1. MIMI STAGEトップ
  2. ヘルスケア
  3. 知っておきたい!赤ちゃんの平熱や体温の測り方

ヘルスケア

知っておきたい!赤ちゃんの平熱や体温の測り方

赤ちゃんの機嫌は良いのに体温が高いと、「このまま様子を見て大丈夫なのだろうか?」と不安になることがありますよね。また、赤ちゃんは体温を測るたびに数値が異なるので、平熱が何度かわからないと感じるママ・パパもいるかもしれません。今回は、赤ちゃんの平熱や体温の測り方、そして赤ちゃんの体温が平熱よりも高い、または低い場合の対処法について紹介します。

赤ちゃんの平熱

赤ちゃんの平熱は36.5度~37.5度と大人と比較すると少し高めです。大人であれば、一般的には体温が37度前後だと微熱があるとみなされますが、赤ちゃんに関して言えば37度を超えていても、それは正常な範囲といえます。

生まれて1ヶ月くらいは特に体温が高めで、平熱が37.5度前後の赤ちゃんもいます。そして、生後3~4ヶ月以降になると少しずつ下がってくるのが一般的です。

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、大人よりも環境の影響を受けて体温が変化しやすい傾向にあります。涼しい部屋で過ごしていると、体温が一時的に36度以下になることもあれば、厚着をしたり布団をかけすぎたりすると、体温が上がってしまうといったこともしばしばです。また、思いっきり泣いた後やお風呂の後、おっぱいやミルクを飲んだ後も体温が上がりやすいタイミングです。

体温が高いと体調不良を心配しますが、一時的に赤ちゃんの体温が高くなって38度近くにまでなるのは珍しいことではありません。熱があっても赤ちゃんの機嫌は良さそうな場合、一時的に体温が高くなっているだけの可能性があります。しばらく時間をおいて再度体温を測ったときに平熱に戻っているなら、特に心配はいりません。

赤ちゃんの適切な体温の測り方

赤ちゃんの平熱には個人差があるので、ママ・パパが我が子の平熱を知っておくことは大切です。赤ちゃんは自分の体調について言葉で伝えることができませんが、平熱を知っておくと、赤ちゃんの体調の変化に気づくことができます。

赤ちゃんの平熱を知るためには、時間を決めて毎日同じ時間に1週間ほど継続して計測し、その平均値を出しましょう。その平均値が赤ちゃんの平熱になります。

覚えておきたいのが、平熱は時間帯によって異なるという点です。一般的に1日のなかで体温が最も低いのが朝で、夕方から夜にかけて体温は上がる傾向にあります。朝と夕方では体温が変化するので、毎日同じ時間帯に測って平熱を出すことが大切です。

また、測る部位によっても体温が変わるので、測る部位を統一することも忘れないようにしましょう。体温計によって測定できる部位は異なりますが、脇や耳などで測るのがおすすめです。

赤ちゃんの体温を測るタイミングとして避けたいのが、赤ちゃんが泣いた後や食後、入浴後、睡眠中などです。これらのタイミングは体温が高くなりやすいので、時間をおいてから測るようにしましょう。

平熱より高い・低い場合の対処法

一般的には、37.5度以上を「発熱」、38.5度以上を「高熱」、36度よりも低い状態を「低体温」といいます。ただし、先ほども述べたように、赤ちゃんの体温は変化しやすいので、まずは環境による発熱・低体温ではないか確認しましょう。

主に部屋の温度や赤ちゃんの服、布団の枚数などをチェックします。たとえば、服を着せすぎのようであれば、それが体温を高くしている原因なのかもしれません。服や布団の数を減らして様子をみましょう。逆に赤ちゃんの体温が低い場合は、部屋の温度を上げたり、服をもう1枚着せたりして暖かくしてあげます。

このように部屋の温度や衣服を調整してしばらく経ったら、再度体温を測定しましょう。体温が平熱に戻っているようであれば、特に問題はありません。

しかし、部屋の温度や衣服を調整したのに、体温が変わらず高い、または低い状態が続くなら、かかりつけ医を受診するようにおすすめします。

特に生後3ヶ月以下の赤ちゃんは、元気そうに見えても急に体調が変化することがあります。発熱したときは全身の状態をよく見て、熱があって赤ちゃんがぐったりとしている、ひどく機嫌が悪い、食欲がないといった症状がある等異常があれば、すぐに病院に行くのがおすすめです。

まとめ

一般的に赤ちゃんの平熱温度は大人よりも少し高めです。また、1日のなかでも測る時間帯やタイミングによって体温が異なったり、体温調節機能が未熟なため、環境の影響を受けて体温が変わりやすい傾向にあります。

赤ちゃんの体温が高いと、「病院に行かなきゃ」と慌ててしまいがちですが、本当に行くべきケースなのか見極めることも大切です。赤ちゃんの体温が平熱よりも高い、または低い場合は、この記事で紹介した方法で対処してみてください。

お近くの店舗はこちら

SNSでシェアしよう!

知っておきたい!赤ちゃんの平熱や体温の測り方

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

0〜1歳 赤ちゃん 1〜3歳 妊娠中 離乳食 マタニティ 子ども 生後1カ月 乳児期 妊娠 おでかけ 出産 妊婦 3歳〜 選び方 授乳中 保育園 子育て 生後3カ月 対策 食材 病気 夜泣き トイレトレーニング お昼寝 イヤイヤ期 お宮参り 新生児 あせも 持ち物 マザーズバッグ 保湿 服装 体温計 花粉症 入園 妊婦帯 エアコン 肌着 誕生日 お食い初め 絵本 メニュー グッズ 水着 妊娠中の腰痛 歯磨き アレルギー サンダル 下痢 おむつかぶれ 予防策 沐浴 ベビーバス 乳腺炎 うつぶせ寝 おっぱい 安全対策 おすすめ しこり 乳がん 夏服コーデ 違い ベビー用品 冷え対策 マタニティウェア 発熱 一升餅 受診タイミング 夜間断乳 マザーバッグ アイテム 入園前 工夫 旅行 着回し いつから アウター ガーゼ 防寒 原因 尿漏れ イベント 予防注射 おねしょ 1歳~1歳半 インプランテーションディップ お七夜 洋服 ベビーウェア 初節句 哺乳瓶 粉ミルク 風邪薬 歯科検診 グミ チョコレート 車酔い 肌荒れ スキンケア 日焼け対策用の帽子 子どもの日焼け止めクリーム 嫌がる おしゃれ 幼児期 風邪 乳幼児 子どもの日焼け対策 骨盤ベルトの注意点 叱り方 ニキビ 便秘 予防 骨盤ベルトの基礎知識 骨盤ベルトの効果 おなか 改善 産後うつ お祝い 七五三 予防接種 幼児食 動物園 由来 おむつ ケーキ ハンドリガード ヘルスケア 爪切り 産後 ベビーチェア お昼寝マット 種類 温泉 チャイルドシート マナー ベビーマッサージ プレイマット ベビーベット 戌の日 安産祈願 妊娠線予防クリーム 妊娠線 ベビー布団 メリット・デメリット 寝返り マタニティパジャマ 生後6カ月 生後2カ月 ベビーカー 卒乳 めやに つかまり立ち 暖房 妊娠初期 入園式 幼稚園 妊婦健診 飲み物 症状 ぬいぐるみ ベビーサイン 歩行器 寝相 母乳 頭の形 乳児検診 ハイハイ 安定期 よだれかけ おむつアート スタイ おやつ ガルガル期 テレビ 内祝い 母乳パッド コーディネイト 結婚式 生活音 予防対策 こどもの日 適切温度 年齢別 ファーストシューズ 日焼け止め 日焼け カーディガン ブランケット アパート 騒音対策 後期 リュック 花見 時間 マタニティブルー 取り分け 子連れ 呼吸法 梅雨 ソフロロジー 豆腐 海外旅行 家族写真 サイズ確認 鼻水 抱っこ紐 日本風 祝い方 b型ベビーカー ハーフバースデー 授乳 体重 インフルエンザ スリーパー フォローアップミルク 授乳ケープ 身長 液体ミルク アウトドア カフェイン コーヒー 乾燥 夏風邪 鼻吸い器 帽子 暑さ対策 離乳食セット 虫刺され マグカップ お食事エプロン 日除け 赤ちゃん用スプーン

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!