1. MIMI STAGEトップ
  2. ヘルスケア
  3. 新生児・赤ちゃんの爪切り!爪切りの選び方と切り方のポイント

ヘルスケア

新生児・赤ちゃんの爪切り!爪切りの選び方と切り方のポイント

赤ちゃんも大人と同じように伸びてくる爪。伸ばしたままにしておくと、顔をかきむしることがあります。そんな事態を避けるためにも、爪はこまめに切ってあげたいものです。とはいえ、ママ・パパの爪と違って赤ちゃんの爪は小さく切るのが難しいので、何かと気を遣ってしまいますよね。今回は、そんなお悩みを解決する爪切りの選び方や、切り方のポイントについて紹介します。

赤ちゃんの爪切りはいつから必要?

赤ちゃんの爪切りは、早ければ産まれてすぐ必要になることもあります。爪が伸びた状態で産まれてくる赤ちゃんもいるからです。お産が落ち着いたら、赤ちゃんの爪をチェックしてみましょう。

切らなければどんどん伸びるため、赤ちゃんの爪に白い部分が出てきたら爪切りのサイン。こまめにチェックして、きちんと切りそろえてあげましょう。

赤ちゃん爪切りは大きく分けて3種類!それぞれの特徴をご紹介

赤ちゃんの爪切りは3種類あります。どんな特徴があるのでしょうか。特徴や役割について、まとめました。

  • ハサミ型

ハサミ型の爪切りは、多くのママやパパが愛用しているアイテムです。非常にコンパクトなので、いつでも持ち歩くことができ、気づいたときに切ってあげることもできます。

ハサミは爪切りよりも使い慣れたアイテムなので、同じ使い方で赤ちゃんの爪が切れるなら簡単ですよね。赤ちゃん用のハサミ型爪切りは、肌を傷つけないように先端が丸くなっていて安心。ビギナーのママやパパは、まずハサミ型を使ってみましょう。ハサミ型とはこんなアイテムです↓

ヤスリ型

ヤスリ型は、切るのではなく削るタイプのアイテムです。少しずつ爪を削るので、赤ちゃんの爪にとってはハサミよりも負担が少なくなります。

ただ、削るのに時間がかかるため、赤ちゃんがその間じっとしているかどうかが心配。なかなか削るのがはかどらない場合もあるかもしれません。

クリップ型

クリップ型は大人が使う爪切りと同じく、テコの原理で爪をはさんで切るタイプ。使い慣れているので、これが使いやすいという人も多いのではないでしょうか。赤ちゃんの爪を切るハードルも下がるでしょう。

しかし、クリップ型は赤ちゃんの爪に大きな負担がかかります。赤ちゃんの爪は薄くて柔らかいので、爪が割れてしまう恐れも。ゆっくり気を付けて切ってあげましょう。

上手く切るコツや注意点

切る時は動かないようにしっかりと固定する

赤ちゃんは急に動き出したり、予想できない動きをしたりすることがあります。そのため、爪を切るときはしっかりと赤ちゃんを固定しておかないと、動いたことによって手や顔などを傷つけてしまったり、深爪になったりする恐れも。

寝かせたまま頭から覗き込むようにして切ったり、首が座ったあとなら後ろから抱えるようにして切ったりと、工夫が必要です。爪切りに集中して無言になりがちですが、なるべく話しかけながら切ってあげると、赤ちゃんの気がまぎれて良いかもしれませんね。

寝ている時や授乳中のどさくさに紛れて!

爪を切る間、じっとしているのは赤ちゃんにとっては難しいことです。そのため、起きている赤ちゃんの爪を切る自信がないというママ・パパは、寝ているときや授乳中など、赤ちゃんの意識が爪に向かないときを狙って爪切りをしましょう。

深爪には気をつけて丸く仕上げよう

深爪が原因で、爪が炎症を起こして痛みが生じるのを避けるためにも、爪が丸くなるように気を付けて切りましょう爪の白いところは1ミリ程度残すのが深爪を防ぐコツです。

34日に一度を目安に

赤ちゃんの爪はすぐに伸びます。伸びた爪で顔や口を触ったり目をこすったりすると、皮膚や粘膜が傷つく恐れがあります。赤ちゃんは加減ができないので、思いっきりかいたりこすったりすることがあります。

傷つけないように34日に一度を目安に赤ちゃんの爪の伸び具合を見て、爪切りをしてあげてくださいね。

さて今回は赤ちゃんの爪切りのポイントや、爪切りの種類について紹介しました。赤ちゃんの爪切りはついつい忘れてしまいますが、切らないと赤ちゃん自身の肌を傷つけることになりかねません。34日に一度はチェックして白い部分を1ミリ残すように切ってあげましょう。

この記事に関連する商品

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

新生児・赤ちゃんの爪切り!爪切りの選び方と切り方のポイント

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 妊娠中 離乳食 生後1カ月 おでかけ 乳児期 マタニティ 対策 選び方 トイレトレーニング 授乳中 アレルギー 子ども 新生児 イヤイヤ期 マザーズバッグ お昼寝 夜泣き 妊婦 エアコン 絵本 保湿 妊婦帯 お食い初め 3歳〜 メニュー 子育て お宮参り 誕生日 妊娠中の腰痛 肌着 食材 ベビー用品 ベビーバス 着回し マタニティウェア 沐浴 いつから 予防策 おむつかぶれ 違い 乳腺炎 夏服コーデ うつぶせ寝 下痢 サンダル 歯磨き アウター 夜間断乳 受診タイミング 入園前 アイテム 乳がん 改善 発熱 一升餅 ガーゼ 冷え対策 尿漏れ 原因 工夫 旅行 防寒 子どもの日焼け対策 しこり 叱り方 ニキビ 便秘 予防 骨盤ベルトの効果 おなか スキンケア 肌荒れ イベント グッズ お七夜 初節句 洋服 ベビーウェア 骨盤ベルトの基礎知識 骨盤ベルトの注意点 マザーバッグ 予防注射 おすすめ 安全対策 おっぱい 水着 幼児期 風邪 日焼け対策用の帽子 子どもの日焼け止めクリーム 保育園 嫌がる 乳幼児 おしゃれ 離乳食NG食材 産後うつ 花粉症 チャイルドシート ベビーマッサージ マナー 内祝い 温泉 体温計 ベビー布団 ベビーベット プレイマット 種類 母乳パッド スリーパー 体重 授乳 抱っこ紐 日本風 身長 液体ミルク 病気 インフルエンザ フォローアップミルク 授乳ケープ メリット・デメリット 妊娠線 ケーキ ハンドリガード ヘルスケア 産後 生後3カ月 寝返り 母乳 乳児検診 頭の形 マタニティパジャマ 爪切り おむつ お昼寝マット 安産祈願 戌の日 妊娠線予防クリーム ベビーチェア 幼児食 由来 お祝い 七五三 動物園 予防接種 祝い方 ハーフバースデー 生活音 アパート 騒音対策 梅雨 あせも 予防対策 こどもの日 コーディネイト 結婚式 呼吸法 ソフロロジー 持ち物 花見 マタニティブルー 時間 リュック 後期 豆腐 家族写真 海外旅行 取り分け 子連れ 適切温度 カーディガン お食事エプロン 赤ちゃん用スプーン 日除け 暑さ対策 マグカップ 離乳食セット b型ベビーカー アウトドア 虫刺され 帽子 カフェイン 年齢別 日焼け止め 日焼け ブランケット ファーストシューズ サイズ確認 コーヒー 乾燥 鼻吸い器 鼻水 夏風邪

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!