1. MIMI STAGEトップ
  2. 子育て
  3. 赤ちゃんの歯磨きの仕方って?ガーゼの使い方・注意ポイント

子育て

赤ちゃんの歯磨きの仕方って?ガーゼの使い方・注意ポイント

口に手を入れる赤ちゃん

赤ちゃんの歯磨き、いつからどうやって始めるのがいいか、ご存知ですか?
赤ちゃんの健康にとって、歯はとっても大切なもの。今回は、赤ちゃんの歯磨きの開始時期や正しいやり方・注意点をご紹介します。

赤ちゃんのお口のケアを始めるのは、”乳歯”が生え始める時期に

笑う赤ちゃん

赤ちゃんの歯磨きは、乳歯が一本生えたら始めるようにしましょう。
赤ちゃんの歯が生え始める時期には個人差がありますが、生後6カ月前後になると下の前歯が生え始め、1歳頃までに下の前歯2本と上の前歯2本が生える子が多いようです。

赤ちゃんのお口のケアは、ガーゼ磨きから。やり方は?

ガーゼ

赤ちゃんのお口のケアは、歯ブラシではなくガーゼを使って始めましょう。小さくカットした綿100%のガーゼをぬるま湯でしめらせ、人差し指に巻き付けて、歯の表と裏を優しく歯を拭いてあげます
回数の目安は1日に5~6回程度。授乳後や離乳食後・就寝前に行って、お口を清潔に保つようにします。

赤ちゃんのお口のなかはとってもデリケートです。いきなり硬い歯ブラシをお口に入れようとすると、赤ちゃんは痛みを感じたりびっくりしたりしてしまうことも。でも、やわらかな素材のガーゼなら、赤ちゃんにストレスを感じさせることなく歯磨きができます。また、赤ちゃんは大人とくらべて唾液の量が多く、自浄作用も高いといわれています。ですから、ガーゼで歯を軽く拭いてあげるだけでも十分きれいになります。

ご機嫌にガーゼ磨きをするためのポイント、注意点

笑っている赤ちゃん

スキンシップの延長で、抱っこしながら

スキンシップの延長のような感じで、お口のまわりやお口の中をさわられることに慣れさせましょう。ガーゼ磨きを嫌がらないようになれば、歯ブラシへの移行もスムーズにできるはずです。
赤ちゃんがリラックスできるよう、しっかり抱っこができる体勢で。先輩ママたちによると、お風呂の後、髪の毛や体を拭く流れでやってあげると嫌がらない子が多いようです。

赤ちゃんが嫌がったら、いったん中止して

赤ちゃんの機嫌によっては、歯磨きを嫌がることがあります。そんなときは無理に続けなくてもOK。この時期の赤ちゃんはまだ甘いお菓子やジュースを食べたり飲んだりしているわけではありませんので、「歯磨きしなきゃ虫歯になっちゃう!」などと神経質になりすぎなくても大丈夫です。少し時間をおいてからチャレンジしてみましょう。

しっかりできたらたっぷり褒めてあげよう

赤ちゃんがご機嫌にガーゼ磨きをしてくれたら、たっぷり褒めてあげましょう。ママやパパに褒められると、歯磨きが楽しい時間になり、きっと歯磨き好きな子になってくれますよ。

お口のなかを傷つけないように気をつけよう

赤ちゃんの上唇の裏側と前歯の歯肉の間には、「小帯」という粘膜のヒダがついています。このヒダは成長とともに薄くなって歯から離れていきますが、まだ小さいうちは前歯と前歯の間までヒダがかかっていることがあります。ガーゼ磨きをするときは、このヒダを傷つけないように気をつけてください。指の力を抜いて、ごくごく弱く優しい力で歯をつまむようにしながら拭いてあげましょう。

歯ブラシへの切り替えは、奥歯が生えてきたら!

歯を磨く赤ちゃん

奥歯が生えてくると、ガーゼではきれいにするのがむずかしくなってきます。奥歯が生えてきたら歯ブラシに切り替えるのがベター

自分で歯ブラシを持ちたがる様子でしたら、自分で磨用とママさんが仕上げをする用の2本を用意しましょう。
自分で磨き始めたら、写真のような安全リング付きのものを。誤って歯ブラシをお口の奥まで入れてしまうのを防げます。ママさんが使う仕上げ用には、ブラシ部分がコンパクトなものが適しています。

歯ブラシ

URL:https://www.24028.jp/product/items/toothbrushing

 

口に手を入れる赤ちゃん
SNSでシェアしよう!

赤ちゃんの歯磨きの仕方って?ガーゼの使い方・注意ポイント

関連する記事をチェックしよう

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!

人気のキーワード

お近くの西松屋

全国各地の西松屋のご紹介です。
実際の店舗に来て、
お子さまと楽しくお買い物をしよう!