、コットン、ガーゼ、フリース、ダウンです。コットン素材のスリーパーは、1年を通じて使うことができますし、オーガニックコットンを選べば肌が敏感な赤ちゃんにも安心して使うことができるというメリットがあります。通気性や吸湿性に優れているガーゼ素材のものは、汗をかきやすい春~夏にかけて重宝するでしょう。

フリース素材のスリーパーは軽くて温かいので、秋~冬にかけての使用に適しています。速乾性があるので、赤ちゃんが寝汗をかいた場合でもすぐに乾きますし、洗濯後も乾きやすいので扱いやすいというメリットがあります。ダウンも保温性に優れ、かつ軽いので真冬におすすめの素材です。ただ、お手入れがちょっと面倒というデメリットがあります。

●2.袖あり、なし

基本的には、暑い季節は袖なし、寒い季節は袖ありのものを選ぶようにしましょう。ただし、冷房が効いた室内にいる場合は、暑い季節でも袖ありのほうが良いと考えるママも少なくありません。また、通気性や脱ぎ着のしやすさという点を考えると、暖房が効いた室内に長時間いる場合は、袖なしのスリーパーが良いと判断することもあるでしょう。

●3.サイズ感

スリーパーは、パジャマと布団を合わせたようなものなので、赤ちゃんのカラダにジャストフィットするものを選ぶ必要はありません。ピッタリのサイズを選ぶと、すぐに小さくなってしまうので、少し大きめのものを選ぶのがおすすめです。ただし、サイズが大きすぎると本来のスリーパーの役目を十分に果たせないということにつながりかねませんので、少し大きめという程度にとどめましょう。とくに活発に動き回るようになった乳幼児に大きめのスリーパーを使うと、転倒などの原因となるので注意してください。

スリーパーをもっと見る
https://wowma.jp/user/32700044/shopcategory/491295?aff_id=nsm1015

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

赤ちゃんにスリーパーは着るお布団?使うタイミングや選び方をご紹介

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 1〜3歳 赤ちゃん 妊娠中 離乳食 マタニティ 生後1カ月 乳児期 おでかけ 出産 選び方 生後3カ月 対策 お昼寝 授乳中 トイレトレーニング アレルギー イヤイヤ期 子育て 新生児 子ども あせも 夜泣き マザーズバッグ エアコン 妊婦 絵本 保湿 妊婦帯 お食い初め 3歳〜 メニュー 歯磨き お宮参り 誕生日 妊娠中の腰痛 食材 肌着 着回し いつから ガーゼ アウター 尿漏れ マタニティウェア 冷え対策 おむつかぶれ ベビー用品 うつぶせ寝 夏服コーデ 予防策 サンダル ベビーバス 沐浴 下痢 工夫 原因 花粉症 産後うつ 時間 マタニティブルー 違い 持ち物 花見 改善 アイテム 旅行 防寒 一升餅 発熱 入園前 夜間断乳 受診タイミング 子どもの日焼け対策 乳腺炎 便秘 叱り方 予防 おなか 骨盤ベルトの基礎知識 骨盤ベルトの効果 ニキビ スキンケア イベント グッズ お七夜 初節句 肌荒れ 洋服 ベビーウェア 骨盤ベルトの注意点 子どもの日焼け止めクリーム おすすめ マザーバッグ 安全対策 水着 乳がん しこり おっぱい 予防注射 幼児期 保育園 日焼け対策用の帽子 嫌がる 離乳食NG食材 風邪 乳幼児 おしゃれ リュック 後期 幼児食 ベビーチェア お昼寝マット 安産祈願 動物園 予防接種 爪切り おむつ 由来 七五三 お祝い 戌の日 妊娠線予防クリーム 温泉 チャイルドシート ベビーマッサージ 内祝い マナー 体温計 種類 妊娠線 メリット・デメリット ベビー布団 プレイマット ベビーベット 産後 ヘルスケア ベビーサイン おむつアート よだれかけ スタイ ぬいぐるみ 卒乳 生後6カ月 生後2カ月 ベビーカー 妊娠 めやに おやつ テレビ 頭の形 マタニティパジャマ 寝返り ハンドリガード ケーキ 乳児検診 母乳 ガルガル期 安定期 ハイハイ 寝相 歩行器 母乳パッド スリーパー カーディガン 適切温度 こどもの日 コーディネイト ブランケット 日焼け 鼻水 サイズ確認 ファーストシューズ 日焼け止め 年齢別 結婚式 豆腐 家族写真 海外旅行 取り分け 子連れ ソフロロジー 呼吸法 予防対策 生活音 アパート 梅雨 騒音対策 夏風邪 鼻吸い器 授乳 抱っこ紐 日本風 ハーフバースデー 祝い方 体重 身長 病気 インフルエンザ フォローアップミルク 液体ミルク 授乳ケープ b型ベビーカー アウトドア 暑さ対策 帽子 カフェイン 乾燥 コーヒー 日除け 赤ちゃん用スプーン 虫刺され 離乳食セット お食事エプロン マグカップ

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!